居留守ってしちゃダメなの?身に覚えのない来客や訪問販売への対処法

居留守ってしちゃダメなの?身に覚えのない来客や訪問販売への対処法

一人暮らしをしていると、その時は突然やってきます。

ピ~ンポ~ン
!!(@_@;) 誰か来た…

めっちゃびっくりしますよね…

何者かもわからない来訪者は突然やってきます。あなたはその時どうしますか?出るのも抵抗あるし、出なければ出ないで誰だったのか気になるし…

とりあえず居るのがバレないようにそ〜〜〜っと足音を立てずに玄関へ向かい、覗き穴から確認…なんてこともこれまでに何回もしました。

忍び足なので間に合わないことも多々。笑

このように、一人暮らしをしたことがある人ならば何度か経験していると思いますが、身に覚えのない来客ってすごく嫌な気持ちになりますよね。

しかも私は初めての一人暮らしで新生活を始めたばかりのころ、来客に応対するのは当たり前のことだと思っていました。

でも今では基本的に居留守を使うのが当たり前になっています。

この記事では、私がひたすら居留守を使っている理由やそれに至るまでの経緯を紹介していきたいと思います。身に覚えのない来客でも応対した方がいいのかどうか、そもそもいったい誰なのかなど、ここで一度整理してみましょう。

スポンサーリンク

突然の来客は誰?

以前、私が住んでいた都内のアパートでは、ひと月に3~4回ぐらいのハイペースで何者かが訪ねてきました。

基本スルーなんですけど、いつも誰だったのか気になっちゃうんで試しに出てみたところ、『最近隣に引越してきた者なんですが』なんてことは一度もありません。『ちょっと肉じゃが作り過ぎちゃったので…』なんていうことも絶対にありませんでした。笑

私の経験上、身に覚えのない突然の来訪者は次の通り。

  • 宅配便
  • 郵便物
  • NHK
  • 新聞の訪問販売
  • フレッツ光やジェイコムなど、ネット回線やケーブルテレビの訪問営業
  • 近所にできた分譲マンションのセールスマン
  • 宗教の勧誘
  • 何らかの訪問販売
  • 隣人からのクレーム

だいたいこれぐらいでしょうか。

宅配便に関しては知人や実家から突然荷物が送られてきた時だけですし、郵便物はクレジットカードやキャッシュカード、マイナンバーなどの書留類、もしくはポストに入らない荷物の時だけです。これらはイレギュラーなケースなので、基本的にはないと思います。

また、携帯電話がなかった時代であれば、友人や知人が突然来客してくるなんてこともあったのでしょうが、今の時代はそんなことはまずないかと思います。

なかには隣人からのクレーム(騒音など)で直接訪問されることもあるようですが、普通に気を付けて生活していれば基本ないですし、直接訪問してくる人も滅多にないかと思います。

何らかの訪問販売というのは、その頃にはすでに居留守を使っていたので何者なのかは分かりません。当時の私はアパートでしたが、それなりのマンションでしたら、ウォーターサーバーやコープ(食料品や日用品のデリバリーサービス)などの勧誘も少なくありません。特に、同じマンション内に利用者がいれば、デリバリーのついでに他のお宅にも営業をかけてから帰っているようです。

以上のように、身に覚えのない突然の来訪者の多くは訪問販売の業者でした。

夜間や土日を狙ってくる訪問販売も少なくない

一般的にほとんどの来客が昼間か夕方、遅くても夜8時ぐらいまでですが、なかには仕事などの帰宅後を狙って9時や10時、土日の午前中に訪問してくるお構いなしの営業マンもいます。信憑性は定かではありませんが、ネットの情報だと夜11時にNHKが集金に来たなんていう口コミもありました。

これらは、一人暮らしのアパートだから夜間や土日にしか家に居ないだろうということを想定して行われているわけですが、これもなんだか目を付けられているみたいでめっちゃ怖い

わざわざ家に居る時間まで推測されて、電気が点いているのを確認してから訪問してくるっていうね。『電気が点いているんだから、出ないわけにはいかないよね?』みたいな空気さえ感じさせられます。

スポンサーリンク

身に覚えのない突然の来客や訪問販売にはどう対処するべきか?

身に覚えのない突然の来客や訪問販売にはどう対処するべきか?

住んでいる地域が田舎か都会か、また住んでいる物件のセキュリティ面(オートロックやドアホン)によっても対応の仕方が違ってくるかと思いますが、身に覚えのない突然の来客があったらどう対処するのがベストなのでしょうか。

冒頭でも触れましたが、私が実践しているのは『応対しない』こと。つまり居留守を使います。これは周りの友人や知人にも聴いてみたところ同じ結果でした。電話の非通知の着信に応答するかしないかと似ていますね。

私は基本的に宅配便などのあらかじめ来訪が分かっている場合しか応対しません。なぜなら、『めっちゃ怖いから』です。

郵便はもちろん携帯電話やインターネットなど、これだけ連絡手段があるこのご時世に、知人が何のアポもなしにいきなり自宅に訪問してくるなんて、まずありえませんよね。あるとしたらなんらかの事情で生き別れた家族や親族ぐらいでしょうか。。

つまり、いきなり訪問してくる人は、こちらの連絡先を知らない相手だということです。もっと言えば、ドア先でジェイソンがチェーンソーを持って立っているかもしれません。実際に過去には宅配業者を装って住居侵入した犯罪者もいますし。

そんな、怖いと感じさせられる来訪者に対して、応じなければいけない義務は一切ありませんので堂々と居留守を使っています。応じなければいけないケースの際は、事前に郵便や電話等で何かしらの通達があるはずです

特に一人暮らしであれば危機管理は重要、人の良さから気軽に応対してしまう方が犯罪に巻き込まれてしまう可能性が高まります。

自宅に居るのがバレてようが構わず居留守します

自宅に居るのがバレてようが構わず居留守します

私は、たとえ夜自宅の電気を点けていて、自宅に居るであろうことがバレていようがいまいが居留守をすることに変わりありません。

いくら遮光性の高いカーテンであっても、隙間から灯りが漏れているので自宅にいることはバレてしまいますが、こちらの言い分としては、電気を点けたままコンビニに行ってて不在な場合もあれば、普段から家に居なくても電気を点けっ放しにすることもある、電気が点いているからといって必ずしも部屋にいるとは限らないよ!ということです。

まぁ、大半は嘘ですけどね(・ω・)、部屋に居たからといって来客に応じる義務はありませんから。

とはいえ居留守をしている時は、テレビの音を消したりなんとなく物音を立てないようにひっそりとしてしまうものです。なんだか借金の取り立てにでもあってるかのような、自分が犯罪者かのような気分になれます。笑

でも、突然得体の知らない人に訪問されて迷惑をかけられているのはこっちですから、居ることがバレていようがいまいが気にすることはない。堂々と居留守を使います。

一人暮らしの女性だったらなおさら怖いですよね。世の中にはストーカーだとか変質者もいるので簡単に玄関を開けてはいけません。顔を知られてしまうだけでもリスクに繋がります。

ただ、とにかくしつこい

ただ、とにかくしつこい

私の経験上、訪問営業はとにかくしつこいです。あからさまに居留守を使っていても、常識を疑うほど何回も訪問して来ます。一回来始めると翌日・翌々日は当たり前、その後間を空けて4~5回は来るようになります。なかなか諦めません。

以前、帰宅する際、アパートの入口付近ですれ違ったビジネスマン風の男。つい目が合ってしまいましたが、私が自宅に入るのを見てその後すぐにピンポンしてきたこともありました。さすがにその時は居留守が使えない空気だったので応対しましたが、怖すぎ…。相手側も必死です。

また、別件ですが、応対して断ってもすんなり帰らない上、帰り際に舌打ちしたりとかあからさまに態度が悪くなった営業マンもいます。また、もちろん一部だと思いますが、居留守を使っているとピンポンを連打したり、終いにはドアをバンバン叩かれたりもありました。

昔はそんなことはザラにあったとも聞いていますが、今のこのご時世、ありえないですよね。そんな訪問販売をさせているのはどんなブラック企業なのでしょうか。人様の迷惑を考えない営業をしているような悪質な企業とは関わりたくありません。

なかには、アパートのオーナーや管理会社の意向でテレビの受信点検をする(無料)とし、訪問希望日(アポ)をいついつまでにと期限付きで提出させようとする業者もいます。賃貸物件に住んでいるとたびたびこういった案内のチラシがポストに入るんですが、こうアプローチされると応じなければいけないんじゃないかと思ってしまうのが普通だと思います。

私が管理会社に問い合わせたところ、特に強制ではないから必要なければ応じなくて良いとの回答でした。案内のチラシにはそのようなことは書かれていませんし、応じなかったらその後しつこく訪問されました。もちろん居留守しましたが。

ネットで調べるとその会社へのクレームが沢山出てきますし、消費者センターにも通報されています。これはメンテナンス商法・点検商法と呼ばれていて、受けざるを得ないように思わせてアポを取り、訪問中に点検をしつつ他のサービス(ネット回線やケーブルテレビなど)を契約させるというもの。つまり、家の中で営業をされてしまうのです。

スポンサーリンク

訪問販売があまりにしつこい場合はどうすればいいの?

ピンポーンとチャイムを鳴らして、少し間をおいて「〇〇さん、ご在宅ではないですか?」などの声をかけてくる。まっとうな営業なら、2回ほど繰り返しても出てこなかったら、居留守だとわかっていても諦めるものです。

ただたちが悪い営業が少数ながらいるのも確か。居留守は電気メーターの回転や灯りが漏れているなどで結構バレるので、「居るのはわかっていますよ!」ということを言いながら、ドアをたたいたり蹴ったりする輩もいるそうです。

では、そんな時はどうすればいいのでしょうか?

答えは簡単で、なおさら居留守を続けてください。というのは、相手は大きな音を出すことで「近所迷惑になるから、出ないといけない」と思わせる心理的な攻撃を仕掛けてきているから。もし出てしまったらその罠に引っかかったことになります。

仮に応対するとしてもドアは開けず、要らない案件には毅然と「NO」を伝えましょう。ドア越しでも失礼ではありませんし、気になるなら「防犯の都合上、ドア越しで失礼します。」と一言添えましょう。それがあると防御が固い印象も与えられます。

もしあなたが何かを売り込みたい場合、「お話の時間を頂けませんか?」と丁寧に接して、返答がNOでも「そこをなんとか」とお願いするスタンスじゃありませんか?「話くらい聞け、このボケがぁ!」なんて間違っても言いませんよね?でもそれを言ってくるのが、この手の人達なんです。

つまり関わってはいけない人間なんです。あまりにうるさかったら警察に「ドアを壊しそうな勢いで蹴ってくる訪問販売がいる」などと通報するのもいいでしょう。

空き巣には要注意

空き巣には要注意

いわゆる空き巣は、平日昼間を狙って侵入することが多いそうです。夜間や土日だと単身アパートやマンションに住人が居る可能性が高くなるので、仕事などで周辺に誰もいないような時間帯を狙います。

空き巣は泥棒ですから、部屋の中を物色して金品を盗んでいくわけなので、誰もいないことをしっかりと確認して侵入します。ターゲットに決めた部屋にピンポンもするでしょうし、人の気配が無いかを確認しているとなると、居留守を使い続けるのは逆効果になることも。

つまり居留守を使えば使うほど、「誰も居ませんよアピール」に繋がってしまうわけです。遮光カーテンなんてしてたら外部から部屋の中が見えませんので、盗みを働くには絶好の環境なのです。それなので、平日昼間に在宅している時は、せめてカーテンや窓を空けて「誰かいる状態」を演出しましょう。空き巣は人がいる気配を感じたら侵入することはせず、逃げます。

だからと言ってむやみに普段のピンポンに応じる必要はありません。訪問販売や勧誘などに、「人がいるのに出てこない」とバレようが思われようが、それはそれで再訪問の抑止力になりますので。

まとめると、特に平日昼間のピンポンは訪問販売や勧誘に限らず、最悪空き巣の可能性も出てくるので、居留守と誰かいるアピールのバランスを上手く取るようにしましょう。

 

次のページでは、居留守をする場合や来訪者に応じる場合の注意点、来訪者に悩まされない方法、そして最後に「友人が居留守をするようになったエピソード」を紹介して終わりにしたいと思います。

住居トラブル
スポンサーリンク
業界初のチャット不動産

・店に行く暇がない、自宅で物件を探したい。
・とにかく急いで引越ししたい!

こんな時に便利な賃貸サイト『イエプラ』

来店も電話も不要、ネットでお部屋を検索、チャット機能を使えば深夜までリアルタイムに対応してくれます。

内見の予約もネットのみ、後日現地に向かうだけでOKです。

一人暮らしの引越し生活