東京23区の家賃相場ランキング!安い街と高い街

東京23区の家賃相場ランキング!安い街と高い街

東京23区は日本を代表する大都会です。その分地価も物価も日本一高く、どの街に住むにしてもそれなりの家賃は覚悟しなければいけません。とは言っても、調べてみると高いながらも区によって大きな差がありました。

そこで、東京23区内の家賃相場が安い区と高い区をそれぞれランキングで紹介したいと思います。

同じクオリティのアパートやマンションでも、地域によってどれだけ違うのかを感じてもらえるかと思います。併せてそれはどのような理由でそうなっているのかも知っておくと良いですね。

自分なりの穴場エリアを見つけるため、これから上京する方、東京に住んではいるけど引越しを考えている方は参考にしてみて下さい。

まずは家賃相場が決まるポイントをチェック!

家賃相場が決まるポイント

物の値段は、全て需要と供給のバランスで決まりますが、不動産も例外ではありません。住みたい人が多い地域の家賃が高くなるのは必然的なことです。

つまり、地域の人気度が家賃にそのまま反映されてしまうということですね。逆に言えば、人気の高い地域に住まなければ、安くなるということです。

この人気というのも色々な指標がありますが、一般の人が判断する平均的な人気ポイントを把握することが大切です。例えば、治安の良し悪し。治安が悪い地域に自ら進んで住みたいという人はいませんよね。その分だけ家賃相場は安くなる傾向があります。

他にも、交通の利便性買い物の利便性も同じことが言えるポイントです。

『街なんてどこも同じ。住めば都。』かと思いきや、街にもそれぞれの特色があり、生活環境はまるで違ったものになります。上級国民様ばかりが住んでいるようなハイソな街もあれば、低所得者層ばかりが住んでいる街もあります。

そして、治安が悪くても家賃が安い物件がある街ならどこでも良いという人もいますし、逆に高くても治安の良い街に住みたいと考える人もいます。

もし自分にとっての優先度・価値観の低いポイントだった場合、それなのに世間的に人気の高い地域に住むのは割高としか感じられません。

逆に自分にとって価値を感じる理由がある場合は、一般的には人気がない地域であっても、そこに住むとかなりお得に感じられるはずです。

もちろん同じ地域でもその物件によって家賃が変わるように、地域と物件の需要とバランスで最終的な相場が決定します。物件で言えば、間取り、広さ、木造・鉄筋コンクリート、築年数、最寄駅からの距離等々です。

自分の価値観と照らし合わせて判断すれば、自ずと自分の住むべき地域も見えてくるかもしれません。

東京23区でどの地域がどのような理由でどれくらいの家賃相場になっているのかをみていきましょう。

スポンサーリンク

東京23区の家賃相場が安い区トップ5

家賃相場が安い区トップ5

東京は日本の中心地だから家賃は高くて当たり前との感覚もあるかと思います。確かに23区の中でも政治経済の中心地に限ってしまえば、その通りです。でも23区といっても、埼玉や千葉、神奈川に近くなるほど家賃は下がり、中には都心の半分にも満たない物件もあるのです。

だからといって、交通が不便というほどの地域でもなく、いまでは鉄道網も発達しているので都心への通勤通学も十分可能です。このような地域は昔はドーナッツ化現象と呼ばれ、特にファミリー向けの物件に人気があります。

また、家賃が安いことからも、一人暮らしで地方から上京してきたばかりの学生や社会人には外せない地域となっています。

なお、ここで紹介する家賃相場はあくまで区内の平均的な目安なので、駅や賃貸物件のクオリティ、最寄駅からの所要時間によってはそれよりも大幅に安い・高いそれぞれあります。なので住む予定の区を見付ける上でのとりあえずの目安として知っておくぐらいでいいかと思います。

5位:板橋区

板橋区の家賃相場

  • ワンルーム:65,000円
  • 1K:73,000円

板橋区は23区の北西に位置していて練馬区の東隣の区です。埼玉県と隣接していて都心からは離れています。ここは元々、戦後から住宅団地の開発が進んだ地域です。

アジアで最大級とも言われるマンモス団地・高島平団地が有名です。昔ながらの商店街が懐かしい味わいを出していますので、下町風情が好きな人には住みやすいでしょう。一方、ときわ台には昔ながらのお屋敷が並ぶ高級住宅街という側面も持ち合わせています。

大きな歓楽街がないということもあり、治安もさほど悪くはありません。

板橋区を通る主な鉄道

板橋区を通る主な鉄道は、都営地下鉄三田線東武東上線

都営地下鉄三田線は区の北側を通っている路線で、一番奥の西高島平駅に始まり、区内に10を超える駅があります。区を越えた先では、巣鴨駅・水道橋駅・大手町駅・三田駅・目黒駅などを通り、東急目黒線と相互直通運転をしています。
東武東上線は区の南側を走る、池袋駅(豊島区)を始発とする路線。区内の主だった駅は、大山駅・ときわ台駅・成増駅。成増から先は埼玉県内に入り、和光市駅・朝霞台駅・川越駅などを通り、森林公園駅まで続きます。

また、東京メトロ有楽町線と副都心線も通っていて、地下鉄成増駅と地下鉄赤塚駅は東武東上線の駅の近くにあります。特に副都心線を活用すれば、乗り換えなしで池袋だけでなく新宿・渋谷・横浜と、大都市に乗り換えなしでアクセスできます。

JR線の停車駅は板橋駅だけですが埼京線が通っています。こちらも南は池袋・新宿・渋谷・恵比寿など、北は赤羽・武蔵浦和・大宮とアクセスが可能です。

都心から距離は離れているもののバスも通っているのでアクセスはそれほど不便ではありません。

家賃も安く都心へのアクセスも便利。ただ便利ではあるものの距離があるので時間がかかる。そんなところから朝の通勤ラッシュはかなり込み合うのが難点でしょうか。

4位:練馬区

練馬区の家賃相場

  • ワンルーム:62,000円
  • 1K:70,000円

練馬区は東京23区の北西部に位置し、板橋区の西隣にあります。板橋区同様に埼玉県とも隣接していて都心からは離れています。

練馬大根で有名な東京の農村といわれる地域だけあって、緑地にも恵まれている静かな住宅地です。練馬区は23区で5番目の面積、そして畑や公園と住宅が9割近く占める閑静な住宅街。板橋区同様ベッドタウンとして人気です。

ファミリー層や一人暮らしの学生が多いので全体的に治安も良く、いい意味で庶民が住みやすい街と言えます。

板橋区の成増に近いところに都内屈指の広さを誇る光が丘公園が、そしてその周りにはこちらも有名な光ヶ丘団地が広がります。他にも石神井公園が有名ですし、遊園地の「としまえん」、こちら名前は「としま」ですが所在地は練馬区です。

練馬区を通る主な鉄道

練馬区を通る主な鉄道は西武池袋線都営大江戸線。ちなみにJR線は通っていません。

西武池袋線はその名の通り池袋を始発とする路線で、区内の江古田駅・練馬駅・中村橋駅・石神井公園駅・大泉学園駅などを通り、清瀬や秋津、そして埼玉県内へと続きます。
都営大江戸線は光が丘駅から始まり、区内は練馬春日町駅・豊島園駅・練馬駅・新江古田駅を通り、新宿駅に行く路線。新宿駅からは環状の路線になっていて、六本木や汐留、両国や上野御徒町を通って新宿に戻ってきます。

また区の南側には西武新宿線の上石神井駅と武蔵関駅が、東側には東京メトロ有楽町線と副都心線の小竹向原駅・氷川台駅・平和台駅があります。

板橋区同様に電車を使いこなせば池袋や新宿といった大都市へのアクセスは悪くありません。ただ駅までの距離がある地域も多いため、バスを如何に使いこなせるかが練馬を楽しむために重要になります。

スポンサーリンク

3位:江戸川区

江戸川区の家賃相場

  • ワンルーム:65,800円
  • 1K:66,200円

江戸川区は東京23区内で最も東部にあり、千葉県との県境に隣接していることからも、この地域までくると家賃が安くなります。

区民一人当たりの公園の面積が最も広く、子どもを伸び伸び育てようとするファミリー層の方に人気があり、行政も子育て支援に力を入れている模様。

特に区の南にある葛西臨海公園葛西臨海水族館は観光スポットとしても人気で、区外から遊びに来る人も大勢います。

治安に関しては軽犯罪がやや多い傾向ですが、近年そのイメージを払しょくするために防犯を強化していて犯罪は減少しています。

江戸川区を通る主な鉄道

江戸川区を通る主な鉄道は、JR総武線東京メトロ東西線都営新宿線

大手町や新宿を始め、大きな駅で乗り換えを駆使すれば、都内のいろいろなところにアクセスができます。

JR総武線の停車駅は平井駅と小岩駅。新小岩駅という駅がその間にありますが、新小岩駅の住所は葛飾区になります。でも江戸川区役所の最寄り駅というややこしい状況。

総武線で東に行けば、小岩駅の隣は千葉県の市川駅。そのまま船橋・津田沼・千葉方面へと続き、西に行けば、秋葉原・四谷・新宿・中野・吉祥寺と続いていきます。

東京メトロ東西線の停車駅は葛西駅と西葛西駅。東に行けば東西線としては西船橋駅までですが、総武線や東葉高速線との直通運転もあります。西側に行けば、大手町駅・飯田橋駅・高田馬場駅などを通り中野まで行き、その後は中央線に直通運転をしています。
都営新宿線の駅は、船堀駅・一之江駅・瑞江駅・篠崎駅。篠崎駅の隣は終点の本八幡(千葉県)となります。西側は岩本町駅や九段下駅を通り新宿駅まで、その先は京王線に直通運転をしています。

また区の南にはJR京葉線が通っていて葛西臨海公園駅があります。ひとつ隣は東京ディズニーランドでお馴染みの舞浜駅です。

2位:足立区

足立区の家賃相場

  • ワンルーム:64,000円
  • 1K:67,000円

足立区は東京23区の北部にあって、かつて日光街道と奥州街道が交差する宿場町として賑わってきた歴史ある街を抱えています。

今でも北千住は活気のある下町風情のある街で、鉄道路線がたくさんあって都心への交通の便も良く、巨大ターミナル駅として人気があります。メディアで取り上げられることも増えたせいか、北千住は住みたい街として注目が上がってきています。

足立区は面積と人口が23区内でトップクラス。人口が多いためか犯罪の認知件数も増えてしまい、23区中最も治安が悪い区というイメージがついてしまっているのが現状です。今ではそのイメージを払しょくするため、割れたままの窓をなくすなどの犯罪が起きやすい環境をなくしていく「ビューティフル・ウィンドウズ運動」を行い、その結果高い犯罪減少率を出すことに成功しています。

足立区を通る主な鉄道

足立区を通る主な鉄道は、北千住を通るJR常磐線東京メトロ日比谷線千代田線東武スカイツリーラインつくばエクスプレス。その他に区の西部を通る日暮里舎人ライナーがあります。

常磐線は、南は日暮里駅・東京駅と続き、東側へは綾瀬、そして千葉県の松戸・柏方面、そして茨城県と続いていきます。
東京メトロ日比谷線は上野駅・銀座駅・恵比寿駅などを通り中目黒駅へ、そして東急線への直通運転。千代田線は北は綾瀬駅・北綾瀬駅。南へは大手町駅や表参道駅を通り代々木上原駅へ、そして小田急線へ直通運転。
東武スカイツリーラインは、南はとうきょうスカイツリー駅・浅草駅、北へは西新井駅や竹ノ塚駅を通り東武動物公園駅へと続きます。
つくばエクスプレスは、南は秋葉原駅、北は青井駅・六町駅を通り、南流山駅や守谷駅、そしてつくば駅へと千葉県・茨城県へと続きます。

このように、足立区の鉄道網は北千住を中心に南北の広範囲に広がっています。

日暮里舎人ライナーは区の西側を南北に通る路線で、見沼代親水公園駅から足立小台駅まで9個があり、そのあと日暮里駅まで続きます。

 

東京23区内の家賃相場が安い区、果たして1位は…

賃貸物件の探し方・引越しの仕方
スポンサーリンク
業界初のチャット不動産

・店に行く暇がない、自宅で物件を探したい。
・とにかく急いで引越ししたい!

こんな時に便利な賃貸サイト『イエプラ』

来店も電話も不要、ネットでお部屋を検索、チャット機能を使えば深夜までリアルタイムに対応してくれます。

内見の予約もネットのみ、後日現地に向かうだけでOKです。

一人暮らしの引越し生活