上京したい!東京で就職したい!資金や仕事がなくても東京に住む方法

上京したい!東京で就職したい!資金や仕事がなくても東京に住む方法

いますぐにでも、上京したい!東京に住みたい!!東京で就職したい!!!と思っていても、資金がない、仕事が決まっていない…というモヤモヤした人もいるのではないでしょうか。

上京する理由は人それぞれですが、何にせよ引越し費用やその後の生活費、就職して毎月の安定した収入も必要となってきます。

今回のテーマは『上京するにあたってのお金や仕事のこと』。私のリアルな経験談と友人から聞いた体験談を元にまとめ、併せて資金や仕事がなくても東京に住む方法なんかも紹介したいと思います。

個人的な内容も含まれますが、上京に興味がある、東京で暮らしたい、東京で就職したいという人はぜひ参考にしてみて下さい。

あなたが上京する理由はなんですか?

あなたが上京する理由はなんですか?

上京する理由やタイミングは人それぞれですが、大体の方が以下に当てはまるのではないでしょうか。

  • 東京の大学や専門学校などに進学
  • 東京の会社に就職
  • 東京で何かしらの夢をかなえたい
  • 日本の中心地、都会に住みたい
  • 地元・田舎が嫌い

ちなみに私は、田舎生まれ田舎育ちですが、田舎独特の閑散とした雰囲気や閉鎖的な社会に馴染めず、上京することにしました。

地方にありがちですが、車しか走っていない延々と続く国道沿いの雰囲気と言えば分かりやすいかもしれませんね。正直、そんな地元が好きじゃない、地元だけの狭い社会にはもうウンザリだという気持ちだけが理由です。

一方で、現代は昔と比べればインターネットなどの普及によって、田舎でも生活が便利になりましたよね。都会に行かなくても欲しい物や情報が手に入るし、外出しなくても家の中で楽しめる趣味もたくさんあります。また、なかには都会の生活に疲れ、田舎に移住する人も増えつつあるようです。

とはいえ、都会の生活に憧れる人も多く、特に若者が都会に一極集中し、地方の過疎化が問題となっています。現に東京に限って言えば、転出する人よりも転入してくる人の方が多く、いまだ人口が増え続けているというデータがあります。

昭和の人の「上京」という感覚と、現代人の「都会に住みたい!」のではワケが違いそうですが、いずれにしても日本の中心地である東京で生活したいと考える人は少なくありません。

ただ、「上京する!」と決意したのはいいものの、引越し資金がない、東京での就職先も決まっていない…そんな人もまた多いのではないでしょうか?

では東京で生活するためにはどうしたらいいのか、現実問題を把握するためにも、まずは実際に上京した人の体験談を参考にしてみると良いかもしれません。

実際に上京した人の体験談を参考にしてみよう!

上京する理由として大学や専門学校などへの進学という人も多いですよね。東京に住みたいために東京の大学を受験した人も少なくありません。

私の友人にも大学進学で上京した人がます。思い出話を兼ねて、当時どういう状況だったのかなどを聞いたことがありますので、その話を紹介させていただきます。

当時はまだインターネットや携帯電話が普及していない時代でしたので、そのことを踏まえてお読みください。

物件を決めるまでの流れ

物件を決めるまでの流れ

部屋を決めたのは高校三年生の3月中旬。母親と一緒に東京に出てきて、その日に物件を契約して帰ったそうです。親御さんの仕事の都合もあったようですが、4月1日から大学生になることを考えると、引越しの日程もありますので、かなりギリギリのスケジュールですね。

先述の通りまだインターネットで情報を集められなかった時代です。事前情報が少ないが故に「大学へ通いやすい場所がいいよね」くらいしか街の選択基準がなかったとのこと。大学がある路線のとある駅で途中下車をして、そこの駅前にある不動産会社に入り物件を紹介してもらいました。

降りた駅に関しても「本当にたまたま。」らしく、その駅が交通の便がいいとか、駅付近にスーパーなどがあって生活しやすいとか、治安がよくて安心して暮らせるとか、学生が多い街なのかとか、そういう事前情報は全くない状態だったとのことです。

今の私の感覚からすると、よくそんな状態で行けたなぁと思います。そこは彼も同感のようですが、「でもまぁ、時代的にしょうがないよね。」とのこと。

運よく一件目の不動産会社で気に入る物件が見つかり、契約を結ぶことになりました。当時高校生の彼は、敷金や礼金などもよくわからず、そのやりとりを隣で聞いているだけで、基本的に母親がやってくれたそうです。まだ高校生ですしお金に関しての権限は親が握っていますから仕方ないですね。

契約成立してから新生活まで

契約成立してから新生活まで

審査等ありましたが、無事契約できました。3月下旬に実家から必要なものを宅配便で送り、それを受け取れるように新居に先回り。この時も母親と一緒に来てもらい、彼自身は部屋で荷物の受け取り、母親はその間に必要な電化製品を購入して配送手続きをしてきたそうです。

母親はその日一日だけ泊まって、翌日には帰ったそうです。その時に当面の生活費として受け取ったお金は、記憶によると10万円。今まで貯めてきたお小遣いを併せても、合計で30万円なかったとのこと。

家賃は親に払ってもらえるとはいえ、急にお金の現実を突きつけられた彼は、この引越しでどれだけ費用が掛かったのかをなんとなく思い返したそうです。

家賃が安い部屋だったそうですが、それでも敷金・礼金・手数料などを含め20万円強。そして最低限の電化製品をいちから買いそろえてもらったので、それだけでも10万円はゆうに超えている金額。引越しってお金がかかるんだなぁと感じたそうです。

もし現在同じ状況だったらどうするか

もし現在同じ状況だったらどうするか

インターネットなどが普及している現在で、もし同じ状況だったらどうするかを話の流れで聞いてみました。すると彼は、以下にあることを事前に調べて「それを親に見せてから東京に来ただろう」と答えてくれました。

  1. 大学沿線の駅の中で、主だった駅をいくつかピックアップ
  2. ピックアップの基準はそれぞれの駅の交通の便(急行などがとまるか、帰省などを考えて東京駅にアクセスしやすいか、遊びに行く池袋や新宿にアクセスしやすいか)
  3. 住宅情報サイトで、それぞれの駅で気になる物件をいくつかメモしておく
  4. 物件の基準は駅から徒歩何分かと家賃(今だったら敷金・礼金も考えるけど、高校生の時はよくわかっていないから、家賃しか見ないと思う、とのこと)

これを答えた後、彼は言いました。「当時の俺は、とても運がよかった。」と。というのは時期的にギリギリで、事前情報もなく、たまたま降りた駅で入った不動産会社で紹介された物件が、現在の彼の価値基準で見ても文句がない物件だからです。

以上が友人から聞いた話の概要です。私も彼の言う通り、本当に運がよかったと思います。彼の家に遊びに行ったことがありますが、事前に調べることなく訪れた街で、生活もしやすく家賃も安いあの物件を見つけるなんていうのは至難の業。

敷金・礼金も1ヶ月分ずつで済み、初期費用もかなり抑えられているのはミラクルです。今はインターネットで物件が探せる時代ですから、このような物件は競争率が高くなっているはず。初期費用を抑えるためにも、やはり事前の情報収集が必要不可欠ではないでしょうか。

 

次のページでは、上京するために必要な資金を見て行きましょう。