東京でお金持ちが住んでいる高級住宅街と言えば?

東京でお金持ちが住んでいる高級住宅街と言えば?

東京は日本一お金持ちが多く住んでいる街です。2004年度まで発表されていた「納税者ランキング(長者番付け)」によると、日本全国のお金持ちのうち、全体の24%が東京に住んでいるという結果に。

では、そのお金持ちは東京の一体どこに住んでいるのでしょうか?高級住宅街はどこにあるのか、気になりませんか?ということで、「年収(所得)の高さ」「地価を始めとした所有資産・財産」といったことを参考にして、お金持ちが住む高級住宅がある地域を紹介したいと思います。

あくまで目安なので、お金持ちが必ずしもこの通りにその街に住んでいるとは限りません。例えば、莫大な土地を抱えている地主の資産家が、普通の庶民が住む街の一角に住んでいるなんてことはよくあること。

「金持ちだからこの街に住んでいる」なんていうのはひとつの判断基準による目安でしかありませんので、ひとつの参考としてとらえて頂けたらと思います。

それでは一番わかりやすい指標である「東京の平均所得ランキング」を参考にして、お金持ちが住む街をどんどんみていきましょう。

東京の平均所得ランキングから見る高級住宅街

東京の平均所得ランキングから見る高級住宅街

東京の平均所得ランキングは以下の通りです。(出典:不動産住宅情報サイト スマイティ)

  1. 港区…1,023万円
  2. 千代田区…848万円
  3. 渋谷区…736万円
  4. 中央区…595万円
  5. 目黒区…587万円
  6. 文京区…575万円
  7. 世田谷区…534万円
  8. 新宿区…501万円
  9. 武蔵野市…501万円
  10. 杉並区…449万円

やはりダントツで高いのが港区、そして政治中心地・千代田区が続きます。3位の渋谷区までが4位以下に差を付けている傾向でしょうか。武蔵野市が唯一23区外でランクインしていますね。

それではこれらの地域をもう少し詳しく見ていきましょう。

第1位の港区は芸能人やセレブが多く住んでいる街

第1位の港区は芸能人が多く住んでいることでも有名な街

港区の主な高級住宅街は次の通り。

南麻布、南青山、六本木、赤坂、高輪、元麻布、西麻布、白金

平均年収が1,000万円を越える唯一の区・港区。芸能人も多く住んでいる地域なので、これだけでも高級住宅街をイメージできてしまいますよね。

この港区は「シロガネーゼ」という言葉でお馴染みの白金をはじめ、高輪や赤坂などのお屋敷街や、「ヒルズ族」という言葉ができるきっかけとなった六本木ヒルズ、そして元麻布ヒルズや愛宕グリーンヒルズなどがあるセレブな地域です。

港区で注目したいところは主要テレビ局(東京キー局)があること。日本テレビ・テレビ朝日・TBS・フジテレビ・テレビ東京と民放の主要局はすべて港区にあり、まさに情報の発信地といえるでしょう。そしてこのことが、港区のセレブ化を進めて行ったのです。

一番のきっかけは2003年にできた「六本木ヒルズ」ではないでしょうか。それ以降に「汐留シオサイト」「赤坂サカス」といった大型複合施設ができました。

そしてそれを目の前にあるテレビ局が大々的に扱うことで注目度が上がり、その結果人も集まり、お店もさらに集まり、そして地価が上がっていきセレブ化が進んでいきました。

ビジネス面ではテレビ局以外にも多くの日本企業の本社があり、また外資系企業も多数存在している、まさにビジネスの中心街。日本にある大使館のうち約半数が港区にありますので、それも区の品を高めてくれていますね。

スポンサーリンク

第2位は日本の中心地、千代田区

第2位は日本の中心地:千代田区

千代田区の主な高級住宅街は次の通り。

番町

千代田区は永田町に国会議事堂、そして霞が関に官公庁があり、政治の中枢を担う地区です。他にも皇居がありますし、大手町や丸の内といったビジネス街がありますので、まさに日本の中心地といえますね。

千代田区は面積が小さく、そして官公庁やオフィス街が大部分のため「住むための街」というイメージからは離れているかもしれません。実際に人口は少ないです。

住居があるのはわずかな地域に限られてしまうのですが、さらにその一部が番町地域。ここはいわゆる「昔ながらのお屋敷」の高級住宅街で、ビジネスの中心地でもあるため地価も当然高めです。

そういう地域に住める人がそれなりにいるわけですから、当然区の平均所得も高いですよね。実際、政界の大物が豪邸を構えている地域です。

第3位は若者の街、渋谷区

第3位は若者の街渋谷区

渋谷区の主な高級住宅街は次の通り。

広尾、神宮前、松涛、代々木上原

第3位は若者の街として有名な渋谷区。複数の電車が乗り入れる便利な駅:渋谷を中心に、原宿や表参道、代官山や恵比寿といった、大勢の人でにぎわうショッピングエリアが多いことが街の人気を高めます。明治神宮や代々木公園といった緑地で、都心にいながら自然に触れられるのもポイントが高いですね。

新しい流行の発信である若者が集まる街らしく、アプリ開発や情報サービス関連の企業が多いのが渋谷の特徴。渋谷に居を構えれば情報収集がしやすくなりますからね。

リーマンショックがあったときでも、アプリ開発関連の企業が台頭したこともあり、オフィスビルの空室がほとんどなく、さらには賃料が上昇したくらい。交通の便がよく通勤しやすい背景もあり、一大ビジネス街の側面も持っています。

逆に渋谷からの通勤・移動も便利ですよね。渋谷駅から徒歩圏内の「松濤」は、駅前の喧騒とは全く違った雰囲気をもつ、閑静な高級住宅街。芸能人や実業家、政治家も住んでいる地域です。

一方「広尾」は港区に近いロケーションのため、雰囲気も港区に近い様子。大使館で働く人やその家族など外国人ファミリーに人気の地域。

スポンサーリンク

第4位は日本一地価が高い銀座がある中央区

第4位は日本一地価が高い銀座がある中央区

中央区の主な高級住宅街は次の通り。

勝どき、晴海、月島、佃

中央区と言えばやはり日本一地価が高い「銀座」という一大商業地区があるのが強み。それだけでなく金融取引の中心地である「兜町」があるのも中央区。

銀座エリアは老舗のデパートを始め高級ブランドのショップが多く立ち並ぶ、もはや説明不要のショッピングエリアで、休日の昼間ともなれば買い物客や観光客でにぎわいます。

もちろんショッピングだけではありません。東京駅付近の八重洲エリアや京橋エリアは、近年再開発が進んできてるので、交通の利便性もあるので、ビジネス面はさらに活発化しています。

そしてやはり注目すべきところは、ウォーターフロントのタワーマンション地区。近年、隅田川や東京湾に面した地域に超高層マンションが立ち並ぶようになりました。

これには中央区の行政が関係しています。今まで人口が減り続けていた中央区、それを打開するために勧められたのが、このウォーターフロントの開発なんです。それが見事結果を出し、2000年に72,526人だった人口が、2015年には141,183人に増加。なんと15年で約2倍に人口が増えているんです。

この傾向がさらに続けばタワーマンションの需要もさらに高まりますし、それに伴って家賃や地価も上がっていくでしょう。そしてそこに住める人は高所得者ですから、平均所得も上がっていくことが予想されますね。

 

次のページでは、第5位の目黒区~第10位の杉並区までを紹介しています。

街情報【東京】
スポンサーリンク
業界初のチャット不動産

・店に行く暇がない、自宅で物件を探したい。
・とにかく急いで引越ししたい!

こんな時に便利な賃貸サイト『イエプラ』

来店も電話も不要、ネットでお部屋を検索、チャット機能を使えば深夜までリアルタイムに対応してくれます。

内見の予約もネットのみ、後日現地に向かうだけでOKです。

一人暮らしの引越し生活