一人暮らしの家賃ってどれぐらい?東京をベースにチェックしてみよう!

一人暮らしの家賃ってどれぐらい?東京をベースにチェックしてみよう!

4月からいよいよ新社会人になる、あるいは転勤などで親元から離れて一人暮らしを始めるという瞬間は誰もが経験するものですよね。でも、新社会人の場合は一人暮らしをするには最初の関門があります。

入居に先だって必要になる初期費用がそれで、まずは家賃、そして家賃ベースで決まる敷金や礼金などが必要なため、家賃の数倍の資金が求められます。

学生時代の貯金でもあれば別ですが、とりあえずは親からの援助か借り入れでしょうか。入社後であってもコンスタントに貯蓄をしておかないと、場合によっては親に頼るケースになりかねません。

初期費用は親に助けてもらえたとしても、毎月の家賃になるとさすがにそうはいかないですよね。これが学生の一人暮らしだったら毎月の家賃も出してくれる家庭もあるでしょうが、社会人ならば話は別。毎月まとまった定額の支払いですから、それは収支計画をしっかりと組んでおくべきです。

では、一体いくらぐらいかかると思っていれば良いのか、ある程度の事前知識も仕入れておきたいところです。一人暮らしの家賃はどれくらいなもので、どれくらいの部屋に入居すればベストでしょうか?以下にその目安を紹介していきますので、参考にしてください。

一人暮らしの家賃っていくらぐらい?

一人暮らしの家賃

これだけあれば家賃は払えるかな?

一人暮らしをするなら、家賃を抑えるためにもアパートかワンルームマンションになる人がほとんどではないでしょうか?一人暮らしで生活費が渇渇なのにわざわざ二部屋も借りる必要はありませんよね。

一人暮らしの家賃は、全国的な平均は5.5万円といわれています。これはもちろん地域によってかなりの開きがあり、東京の人気の地域になればワンルームであっても10万円は超えてきます。その反面、地方であれば2万円前後の地域もありますし、東京都内でも場所によっては5万円代で借りることができます。

もちろん部屋のグレードや築年数、駅からの距離によっても数万円単位で変わるものです。上を見ればキリがないし、下をみてもキリがない。毎月発生する固定費の家賃だからこそ、ほどほどがちょうどいいのです。人生で一番お金がかかるのが住居と食事ですからね、慎重に検討しましょう。

まず先に、自分の収入から払える家賃を逆算して割り出しておくのが現実的です。決まった収入に対してして、家賃以外の支出がいくらくらいかかるのを計算して、そこから家賃がいくらくらいまでなら暮らしていけるのかを判断しましょう。

同じ収入であっても食費や趣味にどれだけお金を回すのかによって、余裕はかなり個人差が出てきます。どれくらいの家賃の部屋にするかは、それぞれ個人の価値観やライフスタイルによります。中には「この街に住む」ということに意味を見出す人もいますからね。



家賃の目安は月収の3割以内?

家賃の目安は月収の3割以内?

よく「家賃の目安は月収の3分の1だとか、3割以内だとか」言われていますよね。これはもちろん一般論ですので、「月収の3割ちょうどの家賃だけど、ギリギリ目安以内だから問題ないでしょ!」なんていう気楽な考えでいると、あとあと生活が苦しくなる可能性もあります。

月収に余裕がある人だったら3割どころか4割の家賃でも問題なく暮らせますが、逆に新入社員の場合は、3割ちょうどだと今後に向けた貯蓄に回すことができない可能性があるため、将来に向けて余裕ある暮らしを送れなくなるかもしれません。

そもそも「家賃の目安は月収の3割以内」という言葉はバブル期に言われていた言葉。バブル崩壊から25年ほどたった今と比べたら、すでに時代遅れの価値観なのかもしれませんね。

アベノミクスで景気が上向いているとは言われるものの一般人の給料にはほとんど反映されていないのが現実。特に若手社員の給料は安いわけですから、バブル期同様の月収の3割以内で家賃を決めていたら、生活が苦しくなってもおかしくありません。

ですので、まだ金銭的に余裕がない新社会人の場合は月収ではなく手取りの収入を基準に3割以内を目安にするのがおすすめ。月収は所得税や社会保険料などが引かれる前の金額で、月収が20万円だとすると、もろもろ引いて手取りだと16万円くらいになります。

月収20万円の3割だと60,000円。そして6万円の部屋を借りた場合、実際の手取りが16万円だと残金が10万円しかありません。一方手取りベースで計算した場合、16万円の3割は4万8千円なので、16万円からその金額を引いても11万円ちょっと残ります。この1万円の差はかなり大きいですよね。

月15万円でも大丈夫?一人暮らしに必要な生活費の内訳をチェック!
一人暮らしを始めるにあたって気になることと言えば、「1ヶ月当たりの生活費はいくらぐらいあれば大丈夫なのか」ということですよね。それまで実家暮らしをしていたのであれば、家賃や光熱費などの生活費は親が払ってくれていたわけです。 い...

一人暮らしの部屋の家賃相場(東京23区)

一人暮らしの部屋の家賃相場(東京23区)

日当たりのいいワンルーム

家賃は当然のことながら部屋数が多いほど高くなりますし、同じような間取りでも地域によってかなり差があります。一口に東京23区と言っても、区による家賃相場にはかなりの差があるんです。

それでは参考までに、間取りごとに区の家賃相場を比較してみましょう。23区全てを比較してもきりがありませんので、家賃相場が高い港区渋谷区、また家賃相場が安い葛飾区足立区の相場を紹介します。

1Rの家賃相場

  • 港区…11.8万円
  • 渋谷区…10.0万円
  • 葛飾区…5.6万円
  • 足立区…6.4万円

1Rはキッチンと部屋の間に仕切りがなく一体化した間取りのことで、ドアで仕切りがあるかどうかしか1Kとの違いがありません。

また部屋の広さが「〇帖」となっていますが、仕切りがありませんので、この「〇帖」の中にキッチンスペースの部分も含んでいます。ですので、数字だけ見てそれなりの広さがあると思ったのに、実物を見ると思ったより狭いと感じることもよくあること。

港区ではその1Kでも家賃相場が11万円もします。もちろん港区内でも10万円以下で借りられる部屋を探せば見つかりますが、それでも手取りベースで30万円ぐらいないと生活するのは難しそうですね。

逆に葛飾区では5万円代で部屋を見つけられますし、探せばもっと安く借りられる物件もあります。

スポンサーリンク

1Kの家賃相場

  • 港区…12.6万円
  • 渋谷区…10.8万円
  • 葛飾区…6.7万円
  • 足立区…6.7万円

1Kはキッチンと部屋の間を「ドアで仕切られている」というのが1Rとの違い。アコーディオンカーテンなどで仕切っている場合は厳密には1Kではありません。簡易的な仕切りを付けて1Kだと言い張る不動産会社もあるので注意が必要。

部屋とキッチンの間に明確な仕切りがあるので、同じ「〇帖」でも1Rより広くなります(それをごまかすために、上のような簡易的な仕切りでごまかす不動産会社が…)。広くなる分家賃相場も上がるので、家賃相場が安い葛飾区でも5万円代の部屋はかなり少なくなってきます。

1DKの家賃相場

1DKの家賃相場

  • 港区…14.4万円
  • 渋谷区…13.1万円
  • 葛飾区…7.1万円
  • 足立区…7.3万円

部屋ひとつとダイニングキッチン(DK)がある間取りのこと。ダイニングキッチンとは、キッチンスペースが広くなっていて、そこにテーブルを置いて食事をとることができるもの。一人暮らしだったらこの1DKもあればスペース的には充分です。

やはりスペースに余裕ができるだけあって1Rと比べると港区では3万円、葛飾区でも2万円くらい相場が高くなってきます。金銭的に余裕がある人は問題ないですが、新社会人の場合は1Rか1Kあたりに住むのが妥当ではないでしょうか。

1LDKの家賃相場

1LDKの家賃相場

  • 港区…20.9万円
  • 渋谷区…20.3万円
  • 葛飾区…8.9万円
  • 足立区…9.1万円

部屋ひとつとリビングダイニングキッチン(LDK)がある間取りのこと。リビングダイニングキッチンは、ダイニングキッチンよりも更に広く、ソファーを置くなどリビングとしても活用できるもの。一人暮らしで考えると、ちょっとスペース的に贅沢にも感じますね。

それもあってか家賃相場はさらに上がってきます。なんと港区では20万円越え!LDKとDKの違いに明確な規定があるわけではないので、LDKであってもDKより狭い、という物件もあります。

港区で20万円を越える相場なのにも驚きですが、葛飾区や足立区の約9万円の相場にも驚き。港区の1R物件より相場が安いので、やはりどこに住むかが家賃相場に大きく影響するようですね。葛飾区・足立区以外にも江戸川区・練馬区・板橋区、それに東京市部も家賃相場が安めなのでおすすめです。

東京23区の家賃相場ランキング!安い街と高い街
東京23区は日本を代表する大都会です。その分地価も物価も日本一高く、どの街に住むにしてもそれなりの家賃は覚悟しなければいけません。とは言っても、調べてみると高いながらも区によって大きな差がありました。 そこで、東京23区内の家...

 

では最後に、賃貸物件の家賃相場に影響する(家賃が上下する)ポイントもチェックしておきましょう。

生活費・節約方法
スポンサーリンク
業界初のチャット不動産

・店に行く暇がない、自宅で物件を探したい。
・とにかく急いで引越ししたい!

こんな時に便利な賃貸サイト『イエプラ』

来店も電話も不要、ネットでお部屋を検索、チャット機能を使えば深夜までリアルタイムに対応してくれます。

内見の予約もネットのみ、後日現地に向かうだけでOKです。

一人暮らしの引越し生活