外食したってええんやで?一人暮らしの食費を無理なく節約する方法

外食したってええんやで?一人暮らしの食費を無理なく節約する方法

一人暮らしは生活費の工面が大変ですよね。家賃に光熱費、スマホやネットの通信費、その他もろもろ。いくらあっても足りません。

そんな中で生活費の節約を考えてみると、大きく節約できるのは食費ぐらいでしょうか。光熱費や通信費も節約する余地はありますが、これには限度があります。これらを節約したところで、疲れる割に大して節約にならないという結果に。

電気やガスを使うたびに『今日もこんなに使っちゃったよー』なんて思っていたら、生活自体がものすごいストレスになりそうです。

なので私は、大きく節約できないところは無理して節約する必要はないという結論に達しました。もし極限まで節約しなければ生活ができないほどの困窮状態であれば、そもそももっと収入を増やすか、もっと家賃の安いところに引越す方が賢明です。

ということで今回は、生活費の中で唯一大きく節約できる可能性のある「食費」に焦点を当てて、一人暮らしの食費を無理なく節約する方法を合理的に考えていきたいと思います。

自炊することが美徳なの?一人暮らしの食事事情

自炊することが美徳なの?一人暮らしの食事事情

一人暮らしは慣れてくると楽しいものですが、その反面一番苦労するのは食事です。一人暮らしを始めたばかりのころは、自炊をしてみたり外食してみたり、何もかもが新鮮なので楽しく過ごすことができると思います。

しかしそんな生活が長く続くと、食事が一番面倒になってくるものです。自炊をするのにも手間がかかるし、外食すると高くつく。だからと言って何も食べないわけにはいきませんよね。

次第に学校や仕事がどんどん忙しくなって食事の準備まで手が回らなくなり、気が付けば毎日コンビニや外食で済ましてしまっている人も多いかと思います。

一人暮らしで朝、昼、晩の3食をしっかりと自炊している人はほとんどいないと思います。また、半数近くの人は朝食を取らず、1日2食になっているというデータもあります。

また一人暮らしにおいて、「毎日自炊してます」なんていうと「偉いね~!」と褒められますが、「自分は基本、外食です」と正直に答えると「自炊しなよー」とあまり良く思われず、自炊をして極限まで節約することばかりが美徳とされてる雰囲気ありますよね。

私はこの自炊することばかりが美徳化されていることに違和感ありますし、これまた実家暮らしの同僚なんかにこれ言われるとかなり腹が立ちます。(・ω・)ウルセー

一人暮らしの食費の平均ってどれぐらい?

一人暮らしの毎月の食費の目安っていくらぐらい?

節約を意識しなかった場合、一人暮らしの1ヶ月の食費はどのぐらいかかるのでしょうか?私の場合ですが、計算するとだいたい5万円ぐらいはかかっています。

『は?そんなに使ってんの?』『オレなんて月2万だし』とか、なぜかマウンティングしてくる人もいたり、こういう話になるとやけに食ってかかってくる人いますよね?節約できていないことを悪とする人。別に争ってるわけじゃないのに。笑

でも例えば月に5万円だったとしても、決して贅沢している自覚はありません。なぜなら、1日あたりに換算すると約1,600円ですよね?3食しっかり食べる人であれば1食あたり約500円程度なわけです。飲み物代を含めて1食あたり500円というのは決して高過ぎる金額ではないはず。仮に2食であっても1食800円ですし、コンビニ弁当にファミチキとお茶付けたらそれで終わりです。

さらに言えば、会社帰りの飲みや友人との外食が月に何度かあったりしたら、到底月5万円じゃ足りませんよね。もちろんこの月5万円というのはあくまで私の生活スタイルの場合ですが。

総務庁家計調査による「単身世帯の食費の平均(1ヶ月あたり)」

ちなみに、世間一般での一人暮らしの食費はいくらぐらいなのかも調べてみました。すると2017年の「総務庁家計調査」によれば、単身世帯の1ヶ月の食費の平均は39,649円なんだとか。

私の場合はちょっとオーバーですね。ただ、この平均値って、時間に余裕がある無職とかフリーターとかも含まれているはずですので、その人たちは節約することに全力出して生活してたりするんですよね?それだと平均値は実際よりも下がってるんじゃないかと思うんですが…。

自分が持っている時間で、仕事して稼ぐか、もしくは節約して支出を減らすかのどちらかだと思いますので、この平均値が必ずしも普通だと思わない方がいい、と自分に言い聞かせています。笑

リアルな中央値としては、やっぱり5万円ぐらいはかかるんじゃないでしょうか。と正当化してみたり。

私は今のままで生活が苦しいというほどではないのですが、もっと節約して他の支出に回したいと思っているので、あまり無理せずに食費を節約できる方法をいくつか考えてみました。

スポンサーリンク

食費を節約するなら自炊?外食?それとも…

自炊?外食?それとも…

コンビニで買ったカップラーメン

よく言われるのが「食費を節約したかったら自炊しろ」ですよね。でも実際に自炊したとして、そんなに大きく変わるのでしょうか?まずは自炊と外食、そして最近市場規模が上がってきている、コンビニ弁当などの中食(なかしょく、ちゅうしょく)の違いを見ていきましょう。

自炊をした場合

  • スーパーに買い出しにいく必要がある。(往復20~30分)
  • 調理と片づけに手間・時間がかかる。(20~30分)
  • 調理に必要な材料費、ガス代も考慮して一食あたり400円程度の食費がかかる。

外食をした場合

  • 店までの往復と待ち時間がある。(往復20~30分)
  • 一食あたりの食費は400~800円。

中食をした場合

  • 近所のコンビニに買い出しにいく必要がある。(往復10~20分)
  • 調理しなくて良い、すぐ食べられる。
  • 一食あたりの食費は400~800円。

それぞれのメリット・デメリットを見るために金銭的な面以外のことも挙げました。このように総合的に見てみると、一人暮らしの場合は自炊をすることが必ずしも良いとは限らないということに気付きませんか?

自炊と外食、1ヶ月あたりにかかる食費の差

自炊と外食、1ヶ月あたりにかかる食費の差

家族が何人かいる家庭では自炊をした方が圧倒的に食費を節約することができると思いますが、一人暮らしの場合はどうでしょうか。上記の例で言えば、自炊と外食で最大400円の差がありますが、1日2食を外食にすると1日あたり最大800円の差となります。仮にこれで計算すると、1ヶ月あたり24,000円の差になりますよね。

同じ外食でももっと安いお店で1食あたり600円に抑えれば、その差は12,000円の差となります。この1ヶ月あたりの食費の金額差をどうとるかは人それぞれだと思います。

自炊をした場合、費用的には1食あたり400円で済みますが、買い出しに行く手間や時間、調理・片づけの手間や時間まで考慮すると、トータルして1時間近くの時間を損失しています。

外食をした場合や中食で済ませた場合は、一食あたり400~800円ほどかかってしまいますが、調理する手間や時間は必要ありません。店に行けばいいだけなので、自炊をする場合と比べたら時間的には20~30分の節約になります。

1ヶ月あたり12,000円の差を大きいととるか、その分の手間暇が削減できているから良しと思うかは考え方次第。

私は、時間や労力もお金と同じ価値があると思っています。アルバイトにしても1時間働けば1,000円、もし30分だったら500円になりますよね。自炊して食費で500円節約出来たとしても、その分時間で30分も余計にかかってしまっていたら、これは結果的には節約になっていません。

毎日忙しく働いているのであれば、食費だけでみたら自炊してもしなくても大して変わらないのではないでしょうか?

要するに外食は時間や労力をお金で買っているわけですよね。特にお金に困っているのでなければ、自分の時間を作るためにお金を払うのはおかしなことじゃないはずです。

ですが「節約」という視点から見た場合は逆で、自分の時間を費やして経費がかからないようにする必要があるわけです。

 

それでは、自炊に限らず無理せず食費を節約するためには具体的に何をすればいいのか、次のページで見て行きましょう。

生活費・節約方法
スポンサーリンク
業界初のチャット不動産

・店に行く暇がない、自宅で物件を探したい。
・とにかく急いで引越ししたい!

こんな時に便利な賃貸サイト『イエプラ』

来店も電話も不要、ネットでお部屋を検索、チャット機能を使えば深夜までリアルタイムに対応してくれます。

内見の予約もネットのみ、後日現地に向かうだけでOKです。

一人暮らしの引越し生活