東京の『下町』や『山の手』ってどこ?昭和レトロな下町10選!

東京の『下町』や『山の手』ってどこ?昭和レトロな下町10選!

東京のイメージと言ったら、高層ビルが立ち並ぶオフィス街、大勢の人でにぎわう商業地域や歓楽街、おしゃれなカフェやお店がならぶハイソな街並み、などを思い浮かびますよね。

しかし忘れてはいけないのが「下町」。『ALWAYS 三丁目の夕日』や『寅さん』がいい例ですが、そのイメージから昭和情緒・昭和レトロを感じさせることもあり、「下町に住みたい」と思っている人も少なくないそう。

でも、東京の下町っていったいどこ?これ、何が基準なのでしょうか?そして下町に対応する言葉として「山の手」がありますが、具体的にどのあたりで分かれているのかハッキリと把握していない人も多いのではないでしょうか。

そもそも下町は、地理的・地形的要因だけで決まってしまうものなのでしょうか?今回はそんなことを簡単に紐解きながら、観光などにおすすめな昭和レトロな下町を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

地形で見る下町と山の手

上の画像は東京都心部の標高地形図です。色が黄色になるほど標高が高く、いわゆる丘や台地にあたります。一方色が青色に近付くほど標高が低い低地となります。

中央やや左上にある、青色で囲まれれている地域が皇居がある場所。皇居の右端あたりを境に、東側が標高の低い低地で、西側が標高の高い台地となっていますね。

この東側の低い土地に広がる街が、そのまま「下町」と呼ばれ、反対に西側の高台にあたる山の方が「山の手」となるわけです。おおざっぱな目安で言えば、JR京浜東北線の東側が低い土地の下町で、西側が高い土地の山の手となります。

このように地形だけで見た場合、下町と山の手の判別は一目瞭然で、東京23区の東側は基本的に下町に該当する地域なのです。

現在の下町ができ上った歴史の大元は、徳川家康による江戸の町の開発に始まります。家康が江戸に来たとき、高台には大名屋敷を建て、そして江戸城周辺の低地に城下町をつくります。そのうちの庶民が暮らす地域が下町の始まりです。

はじめの下町は今の神田や日本橋周辺だけだったようですが、時代が進むにつれて上野や浅草方面に広がっていき、そして明治・大正・昭和となるにつれて、さらに東に拡張されていきました。

イメージとしての下町

イメージとしての下町

下町は地理的には23区の東側なのはわかりましたが、東側全てを「下町」とひとくくりにしてもいいのでしょうか?「低地にあるから下町」なのは間違いではありませんが、かといって、それが一般的にイメージされる「下町」と同じかどうかというと、違いますよね。

例えば中央区銀座。場所は皇居からみて南東にあって、京浜東北線よりも東側にあります。地形的・地理的な基準だけで見れば間違いなく下町ですが、この日本一地価が高い商業地域を「下町」という言葉から連想する人がいるでしょうか。

やはり時代の流れや都市開発によって、「下町」に対するイメージが変わってきたのでしょう。そもそも、平成が終わるこのご時世に、江戸時代の基準だけで考えていたら現実に即さないのは当たり前のことですよね。

そこで重要になってくるのが、現在の下町に対するイメージではないでしょうか。よく使われる表現として「下町情緒があふれる街並み」「昭和情緒」なんかがありますよね。

それをもうちょっと詳しく見ると次の通り。

  • 昭和レトロ、場合によっては江戸時代の雰囲気も味わえる歴史的な印象
  • 近隣に寺社仏閣があって、お祭りの時は縁日でにぎわう
  • そこに住んでいる人に絆や連帯感、人情がある
  • その地域にある商店街は生活感と活気がある
  • おじちゃんおばちゃんが営んでいるような個人商店が多い
  • 夕日や野良猫が似合う町

こういった雰囲気を持っている地域が下町と呼ばれるのではないでしょうか。逆を言えば、近年はこのような雰囲気を持っていれば、地形的・地理的には山の手に当たる場所でも「下町」と呼ばれる傾向があります。

総合すると現在で言う下町は、場所としては東京東部(一部例外あり)で、上記のような雰囲気を持った地域と言えますね。

 

それではそれを踏まえて、次のページでは「東京で下町といったらここ!」という昭和レトロな下町を紹介していきたいと思います。地方から来て観光に行くのもいいですし、東京住まいの人だったら、遊びに来た友人などを連れて行って、大都会の喧騒とは違った東京の側面を感じてもらうもよし。

昭和レトロな雰囲気がたまらなく好きなら、下町に思い切って住んでみるのもいいかもしれませんね。なんでも、こんな下町情緒ある雰囲気が好きで海外から移住してくる外国人もいるんだとか。

旅行・観光街情報【東京】
スポンサーリンク
業界初のチャット不動産

・店に行く暇がない、自宅で物件を探したい。
・とにかく急いで引越ししたい!

こんな時に便利な賃貸サイト『イエプラ』

来店も電話も不要、ネットでお部屋を検索、チャット機能を使えば深夜までリアルタイムに対応してくれます。

内見の予約もネットのみ、後日現地に向かうだけでOKです。

一人暮らしの引越し生活