東京の地震に備えて地盤が弱い地域をハザードマップで確認!

今後30年以内に70%以上の確率で起こると言われている首都直下型大地震。つまり関東大震災のことですが、1923年に発生してからまもなく100年が経とうとしています。

スポンサーリンク

2011年3月11日の東日本大震災以降、日本各地で震度5を超える大きな地震が頻発するようになりました。いつ起こるかも分からない恐怖に脅えながら生活せざるを得ない状況です。

日本は地震大国とされていますが、日本の中でも太平洋プレートとフィリピン海プレート、そしてユーラシアプレートに北米プレートという4つのプレートで囲まれているのが関東近郊です。

世界的にみてもこれだけプレートが集中している地域は他になく、本来であればとてもじゃないけど人が住むような場所ではないと言われています。

ふとした瞬間に地震が起き、その度に自分の住んでいる地域の地盤、周辺で起こり得る災害というのはとても心配になりますよね。

私もアパートが木造なので『もし震度6とか震度7が来たら、この家どうなっちゃうの…』なんて思いながら生活しています。

東京の地震に備えて地盤が弱い地域をハザードマップで確認!

もし自分が住んでいる地域で大きな地震が起きたら…と考えると怖いですよね。東北や熊本、大阪では実際に大震災が起きていますので、とても他人事ではないのです。

今回は、東京の地盤の弱い地域・強い地域、地震による被害の危険度や建物の耐震基準、併せて地震対策をまとめてみました。

地震による災害と地域危険度

地震によって引き起こされる災害は、主にこの4つ。

  • 建物の倒壊
  • 火災被害
  • 地盤沈下、液状化
  • 津波

この中でも津波以外は、その時自分がいる建物の丈夫さや、地域の地盤の固さによって被害が大きく変わるので、できるだけ安全なところで過ごしておきたいものです。

とはいってもいつどのタイミングで大地震が起きるのかは分かりません。自分の住んでいる建物や地域は大丈夫なのかと心配になりますよね。建物倒壊や火災などの被害は出来るだけ避けられるように、日ごろから注意をしておきましょう。

そのためには、自分の住んでいる地域がどれぐらいの危険度があるのかを把握しておくことが大切です。もし危険な地域に住んでいたとしたら、引越しをするのもひとつですし、住居の耐震補強をして備えることもできます。

どちらも簡単にできることではありませんが、何かしらの地震対策はできるはずです。前もって情報を知っておくことで、少なからず被害のリスクを減らすことはできると思いますので、ぜひ前向きに取り組んでみて下さい。

東京で地盤が弱い地域

東京で地盤が弱い地域

地震が起きた時によく耳にする「マグニチュード」「震度」。マグニチュードは地震そのものがもつエネルギーの大きさ(規模)で、震度はある地点での揺れの強さのこと言います。震源地から近いほどエネルギーが伝わるので震度も大きくなり、離れているほど震度は小さくなります。

…と、これくらいのことは皆さんご存知だと思いますが、震度に関係する重要な要素がもうひとつあるんです、それがその地域の地盤の強さ(固さ)。震源地からそれぞれ同じ距離にある地域でも、地盤が強い地域だと震度5弱で済んだり、地盤が弱い地域だと震度7になったりします。

いざ首都直下型地震が発生してしまった場合、震源地がどこになるかなんてあらかじめわかるはずがありません。なので、「震源地から距離があるところに住んで、被害を最小限にしたい」なんていう対策は立てられませんよね。

でも少しでも被害を小さくしたいもの。そこで重要なのが地盤の強さなんです。これによって危険度が大きく変わってきますので、まずは自分の住んでいる地域の地盤がどうなのかを調べておくことをおすすめします。

さて、前置きが少し長くなりました。まずは東京都都市整備局の地域危険度マップを参考にしてみましょう。他にもハザードマップには種類がいくつかありますが、こちらが一番分かりやすかったです。

ここでは東京23区をメインにして紹介しますが、市部やさらに細かい地域別にも観ることができますのでぜひ参考にしてみて下さい。

画像だけではちょっと分かりづらいと思いますので、補足していきたいと思います。

東京の地震に備えて地盤が弱い地域をハザードマップで確認!

出典:東京都都市整備局 地域危険度マップ

まず、左下にある凡例が見えにくいと思いますので補足したいと思います。

  • 緑色は避難場所
  • 灰色は建物倒壊危険度4および5
  • 赤は火災危険度4および5
  • オレンジは災害時活動困難度を考慮した総合危険度4および5

このようになっていますが、特に注目するべき点は灰色、赤、オレンジになります。パッとみても分かるように、特に目立つのは赤ですよね。地震による火災が心配される地域になります。

そして少し分かりづらいですが、この赤の部分には灰色も混在しているので注意して下さい。つまり建物倒壊と火災被害は同時に起こり得るものとして考えるべきと言うことになります。

建物が倒壊することによって火の元・ガス、電化製品によって火災が発生する可能性が高くなるのは当然のことですね。

スポンサーリンク

特に危険度が高い地域ワースト3

  1. 荒川区(全域)
  2. 足立区南部(一部)
  3. 墨田区(全域)

地域の一部で危険度が高いエリア

  • 葛飾区(一部)
  • 台東区(一部)
  • 江戸川区(一部)
  • 江東区(一部)
  • 北区(一部)
  • 品川区(一部)
  • 大田区(一部)
  • 中野区(一部)

地域を細かく分けた地震危険度ワースト10

  1. 荒川区町屋4丁目
  2. 荒川区荒川6丁目
  3. 足立区千住4丁目
  4. 大田区羽田6丁目
  5. 江東区北砂4丁目
  6. 足立区千住大川町
  7. 墨田区墨田3丁目
  8. 足立区千住龍田町
  9. 足立区柳原2丁目
  10. 足立区千住柳町

どうですか?荒川区、そして足立区の南部、北千住周辺がとくに目立ちますね。都内にお住まいの方なら分かるかと思いますが、23区の東側、いわゆる下町と呼ばれる地域がほとんどであるということが伺えます。

この辺りは都内屈指の河川である荒川沿い、隅田川沿いのエリアです。つまり、近隣に大きな河川がある水周りエリアは地盤が弱い・ゆるいということが言えます。

このあたりは沖積層(ちゅうせきそう)と呼ばれる比較的新しい地層で、これらの河川によって運ばれた土砂が堆積した柔らかい地盤で出来ている地域なのです。

地震が起きた時の震源地からの振動が伝わる速さは、地盤が固いほど速く伝わり、柔らかいほど遅く伝わります。この違いで震度にも違いが出て、沖積層などの柔らかい地盤だと震度が1.5も強くなると言われています。さらには液状化のリスクも高いんだとか。

危険度が高いもうひとつの理由として、その地盤が弱いエリアに、耐震基準を満たしていない昔からの古い建物が密集しているということも言えます。特に古い木造家屋は火災の危険性もかなり高くなります。

地震危険度ワースト1位に指定された荒川区町屋に関しては、街の道幅も狭く、さらには火を扱う工場も多いため、延焼による被害を受けやすいとのことです。

では、次のページでは東京で地盤が強い地域を紹介したいと思います。

街情報【東京】
スポンサーリンク
業界初のチャット不動産

・店に行く暇がない、自宅で物件を探したい。
・とにかく急いで引越ししたい!

こんな時に便利な賃貸サイト『イエプラ』

来店も電話も不要、ネットでお部屋を検索、チャット機能を使えば深夜までリアルタイムに対応してくれます。

内見の予約もネットのみ、後日現地に向かうだけでOKです。

一人暮らしの引越し生活