屋久島の観光おすすめスポット15選!縄文杉他

屋久島の観光おすすめスポット15選!縄文杉他

早くから世界遺産にもなっている屋久島は、日本を代表する人気の観光スポットです。

太平洋上にぽっかり浮かんでそびえ立つ屋久島の山々・原生林は幻想的です。

一度、足を踏み入れれば、映画の舞台にされるのも納得できるところです。

難点は、ただ遠いことです。

ですから、何度もは行きづらいでしょう。

もしも行くのであれば十分に下調べをして、屋久島ならではのスポットを余すことなく満喫したいものです。

大まかな人気スポットを紹介します。

スポンサーリンク

屋久島の地図

屋久島の地図

まずは屋久島の大雑把な位置を地図で確認してみましょう。

屋久島があるのを沖縄と勘違いしている人が多いそうですが、屋久島は鹿児島県にあります。

種子島の西側に位置しています。

正式な住所は、鹿児島県熊毛郡屋久島町となります。

屋久杉巡りは必須!

屋久杉巡りは必須です

縄文杉

縄文杉を見ないまま帰る人がいるとは思えません。

樹齢7,000年というのですから、どうして今まで生きているのか生命の神秘に驚愕します。

荒川登山口から4時間ほどかかる標高1,300mにあります。

それなりのトレッキングになりますので、軽装は避けましょう。

大王杉

縄文杉を見に行く途中で見られます。

かっては、屋久島最大の杉とされていました。

ネーミングに異議は付けられないほどの大きさと形状の立派な杉です。

夫婦杉

元々は2本の杉がくっついたという杉です。

片方の杉の枝がもう片方の杉の幹に食い込んでしまったため、夫婦が手を繋いでいるように見えるのです。

カップルに人気なのは、言うまでもありません。

スポンサーリンク

ウィルソン株

白谷雲水峡から3時間ほどかかります。

縄文杉を見に行く途中にあります。

大きなハート形にくり抜かれた穴が人気です。

切り株の穴は、洞窟並みの大きさがあります。

静寂の中に響く穴の中からのせせらぎの音にも神秘感があります。

紀元杉

有名どころの屋久杉の中で、紀元杉だけは車で見に行けます。

標高約1,200mの安房林道に車を乗り入れたら、そばに見えるのです。

滝も見逃したくない

滝も見逃したくない

千尋の滝

渓谷の雄大さが見所です。

深く切れ込んでいる大きな岩は、高さ200m、幅400mはあろう巨大な一枚岩です。

この岩は千人分の手の長さに匹敵すると言われたことから、名付けられた滝です。

滝の落差も60mほどあり、特に雨の降る日の水量の凄さには圧倒されます。

大川の滝

小さいのも数えると無数にあるのが、屋久島の滝です。

その中でも水量、大きさともに最大の滝で、落差も88mあります。

日本の滝100選にも選ばれています。

ジブリ「もののけ姫」関連スポット

ジブリ「もののけ姫」関連スポット

もののけ姫の森

屋久島の悠久の自然を堪能できる、これぞ屋久島と唸ってしまうスポットです。

その苔の長さたるや尋常ではありません。

その柔らかさ丈夫さも、ふわっとしていながらしっかりしていて他所ではありえない質感です。

それが視界いっぱいに広がっているのです。

まさに映画もののけ姫で見た世界が、現実に目の前に現れるのです。

白谷雲水峡

白谷雲水峡

宮之浦川を昇っていくと現れます。

その長さ17㎞にも及びます。

映画もののけ姫の発想の原点は、ここにあると言わしめるスポットです。

屋久島の原生林がここに広がっているのです。

苔むす森も歩いて行けます。

スポンサーリンク

太鼓岩

太鼓岩は、映画もののけ姫で登場した山犬モロが座っていたあの大きな岩のモデルです。

映画を見て感動した人にはたまらないスポットです。

岩から下を覗けば、緑の中の谷に渓流が流れていて、まさに山の景色が詰まっています。

桜のシーズンになりますと、これに山桜のピンクの彩が冴えます。

大自然をトレッキングするなら

大自然をトレッキングするなら

西部林道

西部林道をトレッキングしていれば、どこからともなく野生の動物が出てくるかもしれません。

あちらこちらに見える滝や清流から、屋久島の降水量がいかに多いかを感じさせられます。

ヤクスギランド

ガイド付きの有料トレッキングをするスポットです。

屋久島初心者でも、手軽にトレッキングをさせてもらえます。

原生林の中にある天柱杉、母子杉、三根杉等の屋久杉を自分の足で間近に見られるのです。

そうしているうち知らず知らずにたっぷり森林浴ができるのです。

海岸沿いにもスポットがある

海岸沿いにもスポットがある

永田浜(いなか浜・前浜・四ツ瀬浜)

屋久島は山ばかりがクローズアップされていますが、島ですので海にも恵まれています。

島全体が山の一部なので大きな砂浜こそありません。

ですが、春から夏のシーズンにはウミガメが産卵に来るので有名なスポットです。

平内海中温泉

海岸にある野性味あふれる露天風呂です。

風呂に入ったまま水平線が見られるという贅沢もなかなかできるものではありません。

トレッキングで疲れた足腰をここで伸ばすと良いです。

潮の干満の関係で入れるタイミングは、一日2時間と限られています。

屋久島灯台

海を間近に見ながら山を鑑賞するには、ベストスポットです。

灯台の歴史も1世紀にも及んでいるそうです。

車でしか行けず足の便が不便なところですが、ここは穴場でしょう。

まとめ

日本のルーツとも思える原風景が広がっているのが、屋久島です。

以上のスポットだけでも、全て回ろうとすればけっこうな時間がかかります。

もしも訪れるチャンスがありましたら、腰を据えて大自然を巡る覚悟をしないと損をします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加