無駄遣いを無くしたい!一人暮らしの節約術3選

無駄遣いを無くしたい!一人暮らしの節約術3選

一人暮らしでは何かと無駄遣いをしがちで、知らず知らずのうちに生活を圧迫してしまいますよね。

でも、無駄遣いを止めれば、そのような事にはなりません。

収入をわきまえて使える出費を抑えていれば、思いのほか生活にゆとりも生じます。

PR:
来店不要【女性専用キャッシング マイレディス】

そのために効果のある方法を、具体的に3つ挙げてみたいと思います。

人によっては、それは自分にはできない、生活上なくてはならない出費なのだというものもあるかもしれません。

節約する上で何らかの役に立てば幸いです。

とにかく外食を止める

とにかく外食を止める

一般家庭の多くの人は、支出項目の中で最も大きいのは食費だと思います。

これはどんなに頑張ってもその地位は揺らぎません。

しかし、減らせる余地が最も大きいのも食費になるのです。

まず、外食を止めることです。

ちょっと気の利いたランチは、一食で1,000円ぐらいしてしまいます。

そんな時、もし自炊にすればそれがいくらになるのか、一度考えてみてください。

それは見栄えこそ外食にはかなわないかもしれませんが、わずか100円、200円くらいでも十分に浮かせることができるものです。

もちろん自炊はその分手間がかかりますが、毎回1人分を作る訳ではありません。

数回分の料理を作り置きしておけば、後は温めるだけの簡単なものにすることもできます。

味付けも自分好みにできますし、余分な塩分も控えめにしたりもできます。

スポンサーリンク

また、どうしても付き合いで同僚とランチに出かけることもあるかと思います。しかしその時も値段の安いランチにしておけば、随分と節約になるのです。

例えば、1,000円のランチを月に10回食べると年間で120,000円になります。これを500円のランチにすれば、年間で60,000円の節約になります。

そもそも自炊して弁当持参にすれば、おそらく10分の1以下に抑えられるはずです。

コンビニの弁当でも同じ事です。

コンビニの弁当

外食に比べたら安く感じるかもしれませんが、なるべく控えるべきでしょう。

ランチだけでなく朝昼晩と毎回、外食やコンビニに頼っていると、その額はさらに拡大します。

毎日2,000円として、月に60,000円、年間で720,000円にもなります。

全て自炊であれば、毎日500円くらいなものですから、月に15,000円、年間で180,000円ですむのです。

自炊するだけで、毎年540,000円の貯金ができてしまうのです。

自炊は習慣にさえなれば、楽しいばかりです。

健康的でもありますし、まとめて作るので時間も気になるほどかかるものでもありません。

また、食事だけでなく飲み物についても同じ事がいえます。

お店に行って美味しいコーヒーを飲むのもたまには良いでしょうが、自宅で飲めばいくらもかかりません。

毎朝、出勤途中に目覚まし代わりにスタバでコーヒーを飲んでいたりしたら、年間では100,000円近くの出費になってしまいます。

コーヒーは家でつくって水筒に入れてもっていくなど、工夫をしてみてはいかがでしょうか。

コンビニでもコーヒーが安く飲めますが、同じ事です。

ペットボトルのお茶等も買わなくても、自分でお茶を湧かせば美味しいものです。

また、お腹がすいている時にスーパーやコンビニに行くのは出来るだけ避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

バーゲンセールに近寄らない

バーゲンセールに近寄らない

毎朝の新聞には、大量のバーゲン広告が挟まれています。

紙面を彩る踊る激安のコピー文言に身を乗り出し、これで節約ができると急いで出かけてしまわないようにしましょう。

中には買って良かったという掘り出し物もありますが、結局、要らない物を買わされてしまうだけになるんです。

トータルでは、無駄な出費をしただけになるのが普通です。

バーゲン会場のその場に行けば、購入意欲もそそられてしまいます。

とりあえずは要らないけれど、安いからチャンスを逃さないようにと買い込みがちです。

思い切ってバスルームなしの物件に引越しする

バスルームなしの物件に引越しする

風呂なし物件は通常の家賃相場よりも3万円ほど安い傾向があります。

これを利用して、思い切って風呂なし物件に引越してみるのも究極の節約です。

家計の大部分を占めるものに光熱水費がありますが、このうち風呂にかかるガス代、水道料がかからなくなります。

⇒水道代の平均はどのぐらい?節約できるポイントは?

⇒何かやけに高くない?ガス代を節約するためのポイント

⇒通信費の節約になる?ソフトバンクエアーの評判と口コミ

しかし、風呂に入らない訳にはいきませんので、それをスポーツジムですませます。

こうすれば、家賃も風呂なし物件の家賃に抑えられるのです。

光熱水にかかる費用に加えて、20,000円から30,000円もの節約になります。

その代わりスポーツジムの使用料はかかるようになります。

それでも10,000円から15,000円くらいなものです。

スポーツジムの風呂は、ジャグジーも付いていたりしていますし、ゆったりとしています。

さらに良い点は、単に風呂に入れるだけではありません。

トレーニングが毎日できますから、体作りもできるのです。

日々継続してこそのトレーニングが、嫌でもするようになります。

健康づくりは医療費の軽減にも繋がるのです。

いつでも入れる風呂が部屋にないのは心細くもありますが、これも慣れですから検討してみましょう。

まとめ

いろいろ書いてますが、一人暮らしで陥りやすい無駄遣いは、やはり飲食費に尽きるでしょう。

光熱水費等の固定費も一人では使用効率も低くなりますので、検討するべきポイントになるものです。

まずは、自分のできる範囲で始めることが大切になります。

⇒効果抜群!電気代を節約できるポイントとは?

⇒一人暮らしの家賃の目安はどれぐらい?

⇒日常生活で地道に節約しよう!賢く貯金する方法5選



  • このエントリーをはてなブックマークに追加