共働きしたら家計はリアルにどうなる?家事や子育ては・・・?

共働きしたら家計はリアルにどうなる?家事や子育ては・・・?

このご時世、共働きじゃないと家計が大変だという家庭も多いかもしれません。

一昔前までなら、旦那が働いて奥さんは専業主婦なんてことが当たり前だった時代もありました。

しかし、今は旦那だけの収入では家計が厳しい、貯金ができないという不安もあるのではないでしょうか。

株価は上がっていても、一般人の生活まで恩恵が届いていない現実。

なかには共働きができなくなるから、経済的に子供が作れないということもあります。

これでは少子化に拍車がかかるわけですよね。

スポンサーリンク

女性は大企業の社員や公務員でもない限り、出産で会社を辞めたらもう戻れないなんてこともよくあることです。

子供が出来たら退職せざるを得ない、という中小企業は多いです。

だからこそギリギリまで共働きをして、家計をやりくりしたいと思うのは当たり前ですよね。

共働きしたら家計はリアルにどれぐらいになるのかをまとめてみました。

共働きをすれば、一体どれぐらい家計が楽になるのか計算してみましょう。

共働きしないと生活できない?

共働きしないと生活できない?

ここでは仮に30歳の新婚夫婦が2LKDで家賃15万円の物件に住んでいたとします。

ちょっと高めの設定ですが、都市部であればこれぐらいのマンションは普通にありますよね。

まずはざっと生活費を計算してみましょう。

  • 家賃15万円
  • 光熱費2万円
  • 通信費3万円
  • 食費5万円
  • その他雑費5万円

一般的にはこれぐらいでしょうか。合計すると30万円になります。

毎月生活費に30万円かかるとなると、この30万円は手取りの額になるため、給料の額面上では40万円弱ぐらいないと足りません。

30代で毎月総支給で40万円稼いでいる人はそうそういないのではないでしょうか?

なかには『全然余裕でしょ』なんて思う人もいるかもしれませんが、日本社会の平均でみたらかなり高い金額です。

30代後半で40万円行けばいい方だと思います。

まぁそういうことなので、生活費に30万円となると共働きしない限り無理です。

スポンサーリンク

共働きした場合の収入は?

共働きした場合の収入は?

共働きした場合、仮に旦那さんが総支給30万円、そして奥さんが総支給25万円だったとしても、合計55万円にもなります。

旦那さんの30万円は手取りにしたら約24万円、奥さんの25万円は18万円ぐらいでしょうか。

そうすると共働きすることによって手取り42万円にもなりますね。

これなら二人の生活費に30万円かかったとしても、12万円も余ります。

月10万円貯金できれば、1年で120万円。

10年だったら1200万円にも!

子供ができた場合は?

子供ができた場合は?

このペースで生活できれば、家計が追い込まれることはまずありませんが、問題は子供ができた場合ですよね。

もちろんおめでたいことなのですが、子供ができたら奥さんは子育てのために一時的にでも仕事を辞めざるを得ません。

そうなってしまうと、旦那さんの手取り24万円だけでは生活が成り立たなくなってしまいます。

子供がある程度育つまでの間だったら、なんとか貯金を切り崩して凌げるかもしれませんが、奥さんが以前の会社にそのまま復帰できるとも限りません。

公務員や大企業、看護師だとその辺は恵まれています。

残念ながら、普通の中小企業ではなかなかそうもいきません。

スポンサーリンク

もし新たな職場を探すとなると、年齢も年齢なのでもしかしたらパートぐらいしか見つからない可能性もあります。

最悪、パートやアルバイトで月10万円でも稼いでくれれば、共働きで手取り34万円にはなるのでなんとか生活は出来ます。

しかし、貯金があまりできない状態になってしまいます。

もっと家賃が安いところに引越しをするか、はたまた家を購入して家賃に相当する分を10万円ぐらいまで減らすか。

もしくは、生活費を節約する必要があります。

お互いに協力しあって節約すれば、なんとか2~3万円ぐらいは浮かせることができますので、そう考えれば決して無理な生活ではありませんよね。

このように見ても、今のご時世だったら夫の1馬力よりも共働きして2馬力の方が家計がかなり楽になることが分かります。

共働きは家事や子育てを分担するべき!

共働きは家事や子育てを分担するべき!

私は個人的に共働きをお勧めしますが、その場合は注意が必要です。

昔から、夫は仕事で嫁は家事や子育てというイメージがありましたが、家計を上手くやりくりするために共働きを選んだからには、家事や子育ては分担するべきだと思います。

家事も子育ても片手間でできるような簡単なことではありません。

だからこそ夫婦で分担してやるべきなのです。

仕事もしている奥さんに家事や子育てまで押し付けてしまっていたら、奥さんばかりに負担がかかりすぎてしまいます。

これでは誰だって体力的にも精神的にも追い込まれてしまいますよね。

最悪、離婚問題にも発展しかねませんので注意しましょう。

あくまで協力し合うために共働きをしているので、家事も子育ても協力し合っていきましょう。

共働きまとめ

このようにリアルに家計を考えていくと、不満のない生活をするためには共働きが欠かせない時代に突入しました。

夫からすれば、自分ひとりの稼ぎで満足した生活を送らせてあげられないのは情けないことだと感じてしまう人もいるようですが、それは仕方のないことです。

どれだけ頑張って結果を出しても、一向に給料を上げてくれない会社もたくさんあります。

業績は良いはずなのに、社員に給料を還元しないような会社もあります。

生き辛い世の中ですが、だからこそ共働きして、家計も家事も子育ても協力し合って幸せな生活が送れたらそれで良いのです。

共働きの貯金や節約はこちらも参考にしてみて下さい。
⇒共働きで貯金したい!同棲すると生活費はどれだけ節約に?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加