東京23区の家賃相場ランキング!安い街と高い街

東京23区の家賃相場ランキング!安い街と高い街

東京23区は日本を代表する大都会です。

その分地価も物価も日本一高く、どの街に住むにしても家賃は覚悟しなければいけません。

ですが、調べてみると、高いながらも区によって家賃に大きな差がありました。

ここでは、東京23区内の家賃相場が安い区と高い区をそれぞれランキングで紹介したいと思います。

同じクオリティのアパートやマンションでも、地域によってどれだけ違うのかを感じてもらえるかと思います。

併せてそれはどのような理由でそうなっているのかも知っておくと良いと思います。

自分なりの穴場エリアを見つけるため、また今後の部屋探しのために参考にしてみて下さい。

ネットで検索・条件を相談できるアパート・マンション物件
理想のお部屋が届きます!【家AGENT+】

上京したいけどお金も仕事もない…という方に
東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

家賃相場が決まるポイント

家賃相場が決まるポイント

物の値段は、全て需要と供給のバランスで決まりますが、不動産も例外ではありません。

住みたい人が多い地域の家賃が高くなるのは必然的なことです。

つまり、地域の人気度が家賃にそのまま反映されてしまうということですね。

逆に言えば、人気の高い地域に住まなければ、家賃は安くなるということです。

この人気というのも色々な指標がありますが、一般の人が判断する平均的な人気ポイントです。

例えば、治安の良し悪し。

治安が悪い地域に自ら進んで住みたいという人はいませんよね。

東京23区の治安ランキング!トップとワーストは果たして…

他にも、交通の利便性が良いというのもよくあるポイントです。

しかし、自分にとっては価値観の低いポイントであるのに、人気の高い地域に住むのは割高としか感じられません。

逆に、自分にとって価値を感じる理由があるのに、一般的には人気がない地域に住むと、かなりお得に感じられるはずです。

もちろん、同じ地域でもその物件によって家賃が変わるように、地域と物件の需要とバランスで最終的な家賃相場が決定します。

物件で言えば、間取り、広さ、築年数、最寄駅からの距離等々です。

今回は、どの地域がどのような理由でどれくらいの家賃相場になっているのかを紹介します。

自分の価値観と照らし合わせて判断すれば、自ずと自分の住むべき地域も見えてくるかもしれません。

家賃相場が安い区トップ5

家賃相場が安い区トップ5

東京は日本の中心地だから家賃は高くて当たり前との感覚もあるかと思います。

確かに23区の中でも政治経済の中心地に限ってしまえば、その通りではあります。

でも23区といっても、埼玉や千葉に近くなるほど家賃は下がり、中には都心の半分にも満たない家賃の物件もあるのです。

だからといって、交通が不便というほどの地域でもなく、いまでは鉄道網も発達しているので都心への通勤通学も十分可能です。

ついに導入!通勤ラッシュでも必ず座れる電車とは?

このような地域は、特にファミリー向けの物件に人気があります。

また、一人暮らしで地方から上京してきたばかりの学生や社会人にも人気があります。

最近では、若者でも抵抗の感じられないような商業施設等も郊外に進出していることにもよります。

では、地域ごとの平均的な家賃相場をランキングで紹介したいと思います。

5位:板橋区(ワンルーム≒65,000円、1K/1DK≒73,000円)

板橋区の家賃相場

板橋区は練馬区の東隣の区であり、やはり埼玉県と隣接していて都心からは離れています。

ここは元々、戦後から住宅団地の開発が進んだ地域です。

アジアで最大級とも言われるマンモス団地、光ヶ丘団地や高島平団地が有名です。

昔ながらの商店街が懐かしい味わいを出していますので、下町風情が好きな人には住みやすいでしょう。

また、ときわ台には昔ながらのお屋敷が並ぶ高級住宅街があります。

板橋区の主要駅は、大山、成増、高島平などがあります。

東京23区で住みやすい街、穴場ランキング1位『成増』

4位:練馬区(ワンルーム≒62,000円、1K/1DK≒70,000円)

練馬区の家賃相場

練馬区は、東京23区の北西部にあり、埼玉県とも隣接していて都心からは離れています。

練馬大根で有名な東京の農村といわれる地域だけあって、緑地にも恵まれている静かな住宅地です。

練馬区の主要駅には、江古田、練馬、石神井公園などがあります。

昔懐かしい雰囲気が残る学生街『江古田』

3位:江戸川区(ワンルーム≒65,800円、1K/1DK≒66,200円)

江戸川区の家賃相場

江戸川区は東京23区内で最も東部にあり、千葉県との県境に隣接していることからも、この地域までくると家賃が安くなります。

区民一人当たりの公園の面積が最も広く、子どもを伸び伸び育てようとするファミリー層の方に人気があります。

江戸川区の主要駅には、葛西、小岩などがあります。

2位:足立区(ワンルーム≒64,000円、1K/1DK≒67,000円)

足立区の家賃相場

足立区は東京23区の北部にあって、かって日光街道と奥州街道が交差する宿場町として賑わってきた歴史ある街を抱えています。

今でも北千住は活気のある下町風情のある街で、鉄道路線がたくさんあって都心への交通の便も良く、巨大ターミナル駅として人気があります。

金八先生のイメージが強い?学生街化している足立区『北千住』

1位:葛飾区(ワンルーム≒56,000円、1K/1DK≒67,000円)

葛飾区の家賃相場

2位~5位は6万円台にも関わらず、1位は圧倒的な安さを誇る葛飾区。

葛飾区といえば、柴又寅さん、こち亀の両さんで知られた下町風情のある人情味溢れる街です。

東京23区の中では北東部に位置し、隣りは千葉県になります。

主要駅としては、亀有、金町、柴又、青砥などがあり、都心からそれほど遠くもないのに、家賃は半分以下という物件も少なくありません。

私鉄もJRも通っていて交通の便も良く、家賃的にもかなりお得な条件で住めます。

以前、「一人暮らしの女性が住みたい街」の上位にランクインしたこともあります。

条件を相談できるアパート・マンション物件!
理想のお部屋が届きます!【家AGENT+】

家賃相場が高い区トップ5

家賃相場が高い区トップ5

東京23区内の高い家賃の中でも、昔ながらの高級住宅街のある街は特に家賃が高くなっています。

そこは高額納税者も多く、いわゆる富裕層が住んでいる街となります。

東京でお金持ちが住んでいる高級住宅街と言えば?

一人でこういった街に住んでいる人は、生活にかなり余裕のある人に限られています。

業種は様々でしょうが、IT業、アパレル、マスコミ、有名芸能人等に人気の街。

また、そこに住んでいるというステータスに価値観を求めている人たちという面もありそうですね。

家賃相場が高い区ランキングトップ5は以下のようになっています。

5位:目黒区(ワンルーム≒100,000円、1K/1DK≒95,000円)

目黒区の家賃相場

目黒区は、自由が丘や中目黒等のお洒落な住宅地を抱えています。

高所得者向けの物件が多く、それに釣られて不動産の家賃も軒並み高くなっています。

都心ではありませんが、交通の便も良く人気の高い地域なのです。

また、何気に地盤が強くて耐震性が高い地域ともいわれています。

東京の地震に備えて地盤が弱い地域をハザードマップで確認!

目黒区の主要駅は、目黒、中目黒、自由が丘、駒場東大前、祐天寺、学芸大学、都立大学など、いずれも人気の駅となっています。

お洒落で大人な街として人気の目黒。その住みやすさとは?

4位:中央区(ワンルーム≒100,000円、1K/1DK≒96,000円)

中央区の家賃相場

中央区は銀座三越をはじめ、老舗デパート等の大型商業施設が多い地域です。

金持ちがブランド品などの貴金属を買っているような街のイメージがあります。

地価でいえば国内トップの銀座を抱えていますので、不動産相場では全体的にも日本一になるのではないでしょうか。

東京地価ランキング!現状と今後の動向、オリンピックの影響は?

商業テナントの家賃になると、桁が違う金額になるそうです。

中央区の主要駅は、銀座、日本橋、京橋、築地、月島、勝どきなどがあります。

ウォーターフロントと呼ばれる佃のタワーマンションも有名です。

ウォーターフロントともんじゃ焼きの下町『月島・佃』

3位:千代田区(ワンルーム≒100,000円、1K/1DK≒100,200円)

千代田区の家賃相場

千代田区は皇居を中心に、日本の政治経済の中心です。

大型商業施設にしても東京駅を中心に多くなっており、交通アクセスの便利さからも家賃は相応の額になってしまいます。

ただ、庶民が日常生活を送るために住むような街ではなく、千代田区に住みたいという人もそうそういないかと思います。

千代田区の主要駅は、東京駅、大手町、日比谷、霞ヶ関、国会議事堂前、永田町、半蔵門、九段下、神保町、御茶ノ水などがあります。

2位:渋谷区(ワンルーム≒100,000円、1K/1DK≒108,000円)

渋谷区の家賃相場

渋谷区の主要駅でもある渋谷、原宿、恵比寿、千駄ヶ谷、代官山、広尾、代々木上原辺りはお洒落な街の代名詞です。

最先端のファッション、そして都会ながらもその落ち着いた街並みが人気で、家賃が高騰しています。

ただ、渋谷区はアパレルや美容室などの商業施設も多く、全体的にはアパートやマンションなどの入居物件自体が少ないようです。

まさに需要が高いことから、家賃が必然的に高くなっています。

渋谷区北部にある初台、幡ヶ谷、笹塚あたりは渋谷区の中でも比較的家賃が安く、庶民でも住みやすい街として人気があります。

1位:港区(ワンルーム≒126,000円、1K/1DK≒118,000円)

港区の家賃相場

港区は、東京23区内にあるあらゆる高級住宅街を代表する地域になります。

地形的には全体的に高台が多く、坂が多い街となっています。

主要駅としては、麻布十番、表参道、青山、六本木、赤坂、高輪、虎ノ門、白金台、三田、浜松町、新橋、汐留、品川、台場などがありますが、どの地域も有名ですよね。

中でも、麻布周辺の家賃相場は日本でトップクラスに高いです。

世界各国の大使館や世界を代表するトップ企業があります。

また、東京タワー、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、虎ノ門ヒルズ、各民放キー局、お台場など、東京を代表するランドマークもたくさんあります。

六本木ヒルズ、麻布十番

まさに東京の中の東京といったところで、世界の東京を代表している国際色豊かなエリアでもあるのです。

六本木には芸能人や社長たちが利用する格調高いお店も多く、相応の年収の人でないと利用しづらい雰囲気さえあります。

誰もが憧れるいわゆるハイソな街ですから、その人気に応じて家賃相場は突出して高くなっているのが実情です。

渋谷区と同様に、やはりそもそも賃貸物件の数が少ないこともあり家賃相場の高騰に拍車をかけています。

ちなみに、売れている有名芸能人の多くは、この港区の高層マンションに住んでいると言われています。

なお、ワンルームにした方が1Kよりも10,000円近くも高くなるのは、主にワンルームの物件数が少ないことによります。

ただ、このような地域であっても条件さえ下げて探してみれば、もっと安い物件ももちろんあります。しかし、やはり最低でも100,000円は超えてしまうようです。

まとめ

東京の家賃相場まとめ

東京23区の家賃相場の平均を取ってランキングにすると、以上のような結果となりました。

家賃相場が高くなる街の傾向として、人気のポイントは以下であることが分かります。

  • 街の立地
  • 交通の利便性
  • 街の治安
  • お洒落な街

また、23区内であっても、少しだけ場所を変えれば想像以上に安く住めることも分かりました。

そして同じ区の中であっても最寄駅によって家賃相場は変わり、物件の築年数、設備の状態、駅からの距離、日当たり等の条件次第でも大幅に上下するものです。

どうしても人気のエリアに住みたければ、条件を下げて探せば安い物件も見つかるかもしれません。

たとえば、近くに銭湯があるのであれば、風呂なしトイレ共同物件にすれば相場の半額ぐらいの家賃で住むことも可能です。

住まいを決めるのに何を優先するかはその人の価値観によるので、自分が何を求めているのかをよく考えてから物件探しをしましょう。

ここで紹介した家賃相場は、あくまでも概ねの平均家賃相場として参考にしてみて下さい。

東京のお部屋探し!条件を相談できるアパート・マンション物件
理想のお部屋が届きます!【家AGENT+】

 

一人暮らしの家賃の目安はどれぐらい?

東京23区の治安ランキング!トップとワーストは果たして…



  • このエントリーをはてなブックマークに追加