今が旬!東京を観光するならここがおすすめ!

今が旬!東京を観光するならここがおすすめ!

日本の首都『東京』というところは、本当に何でもあります。

それは、食べ歩きにしても観光スポットにしても然りです。

どこをどう巡ろうか、考えたらキリがありません。

誰もが知ってる歴史的な定番スポットもあれば、隠れた穴場だって数多くあり、見所に事欠きません。

スポンサーリンク

今回ここでは、個人的にお気に入りのスポットだけを厳選して挙げてみます。

まず東京を知るには、東京の歴史文化の中心とされる上野浅草方面の下町から訪ねてみることをおすすめします。

ここには今が旬のスカイツリーもありますから、見所を一挙に観光できます。

では、東京観光のおすすめスポットを順番に紹介していきたいと思います。

江戸東京博物館

江戸東京博物館

まずは、この江戸東京博物館。

相撲で有名な両国国技館に隣接しています。

江戸時代から昭和までの東京にまつわる文化財の収集、保存、展示を目的に1993年オープンした比較的新しい施設です。

昔の東京の町並み、歴史文化を紹介しています。

呼び物の日本橋や中村座は実物大の模型にして展示しています。

その他、江戸城-本丸・二の丸御殿等の模型もあります。

模型だけでなく、浮世絵摺りなども充実しています。

明治維新から関東大震災、東京大空襲等の様子も展示していますので、時代を超えて人々の生活ぶりを伺えます。

企画展は、江戸や東京の文化に留まっていません。

考古学、手塚治虫、水木しげる等の漫画家、フランスやロシア等の美術品に関する展示等と幅広いのも特徴的です。

スポンサーリンク

上野公園にある各種美術館・博物館

上野公園にある美術館・博物館

国立科学博物館

地球館と日本館とがあります。

地球館では、恐竜の剥製、零戦、人工衛星等の人類と自然の歴史を展示しています。

日本館では、日本の自然の歴史等を展示しています。

東京国立博物館

日本を含む東洋の美術品、考古品を展示しています。

国宝、重要文化財も多々、収蔵されています。

上野の森美術館

1972年に開館しました。

オリジナルな企画展が特徴で、利用目的も美術にこだわらずに書道等の展示も行われています。

国立西洋美術館

中世末期~20世紀初期の西洋美術作品を展示しています。

ロダン、モネ、ルノワール等のヨーロッパ近代美術の巨匠の作品もあります。

東京スカイツリー・スカイツリータウン

東京スカイツリー・スカイツリータウン

東京を観光するのなら、『スカイツリーに行かずして帰る訳にはいかない』と言われるほどの新東京シンボルになりました。

これまでは高さ333メートルを誇る東京タワーが有名でしたが、現代では約2倍の高さがある634メートルの東京スカイツリー。

そしてこの近辺には、他にも下町の観光スポットが豊富にあります。

短時間でいろいろ巡りやすいので、おすすめです。

展望台から関東平野を一望してみなくては、東京に行ったことにはならないとさえいわれてます。

その足元にあるのが、スカイツリータウンです。

東京ソラマチは大型ショッピングセンターで、お土産、ファッション、グルメが目白押しのスポットです。

他にも、博物館やプラネタリウムもあります。

また、すみだ水族館もあり、都内の真ん中に居ながらペンギン等の珍しい生き物の生態を鑑賞できます。

スポンサーリンク

浅草寺

浅草寺

国際的にも有名な観光スポットです。

参拝者は年間3,000万人にも達するといわれます。

都内で最も古く1,400年近くの歴史のある寺です。

よくTVにも登場する雷門大提灯の門構えをくぐってみましょう。

徳川家康が幕府の祈願所に指定していたこともあります。

東京下町文化は、ここにあるといったスポットになっています。

境内には五重塔や本堂の天井絵等も見どころです。

また、時期によっては、ほおずき市や羽子板市等イベントも多彩です。

関連記事

⇒ 浅草を観光するなら、まずは雷門と仲見世のある浅草寺から!

⇒ 東京で身近なパワースポットをお探しなら、浅草へ。

⇒ 一度は乗ってみたい!東京浅草の隅田川にある水上バス

アメ横商店街

アメ横商店街

JR上野駅から御徒町駅までのガード下に広がっています。

その歴史は戦後の闇市にあり、現在でも数百の商店がひしめき合っています。

種類も多い、品も多い、値段も安いといい事尽くめで有名な商店街です。

年末のおせち用の食材を買い求める光景が知られていますが、それだけではありません。

普段から新鮮な魚介類等の食材はもちろんですが、あらゆる商品が売られています。

乾物、化粧品、貴金属、輸入雑貨、衣類等と何が売られているか行ってみなければ分からないほどです。

関連記事

⇒ 東京の北の玄関口『上野』にある下町商店街『アメ横』

豪徳寺

豪徳寺

この頃の観光は、人には知られていない穴場スポットにも人気があるようです。

上野浅草からは離れた世田谷にある曹洞宗の寺で、500年以上の歴史があります。

最寄駅は小田急線のその名も豪徳寺。

見どころは、招き猫です。その数はとても数えられるものではありません。

一歩入れば、おびただしい数の招き猫が待ち受けています。

猫の好きな人には、特におすすめです。

その由来は、彦根藩主だった井伊直孝が鷹狩の帰りの道中、この寺の飼い猫に手招きされたことにあります。

そこで、この寺で一息入れていたところ、天候が急変し雷雨になったそうです。

それもこの寺の猫のおかげと、招き猫を祀ったのが招き猫の始まりだそうです。

井伊家の菩提寺となった豪徳寺の豪徳とは、井伊直孝の戒名の2文字を取ったものです。

まとめ

東京の観光スポットは、全て見て回ろうとすれば大変な事になります。

あれもこれもと欲張ったところで回り切れず、中途半端に挫折するだけです。

自分でテーマを決めてスケジュールを組まなければ、良い観光はできません。

もちろん、今回紹介した上記のような「歴史文化を訪ねる」だけではありません。

  • 「原宿・表参道や青山などのファッショナブルな街並みを堪能する」
  • 「登山客世界一の高尾山を探索する」
  • 「グルメ、名物を食べ歩く」

等、さまざまな見所があります。

旅行代理店では、それぞれの趣味・嗜好や所要時間に応じたモデルコースの案内も数々されています。

お手軽なバスツアーも企画されていますので、乗ってみるのも良いでしょう。

東京ほど自由なプランを立てて観光できる土地はないので、自分なりにアレンジしてみるのも楽しくておすすめです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加