東京で昔懐かしの路面電車『都電荒川線』に乗ってみよう!

東京で昔懐かしの路面電車『都電荒川線』に乗ってみよう!

『都内に住んでいるのに都電に乗ったことがない』

『都電の独特な雰囲気がたまらなく好き。一度は乗ってみたい』

私もそう思っていた一人でした。

昔懐かしい昭和の風景に回帰してみたくなる年頃です。笑

ところで、都電に限らず路面電車は全国には沢山ありますよね。

広島や長崎を始め、岡山、富山、松山、熊本、高知、札幌、函館辺りが有名なのではないでしょうか?探せば他にもあるかと思います。

東京にも、実は路面電車は二つあります。

『え?ひとつじゃないの?』と思いがちですよね。私もそう思っていたんですが…

スポンサーリンク

正確には、都電は『都電荒川線』のひとつしかありませんが、路面電車は他にも東急世田谷線もあるのです。

その昔、都電は都内にいくつもの路線が張り巡らされていましたが、そのほとんどが廃止され、今となっては都電荒川線のみが残る形となりました。

今回は、そんな都内で唯一現存している都電、都電荒川線を紹介したいと思います。

都電荒川線の路線図

都電荒川線路線図

出典:東京都交通局

都電荒川線は、東京23区内の新宿区『早稲田駅』から台東区『三ノ輪橋駅』にかけて運行している路面電車です。

古き良き時代とでもいいましょうか、なんとなく昔懐かしい雰囲気がありますよね。

古き良き時代、昔懐かしの雰囲気がある都電荒川線

具体的には、新宿区⇒豊島区⇒北区⇒荒川区⇒足立区⇒荒川区⇒台東区というように、東京23区でも北側に位置しています。

全30駅、早稲田~三ノ輪橋間を約1時間かけて運行しています。

  • 早稲田
  • 面影橋
  • 学習院下
  • 鬼子母神前
  • 都電雑司ヶ谷
  • 東池袋四丁目
  • 向原
  • 大塚駅前
  • 巣鴨新田
  • 庚申塚
  • 新庚申塚
  • 西ヶ原四丁目
  • 滝野川一丁目
  • 飛鳥山
  • 王子駅前
  • 栄町
  • 梶原
  • 荒川車庫前
  • 荒川遊園地前
  • 小台
  • 宮ノ前
  • 熊野前
  • 東尾久三丁目
  • 町屋二丁目
  • 町屋駅前
  • 荒川七丁目
  • 荒川二丁目
  • 荒川区役所前
  • 荒川一中前
  • 三ノ輪橋

1時間で30駅ということは、1駅あたり2分。歩いても行ける駅間ですね。

実際に乗ってみると分かりますが、バスのようにゆっくりと走行しています。

やはり路面電車だけに、一部で車と同じ道路部分を走行したり信号で止まる部分もあったり、また渋滞にも巻き込まれたりと、まるでバスと同じです。

スポンサーリンク

都電荒川線の乗り方

都電荒川線の乗り方

  • 『都電には乗ってみたいけど、乗り方が分からない…』
  • 『恥ずかしい思いをしたくない』

このように思っている人は多いのではないでしょうか?

私も最初はそうでした。

都電に乗ってみたい気持ちはあったのですが、どうやって乗ったらいいのか、どのように切符を買えばいいのか分からず、心の準備が出来ていませんでした。

たかだか乗り方が分からないだけで無駄に緊張してしまうっていう…。笑

東京に来て、初めてバスに乗った時と同じような不安を感じましたね。まさにフラッシュバック。

  • 『前から乗るのか、後ろから乗るのか。降りる時は?』
  • 『整理券はあるの?』
  • 『運賃の支払いはどうすれば?両替もできるの?』

このように色々と思い出してしまったわけですが、そんな心配は要りません。

都電の乗り方はとても簡単!

都電の乗り方はとても簡単。

都電の乗り方は、都内を運行している均一料金のバスと同じ乗り方です。

  1. 前から乗る。
  2. 料金を運賃箱へ。
  3. 次の駅で降車する場合はボタンを押して、後ろから降りる。

支払いはsuicaやpasmoなどのICカードの利用も可、お札での支払い・両替もできます。

なお注意点ですが、王子駅前のような一部の駅では、ホームの入り口に駅員さんが立っているのでその場で先に支払いを済ませます。

なぜ駅によって違うのかは、恐らく混雑する駅だから乗り降りをスムーズにするためなのでしょうね。

あと、もし支払いが小児運賃や割引運賃である場合は、先に車掌さんに伝えましょう。

スポンサーリンク

都電荒川線の運賃

運賃は一回の乗車で大人170円(12歳・中学生以上)・子供90円となっています。

その他に、定期券、回数券、一日乗車券などもあります。

もし観光などで一日に何度も乗り降りしたい場合は、一日乗車券が400円となっているのでかなりお得になります。

一日使って都電荒川線巡りをするのも楽しそうですね。その際はぜひ一日乗車券を忘れずに購入しましょう。

都電荒川線の時刻表と終電

時刻表は、日中は大まかに6~7分刻みとなっています。

早朝などの時間帯によっては10~15分刻みになります。

いずれにしても電車のように数分刻みで運行しているので、時刻表を確認しなくてもさほど待たずに乗ることができます。

各駅の時刻表はこちらの東京都交通局の時刻表を確認して下さい。

なお、終電は早稲田駅発荒川車庫前行きで23:04、三ノ輪橋発荒川車庫前行きで23:14分となっております。

最後に

いかがでしたか?

都電に乗ってみたくなりましたでしょうか?

いまや東京では山手線を始めとしたJRや私鉄各線が無数にあるので、生活の上で都電を必要とする機会がない人もたくさんいるかと思います。

都電は、観光で下町をぶらりと散策するにもノスタルジック感があってとてもおすすめの乗り物ですよ。

まるでバス感覚なのですが、バスとはまた違った良い雰囲気があります。

ぜひこの機会に一度は都電に乗ってみて下さいね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加