水天宮のお宮参りは、戌の日に安産祈願をする!

水天宮のお宮参りは、戌の日に安産祈願をする!

水天宮は安産祈願で有名な神社です。

福岡県久留米市にある水天宮が本殿で、都内では東京都中央区にありますがこちらは分社となっています。

安産祈願や子宝に恵まれるために、久留米までお宮参りに行く人もいますが、東京からだとかなりの距離があるため、都内にある水天宮で参拝を済ませる人も多いです。

今回は、東京都中央区にある水天宮について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

水天宮の地図と交通アクセス

水天宮の地図と交通アクセス

  • 東京メトロ半蔵門線『水天宮前』、『人形町』
  • 都営新宿線『浜町』

水天宮の住所は、東京都中央区日本橋蛎殻町二丁目4-1となります。

子宝・安産祈願の水天宮

東京都中央区の水天宮

福岡県久留米市にある久留米水天宮を崇敬していた藩主・有馬家の9代目である有馬頼徳が、1818年に久留米藩江戸上屋敷内に分社を建立したのがルーツ。

祭神は久留米の宮と同様に天御中主神・安徳天皇・高倉平中宮・二位の尼です。

1872年に有馬家中屋敷のあった日本橋蛎殻町に移転し、今に至ります。

江戸遷座200周年記念事業の一環で社殿と社務所を改築するため、2013年より日本橋浜町に仮宮が設けられています。

新社殿の完成は2016年の予定となっています。

水天宮にお宮参りに行こう

水天宮にお宮参りに行こう

水天宮は江戸時代より、安産祈願および子授け祈願成就の神として信仰を集めています。

妊娠を望む夫婦や不妊治療をしている夫婦、出産を控えた妊婦、無事出産できたお礼参りなどで参拝者が次々と訪れることで知られています。

妊娠したら水天宮にお宮参りに行く芸能人も多く、度々メディアで報道されています。

戌の日に安産祈願

安産祈願は戌の日に

妊娠5か月目になると十二支の戌にあたる戌の日に、腹帯(岩田帯)を締めて母子の健康を祈願する「戌の日参り」「戌の日祝い」が有名です。

これは、戌のお産が比較的安産であることにあやかったものと言われています。

年に何度もない「戌の日・休日・大安」が重なる日は、どこの神社も混み合いますが、水天宮は特に大混雑で、入場規制が敷かれるケースもあります。

事前予約は受け付けておらず当日のみで、申し込みから祈願の所要時間は1時間~3時間程度です。

スポンサーリンク

手順としては、神札所で初穂料3,000円を納め、妊婦の名前を短冊に記載してもらいます。

御子守帯の初穂料は4,000円で、昔ながらの綿素材の腹帯とお守りがセットになっています。

短冊を社殿内で渡し、祈祷してもらいます。

代理の方の参拝や、遠方からの郵送申し込みも可能です。

子宝いぬ

子宝いぬという戌の母子の像があり、十二支の石が囲っています。

水天宮子宝いぬ

自分の干支に該当する石をなでながら子宝、安産、子供の健やかな成長を祈ると叶うと言われています。

現在、神殿建て替え中のため子宝いぬは水天宮駅直結のロイヤルパークホテルに移築されています。

この子宝いぬをモチーフとした子宝丸せんべいが新しいグルメ・お土産品として水天宮や人形町界隈でもてはやされています。

安産祈願や子授け以外にも、もともと水難除けの神様としても有名なので、海上安全、航海安全を祈る参拝者も訪れます。

これは、祭神である安徳天皇と二位の尼が壇ノ浦の戦いで敗れ入水したことによります。

航海の安全を祈願し、境内には和船のいかりが祀られています。

また、泳ぎの得意な安産子育て河童の像も鎮座しています。

水天宮のランチなら元祖親子丼の玉ひでがおすすめ

東京メトロ半蔵門線水天宮駅からお隣の人形町駅に向かった途中にある超有名店、『玉ひで』『元祖親子丼』がグルメの人たちに人気があります。

水天宮のお宮参りが済んでから、徒歩で移動するにはちょうど良い距離にあります。

夜の平均予算は10,000円~という決して安いお店ではありませんが、ランチであれば1,500円で元祖親子丼が食べれますのでお得です。

この玉ひでは、テレビや雑誌などのメディアでも親子丼発祥の老舗店として紹介され、創業はなんと1760年だそうです。

まさに人形町・水天宮ならではのグルメ『元祖親子丼』を味わうことができますので、ぜひ一度足を運んでみて下さい。

スポンサーリンク

グルメな人には人形町今半がおすすめ

地図を見ても分かるように、上記の玉ひでのすぐ近くに、『すき焼き・しゃぶしゃぶ』の老舗でこれまた有名な『人形町今半』人形町本店があります。

こちらも明治28年創業という歴史があり、 下町風情溢れる数寄屋造りの料亭のお座敷で、すき焼きやしゃぶしゃぶが堪能できます。

なお、1階は鉄板焼ステーキの『喜扇亭』となっています。

どちらも高級料亭なので決して安くはありませんが、グルメな人からの評価も非常に高く、日本を代表する老舗として有名です。

なお、ランチから営業していて、お弁当やお惣菜などの販売もしています。

まとめ

以上のように、水天宮は夫婦とその生まれてくる子のための神社でもあります。

妊娠した夫婦は安産祈願、子宝に恵まれたい夫婦は子授け祈願、そして無事出産したらお礼参り。

関東近郊にお住まいの方は、水天宮は立地も良くさほど遠くありませんので、ぜひ夫婦で参拝に訪れてみて下さい。

当日は混み合いますので、くれぐれも妊婦の負担にならないように計画しましょう。

福岡に行く機会があれば、久留米市にある本殿のお宮参りをするのもおすすめです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加