子育てしやすく緑豊かな『杉並区』の住環境とは?

子育てしやすく緑豊かな『杉並区』の住環境とは?

杉並区は、東京23区の西部に位置します。

北に練馬区、東に中野区、南に世田谷区、西に武蔵野市と都心から郊外への架け橋的存在になっています。

自然にも恵まれていて、新宿にも近く都心へ働きに出るにも便利な住宅地が広がっています。

ほぼ全域が武蔵野台地になっていて、高台沿いに東西に甲州街道と青梅街道という主要な交通網が発達してきました。

神田川や善福寺川が流れていますが、勾配が緩いため水害のおそれもあると言われています。

戦前から住宅地として開発されてきた歴史ある住宅街の住環境には優れたものがあります。

スポンサーリンク

それだけではなく、中央線沿いにはその独特のカルチャーから若者に絶大な支持をされています。

もう少し具体的に以下のような点について触れてみたいと思います。

交通の便

杉並区交通の便

区内を走っている鉄道と停車駅は、以下の通りです。

東日本旅客鉄道(JR東日本)

  • 中央本線(高円寺駅、阿佐ケ谷駅、荻窪駅、西荻窪駅)

京王電鉄

  • 京王線(八幡山駅)
  • 井の頭線(永福町駅、西永福駅、浜田山駅、高井戸駅、富士見ヶ丘駅、久我山駅)

西武鉄道

  • 新宿線(下井草駅、井荻駅、上井草駅)

東京地下鉄(東京メトロ)

  • 丸ノ内線(方南町駅、東高円寺駅、新高円寺駅、南阿佐ケ谷駅、荻窪駅)

北部には西武新宿線、中央にはJR中央線、南部には京王井の頭線が横切っています。

停車駅の数も多いので、区内に住んでいて鉄道が利用しづらいという地域はあまりありません。

南北方向へのアクセスには、市営バス「すぎ丸」が便利で、1回100円でどこまで乗れます。

スポンサーリンク

住宅街

住宅街

杉並区は、昔から全国的にも名の知れ渡った住宅地でした。

関東では、鎌倉と並んでその人気を分かち合ったものだったのです。

ですから武蔵野台地上に開発された住宅地は、区画割りも余裕を持ってされているのです。

南部の京王線沿いにある浜田山、永福、善福寺等の住宅街は、高級住宅にもゆとりあるスペースが維持されています。

東京でお金持ちが住んでいる高級住宅街と言えば?

区全体で見ても住宅を優先した街づくりをしているため、人口の多さと面積の割に、窮屈感もなく余裕が感じられるのです。

今では、中央線沿いに並んだ高円寺、 阿佐ケ谷、荻窪が特に人気のある街になっています。

駅前の商店街も充実していて日常生活が安くできる店がたくさんあります。

阿佐ヶ谷商店街

居酒屋やバーも多くて、住んでいながらその場所で楽しまるスポットも豊富です。

新宿や吉祥寺に遊びに行くにも交通の便が良く魅力的です。

それだけでなく、ここにしかない文化があるのは見逃せません。

高円寺は、古着屋、雑貨屋、ライブハウス等の若者志向の街です。

一人暮らしの若者に人気!昔ながらの人情味がある『高円寺』

荻窪付近には、半世紀も前のカルチャーを今に伝える店が並んでいるのです。

住んで良かった街『荻窪』ラーメン好きにもおすすめ!

そういった空気は付近の街にも浸透しているのが感じられます。

若者らしく自由に文化をアピールしている下町的雰囲気にも大きな魅力があるのです。

スポンサーリンク

犯罪発生件数は23区内では多めなので治安が気になりますが、区の面積が広いためその分人口も多く、人口割合にしてみれば23区内では低い方になります。

東京23区の治安ランキング!トップとワーストは果たして…

空き巣等の起こりやすい高級住宅地付近を避ければ、比較的安心な地域になっているのです。

空き巣の手口とは?自宅の防犯対策ポイント5選

人口

2010年における調査では549,723人と、23区内でも上位につけています。

昼間人口は夜間人口のおよそ0.8倍になっています。

立地条件の良さから、都心方面へ勤める人の居住地としての色彩が濃いといえます。

行政

杉並区役所

杉並区は、2000年に入ってから地域の課題にオリジナルな施策を打ち出し積極的に立ち向かっています。

防犯対策として、防犯カメラの設置運用にかかる基準を条例で規定しました。

安全パトロール隊を発足させることにより、犯罪発生件数の減少にも取り組んでいます。

待機児童問題にも積極的で、不足する保育所を増設して、待機児童数も大幅に減らすことに成功しています。

教育面でも斬新な制度を導入しています。

都内の公立中学校では、初となる民間人校長を誕生させています。

小学校低学年では、30人学級制度を導入しました。

教師養成塾「杉並師範館」を開館して教員のレベルアップを図っています。

この他にも、地域振興策として「産業経済課アニメ係」を設置してアニメで地域産業を支えようとしています。

役所にありがちな横並び思想に染まらず、自らの発想による行政は全国的にも注目を浴びています。

まとめ

杉並区は、副都心新宿の近郊に位置していて、それだけでも人口が維持されるのは明らかな地域です。

古くから開けた住宅地でもありますが、現代の住宅地へと新旧の良さを混在させながら変貌もしています。

他の区も魅力ある発展を続けていますが、住んでみたい区として人気ぶりをさらに高めています。

それは、若者好みの新しい住環境の誕生だけによるものでもありません。

行政が、住人の暮らす上での安全安心、子育て等の基本的な問題を自らの施策により解決しようとしていることにもよるのです。

さらに、街に新しい魅力も生み出そうとしていることでも評価の高い区になっています。

中央線の穴場!大人な街で住みやすい『阿佐ヶ谷』

カフェやパン屋、そしてアンティークで有名な『西荻窪』



  • このエントリーをはてなブックマークに追加