ワンルームで狭い?一人暮らしの収納のコツ

ワンルームで狭い?一人暮らしの収納のコツ

一人暮らしの部屋は、なぜか狭苦しいのが常です。

それほどの荷物がある訳でもなくても、なんとなく乱雑なイメージがあります。

一人暮らしはワンルームや1Kタイプの部屋が普通ですから、部屋のスペースの狭さの問題もあるかと思います。

スポンサーリンク

ですが、それ以上に狭さが感じられるような気がしませんか?

その問題はどこにあるのかを考えてみると、収納にあることが分かります。

その原因と対策をして部屋がスッキリすると、仕事も私生活も充実するようになるから不思議ですよね。

メンタル面から健康的になり、無駄な物を買う気がしなくなって貯金も増えたり、いいことばかりです。

収納には基本テクニックがありますので、それを踏まえるだけでも随分違います。

どのようなテクニックなのか、少しだけ収納のコツを紹介してみます。

とにかく要らない物を減らす

とにかく要らない物を減らす

どこをどう工夫したとしても、要らない物がそれ以上に多ければ、収納のテクニック以前の問題です。

ですが、物を減らすというのにもまたテクニックが必要です。

要らなくなったのは分かっても、「また使うことがあるかもしれない」と、ただ大事に持っておくのはいけません。

不用品がそこに置いてあるというのは、それだけで空間を損失しているのと同じことです。

もし後々必要になることがあれば、必要になったその時にまた新たに揃えれば良いのです。

収納の基本となるこの考え方を理解しておきましょう。

最近はリサイクルショップも増えていますので、持って行けば捨てるよりは気が楽なものです。

スポンサーリンク

断舎離を身につけよう

無理をすることもありませんが、「断舎離」をするというのも収納には欠かせません。

愛着のある物への執着心から解放される断舎離によって得られるのが、収納の良い部屋なのです。

また、人としての生き方にも良い習慣が生まれます。

いつまでも過去にとらわれず、常に新しい自分を見ていられるようになります。

断舎離が習慣になると、もう物を散らかすことがなくなります。

必要の無い物を見つけ出し、捨てるか正しい場所に収納するかの判断ができるようになっていくのです。

これができないと、いくら片付けをして綺麗に整理されても、それは一時的なことに過ぎなくなってしまいます。

収納スペースを増やす

収納スペースを増やす

物の量が一定以下になるとともに、その物に見合ったサイズの収納スペースを確保していきましょう。

物が散らかってしまうのは、何がどこにあるのか分からなくなるからです。

同じような物があちらこちらに収納されていると、どこに収納しようか定まらなくなります。

頻繁に使う物であれば収納場所は覚えているものですが、そうではない物の収納場所などは記憶の彼方に消え去っているものです。

結果、収まりどころの良くない物がそこらじゅうに散らかっていくという訳です。

ですから、物の種類別に置き場所を決めておくことが先決になります。

例えば、大分類としての文具類は棚の下の段に集中させておいて、小分類としてのファイルやノート類はその右端の方といった感じです。

しかし、絶対的に収納スペースが不足していれば、収納ボックス等を準備しましょう。

一人暮らしの部屋は決して大きくはありませんので、収納ボックスが大き過ぎるとまた無駄な物が入って来てしまいます。

日常的に使わないものは、クローゼットや押し入れに入れてしまいましょう。

スポンサーリンク

収納方法を工夫する

収納方法を工夫する

一目で何がどこにあるのか、すぐ分かる状態にしておくことが収納方法の基本です。

例えば、悪いケースとしては「山積み」。

これは底には何があるのか、積んでいる物を動かさなければ分かりません。

机の上に書類が積み上げられていると、何もする気がしないのと同じことなのです。

必要になった時にすぐに取り出せる状態にあるというのは、なぜかやる気が湧き上がります。

あまり必要になることの少ない物は奥の方に仕舞い込むことで、身の周りもシンプルになります。

一人暮らしではワンルームの部屋が多いですから、人のいるスペースは限られたものになりますので、そこに置ける収納ボックスも限られてしまいます。

空間を上手く利用する

そこで壁掛け方式による収納を駆使すると、かなりの空間を無駄なく使えます。

特にキッチン周りにおけるキッチン用品は、壁に掛かっていると探すことなくすぐに使えます。

100円ショップ等で小物を買って工夫すれば、収納スペースが次々と空間に作ることができます。

冷蔵庫や収納ボックス等の側面も壁と同じように、収納空間として使えます。

クローゼットやベッドには、使われていない空間もあったりします。

探せば狭い部屋でも収納空間は見い出せることもありますので、工夫して収納を作り出しましょう。

まとめ

収納が上手くできていない人は、部屋が狭いことを理由にしてしまっていることが多いのではないでしょうか。

でも、狭いなら狭いなりに工夫して収納をすれば良いだけです。

  • 物を減らす。
  • 収納スペースを増やす。
  • 収納方法を工夫する。

この三位一体となった収納を心がけることで、収納の悩みからは解放されるかと思います。

⇒収納もタダじゃない!断捨離のコツは服を処分することから

⇒部屋を片付けられない人急増中!片付けのコツとは?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加