雑菌だらけかもよ?染み付いた靴の臭いを消す方法5選

雑菌だらけかもよ?染み付いた靴の臭いを消す方法5選

靴が臭くないのは、「買った時だけ」と言われているぐらい、臭いが染み付きやすいものです。

新品の場合は、臭いではなく布やゴムの匂いがするはずなのに、どんなに清潔好きの人で足の指の間まで毎日洗っている人でも、履いているうちにだんだん臭くなってしまいます。

酷い場合は、玄関に靴置があるだけで、家の入口が臭く感じる事もあるそうです。

靴がそこまで臭くなるのは、足の水分が吸収されてそこから発生した雑菌バクテリアが原因になっています。

放置しておくと、いよいよ臭いは染みついていき、その臭いは、靴下から足にまで進出してくるのです。

足自体は綺麗にしているのに、靴を履く度に臭くなるのは嫌ですよね。

会社の飲み会なんかで御座敷に上がる時はドキッとします。笑

また、靴底の消耗もそれほどしていないのに、洗っても取れない臭いのためにまだ使える靴を廃棄してしまうことも珍しくありません。

臭いが付いてしまった度に新品に取り換えるのは経済的ではないし、靴はお洒落の基本と言われているだけあって決して安い買い物でもありません。

ここでは、そんな厄介な靴の臭いを簡単に取れる方法をいくつか厳選して紹介します。

天日で干す

天日で干す

これは洗濯物と同じように、日光を浴びせることがポイントです。

乾かせばいいのではなく、日光から発せられている紫外線を浴びせることが目的で、その紫外線によってあらゆる雑菌が除菌されます。

同時に雑菌の繁殖環境となりやすい靴の内側の湿気もとれて、靴全体の通気状態も改善しますので、バクテリアの繁殖を予防できます。

これが第一の方法です。

これを定期的に忘れず繰り返していれば、ある程度以上のバクテリアの増殖は抑えられます。

臭いは積み重なると、この方法でも手に負えなくなりますので、定期的に行うことがポイントです。

臭いの元となる症状は軽いうちに治すのがとても大切で、毎日のように履く靴は、特に頻繁に干しましょう。

また、通気性の悪いタイプの靴、内側がスポンジになっている靴、内側が深いブーツ等も要注意です。

天然皮等の材質によっては、紫外線を控えた方が良い靴もありますのでこの場合は、日陰で干しましょう。

水洗いする

水洗いする

時間があれば、洗剤で水洗いすると洗剤の良い匂いも付きます。

もちろん汚れも落ちますので、見た目も綺麗になりますし、バクテリアも洗剤には弱いものです。

普段は天日干しの紫外線効果だけでもかまいませんが、汚れが気になりだしたら早めに洗剤で水洗いをおすすめします。

その気になれば洗濯機で洗うこともできますが、革靴やパンプス・ハイヒール・ブーツなどは型崩れしてしまうリスクが大きいので、大切な靴は手洗いしましょう。

水洗いの後は天日干しをすれば、W除菌となり効果も倍増します。

ただ、靴の芯まで乾くのにかなり時間がかかりますので、水洗いの後は新聞紙等を中に詰めておくと乾燥が早くできます。

天気の良い休日の朝から始めれば、翌日には快適な靴を履いてスタートできますのでおすすめです。

なお、靴の材質によっては、洗剤が使えない靴や水洗いだけに控えた方が良い靴もあります。

この場合は、洗ってしまうと型崩れの原因になりますので濡れ雑巾等で軽く拭く程度にしておきましょう。

消臭スプレーをかける

消臭スプレーをかける

最近の消臭スプレーはとても性能が向上しています。

以前のタイプは臭いに対して良い香りを付けてマスキングするだけでしたが、今はしっかりと除菌出来るようになっています。

よくありがちな、靴の消臭スプレー特有のガス臭も発生しません。

ホームセンターや靴の店には必ず置かれていますが、安価なものではなくしっかりと殺菌機能のあるものであれば、臭いを原因から遮断してくれるのでおすすめです。

靴用の消臭スプレーを持っていなければ、部屋や衣服の臭い取り(有名どころではファブリーズやリセッシュ)スプレー等でも代用できます。

しかしこれはあくまで一時的な措置なので、材質によって水洗いも天日干しもできない靴には必須アイテムになります。

消臭除菌スプレーであれば、水洗いや天日干しのように手間も時間もかかりませんし、すぐに効果を発揮しますので急ぎの措置としても重宝されます。

靴を脱ぐ度に必ずひと吹きしておくとより効果的ですので、靴箱の隅に一本置いておきたい一品です。

身の周りのものを活用する

身の周りのものを活用する

今のように消臭スプレーがなくても、昔から以下のようないろいろな方法があったのでそちらも紹介します。

10円玉

これは昔から割と知られた方法で、最も手軽でもあります。

しくみとしては、10円玉に使われている銅によって銅イオンが発生して抗菌作用があるので、靴の中に入れて置くだけで効果があります。

乾燥剤

乾燥剤にはシリカゲルなどがありますが、よくお菓子袋の中にも入っていますので、捨てずに靴に入れておいても良いですね。

これはあくまで除湿するためのものなので、除菌効果はありません。

そういう意味では、10円玉と併せて入れて置くと良いでしょう。

新聞紙

臭いとともに水分も吸着してくれますので、バクテリアの繁殖環境を抑えます。

普段は履いていない靴や長く保存する靴の中に入れて置くといいでしょう。

備長炭は冷蔵庫の脱臭にも使われているほど消臭効果に優れています。

ただ、自宅に常備している人は少ないかもしれませんね。

コーヒー豆

あまりおすすめはできませんが、コーヒー豆は良い香りを付けやすいので、好みの方は試してみても良いかもしれません。

その他

わさび、レモン、重層等も抗菌作用が強いです。

靴専用の消臭グッズを使う

靴専用の消臭グッズを使う

今では、靴の専門店に行けば消臭スプレーだけでなく、いろいろな消臭グッズが並ぶようになっています。

脱臭剤としてそのまま靴の中に入れておくフレッシュボールが代表的なものです。

また、消臭用のインソールというものもあります。

スプレーのように一過性の対策ではないので、長期間の継続効果が認められています。

また、スプレーではなくパウダータイプの消臭剤も出ています。

これらのグッズは靴に特化して専用に作られているだけあって、非常に効果のある高いものばかりです。

消臭スプレーを使っているけど、それでも臭いが気になる方は専用の物に切り替えてみましょう。

まとめ

靴の臭いは、最初は自分は気が付きません。

それはだんだんと臭いが染み付いて発生するものだからです。

ある程度以上になってやっと気が付くのですが、その頃には周囲の人にとってはかなりきつい臭いだったりします。

これを防ぐには、日頃から天日干しや水洗いを習慣にしておくことです。

臭いに気が付いた時にあわてて水洗いや天日干しを始めても時間がかかりますので、即効性を求める時は、消臭スプレーに限ります。

それも手元になければ、昔ながらの10円玉を試してみましょう。

このような方法も想像以上に効果があり、普段から臭いを取っていれば、足も臭くなりにくくなります。

足の汗も靴の臭いを強烈に発生させている原因

足の汗も靴の臭いを強烈に発生させている原因

通常は靴が臭くなることによって足も臭くなると思いがちですが、逆に足の臭いが靴に移っていることも原因です。

汗っかきの人は特に足が臭くなりやすいので注意しましょう。

自分の足の裏が汗っかきで臭いが出やすい人は、根本から解消する必要があります。

93%が効果を実感!足のニオイ消しには『ノーノースメル』



  • このエントリーをはてなブックマークに追加