給料が少ないから…?貯金できない人の特徴5選

給料が少ないから?貯金できない人の特徴5選

かなりの年収がある人に貯金額を聞いたら「全くないよ…」という意外な返事をされることは少なくありません。

「謙遜して嘘を言っているんじゃないか」と疑ってみたりしますが、それは事実だったりします。

「給料が多いはずなのになぜなのか?普通の人と金銭感覚が違うんじゃないか?」と思ってしまうものです。

普通にお金を使っていれば、そのようなことにはならないはずです。

実は、貯金できない人には「ある共通する特徴」があることが分かっているのです。

これは、収入の多い少ないには関係ありません。

基本となるのは、その人の楽観的な性格からくるものによるということが言えます。

PR:
来店不要【女性専用キャッシング マイレディス】

逆に言えば性格の問題なので、考え方を少し変えるだけでも自然と貯金が増えていくこともありそうです。

具体的に5つのタイプを紹介しますので、思い当たるフシがある人はいつまでたっても貯金ができない傾向にあるのかもしれません。

自分が貯金できないタイプ、そうでなくても気になる点を見つけた場合は、それをぜひ一度認識してみて下さい。

それだけでも、だんだんと貯金額が増えていくはずです。

お金の大切さに気付いていない人

お金の大切さに気付いていない人

意外にも、真面目な人ほどお金のことを軽く見ていたりする傾向があります。

真面目に働いてさえいれば、いずれお金が後から付いてくるぐらいに思っているのかもしれません。

言い換えれば、将来の収入に自信のある人にありがちな傾向です。

そのため、目の前に欲しい物があれば今しかないとローンを組んでも買ってしまいます。

給料が入ればすぐに使いまわし、足らなくなったらカード払いというパターンも同じようなタイプです。

このような人は、貯金をするという必要をあまり感じていないので、日々自由に暮らしているという意味では羨ましいことです。

実際にそれを裏付けられる年収もそこそこにあり、家族持ちじゃない場合は余計にお金を自由に使えます。

環境的にも、自然と貯金する習慣をつける流れに持って行きにくい状態です。

このような人は、目先の生活ばかりでなくその先の将来をじっくり考えてみることです。

突然病気で動けなくなる可能性も0ではないし、働けなくなって収入が無くなるということもあり得るのです。

もしその時に貯金がなかったらどうしますか?

自信過剰にならず、弱い自分を冷静に客観的に見つめ直すだけで、貯金もすぐに増えていくと思います。

スポンサーリンク

そもそも節約生活が苦手な人

そもそも節約生活が苦手な人

わずかな収入でも貯金をするために、あらゆる節約方法を試している人も多いものです。

かと思えば、節約なんていうのは面倒だし、何もそこまでしなくても「その分稼げば良い」と考えている人もいます。

例えば同じ商品を買うにしても、店によっても時期によっても値段が違います。

しかし特に何も考えずに、思いついたらコンビニでスーパー並みに大量買いをしてしまう。

節約タイプの人は、よほど緊急でなければそのような買い物はしません。

日常の小さな食料品でも、日々繰り返しているとかなりの差が出てくることに気付く必要があります。

また、金額うんぬんの前に、そのような節約心の持ち用が貯金に直結していくということも理解する必要があります。

⇒計画的に増やそう!一人暮らしでも貯金できるコツとは?

借金に抵抗のない人

借金に抵抗のない人

借金には縁のないしっかりした人もいますが、借金も決していけないとばかりには決めつけられません。

たとえば、商売を始める際の元手として金融機関から融資を受けても、将来しっかり返済できればそれは良い借金です。

ただ、それもしっかりしたプランニングがあってこその借金です。

それを勘違いして「お金がなければ借金すれば良い」と借金に慣れてしまうと、日常生活が借金生活に染まってしまいがちになります。

しかし、慣れてしまっているがゆえに、本人にしてみれば借金をすることにまったく抵抗を感じないのです。

これも将来のことを一度考え直してみれば、随分改善されるものです。

スポンサーリンク

時間を守れない人

これは、まさに「時は金なり」の発想がない人のことです。

決められた時間を守るというのは、ルールを守るということです。

ルールが守れない人は、お金を使うルールも守れません。

毎月の出費を決めた予算内で使おうとしても、簡単に破ってしまいがちです。

「来月、使わなければ大丈夫だから」と自分に言い訳してしまうのですが、来月もまた同じことを繰り返すだけでしょう。

つまり、自分の行動に自分で規制がかけられないということです。

お金を財布から出す前に、必要なお金なのかどうかのワンクッションを置くと、無駄遣いも減るようになります。

趣味に没頭している人

趣味に没頭している人

趣味にも色々ありますが、特にファッションにはまっている人は要注意!

これは、常に最新のファッションに身を包まないと気がすまない傾向があります。

一般には若い女性に多いタイプで、化粧品などの美容用品にしても同じです。

他にも車やバイクなど、やたらお金がかかってしまう趣味を持っている人はほどほどにしましょう。

エスカレートするとそのうち限度なく使うようにもなりかねませんから、どこかで歯止めをかける必要があります。

まとめ

このように並べてみると、貯金できない特徴がある反面、明るくて社交的で周りから好かれるタイプであることも多いといえます。

しかし、いずれにしてもお金にルーズであることは共通しています。

普通に考えれば、「給料が多い人ほど貯金もできるだろう」と思いがちですが、給料が多くても全く貯金できない人もいるし、逆に給料が少なくても桁違いの貯金が出来ている人もいます。

まずは客観的に、「自分は貯金できない性格なのかもしれない」ということを一度振り返ってみる必要があります。

生活費だけで消えちゃう…一人暮らしの平均貯金額はどのぐらい?

日常生活で地道に節約しよう!賢く貯金する方法5選

主婦でも簡単!おすすめな家計簿のつけ方とは?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加