一人暮らしの家賃の目安はどれぐらい?

一人暮らしの家賃の目安はどれぐらい?

4月からいよいよ新入社員になる、あるいは転勤で親元から離れて一人暮らしを始めるという瞬間は誰もが経験するものですよね

でも、新入社員と同時に一人暮らしをするには最初の関門があります。

入居に先だって必要になる初期資金がそれで、家賃の数倍の資金が求められます。

学生時代の貯金でもあれば別ですが、とりあえずは親からの援助か借り入れでしょうか。

⇒初めての一人暮らし!初期費用はどれだけかかる?

でも、毎月の家賃になるとさすがにそうはいかないものです。

毎月まとまった定額の支払いですから、それは収支計画をしっかりと組んでおくべきです。

では、一体いくらぐらいかかると思っていれば良いのか、ある程度の事前知識も仕入れておきたいところです。

一人暮らしの家賃はどれくらいなもので、どれくらいの部屋に入居すればベストでしょうか?

以下にその目安を示しておきますので、参考にしてください。

初期費用0円で上京できる!
⇒東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

一人暮らしの家賃

一人暮らしの家賃

一人暮らしをするなら、家賃を抑えるためにもアパートかワンルームマンションになる人がほとんどではないでしょうか?

一人暮らしで生活費が渇渇なのにわざわざ二部屋も借りる必要はありませんよね。

一人暮らしの家賃は、全国的な平均で言えば55,000円といわれています。

これはもちろん地域によってかなりの開きがあります。

東京の人気の地域になれば、ワンルームであっても100,000円は超えてきます。

その反面、田舎であれば20,000円前後の地域もあります。

また、部屋のグレードによっても数万円単位で変わるものです。

上を見ればキリがないし、下をみてもキリがない。

毎月発生する固定費の家賃こそ、ほどほどがちょうどいいのです。

一人暮らしの部屋といっても、その間取りは1R,1K,1DK,1LDK,2Kと様々です。

こうしてみると、家賃を決めてかかるよりも以前の問題で、自分の収入から払える家賃を逆算して割り出すのが現実的です。

決まった収入の中から出ていく支出の抑えよう次第では、払える家賃も増やせたりします。

どれくらいの家賃の部屋にするかは、それぞれ個人の価値観にもよる問題にもなるのです。

スポンサーリンク

家賃の目安は月収の3割以内

これはあくまでも一般論であり、銀行のローン審査の考え方に共通しているものがあります。

平均家賃の相場が55,000円というのも、新卒の平均月収からすればほぼ3割になっています。

ただ、新入社員はこれからある程度の貯金も必要ですから、さらに余裕を持っておくのに越したことはありません。

他の出費を抑えればそうでもないでしょうが、あまり無理をしても反動が来るものです。

個人の趣味や能力に応じて、自分でゆとりを持って払える家賃にするのが最も理想的な家賃でしょう。

部屋の大きさによる家賃相場(東京の場合)

部屋の大きさ別家賃相場(東京の場合)

部屋は広ければ広いほど、家賃は高くなります。

東京都の平均的な家賃相場の目安は、以下の通りです。

1R

港区では11万円もします。

逆に安いのは羽村市で3.8万円です。

1K~1DK

一人暮らしに最も一般的な1K~1DKは、港区では11万円です。

安いのは青梅市で4.6万円です。

1Kと1Rはあまり変わりがないのが分かりますが、1Kと1DKには大きな差があります。

1LDK~2DK

一人暮らしにはちょっと贅沢なスペースがあります。

最も高い港区で19.7万円で、最も安いのは西多摩郡瑞穂町の5.6万円です。

交通の便さえ気にしなければ、港区の1R等よりもかなり安い物件があることが分かります。

築年数別の家賃相場

築年数別の家賃相場

家賃は広さが基本ですが、築年数が経つほど下がっていきます。

概ねの目安は、以下の通りです。

  • 築3年未満:ほぼ変わらず。
  • 築5年以上:1,000円~3,000円安くなる。
  • 築10年以上:5,000円~15,000円安くなる。
  • 築20年以上:5,000円~30,000円安くなる。
  • 築30年以上:20,000円~40,000円安くなる。

新築や築年数の浅い物件は人気があり、築10年以内を希望する人が過半数だともいわれます。

これは単に無難なところで、気分的な問題によることが大きいかと思われます。

不動産会社は、そのような人気のある物件には価値以上の高値を付けたがります。

つまり、質の良い中古物件を目ざとく探した方が得する訳です。

さらに、駅から遠くなればなるほど家賃は下がり、一般には徒歩10分(約800m)毎に1000円下がるといわれています。

スポンサーリンク

ユニットバス物件の家賃相場

ユニットバス物件の家賃相場

ユニットバスとは、あらかじめ浴室部分を工場で製作しておき、それを現場に搬入して組み立てる方式の浴室です。

よくあるのがトイレもセットになっているタイプですが、トイレのないユニットバスもあるのです。

それに対し、トイレと洗面台もセットになっているのが3点ユニットバスといわれます。

3点ユニットバスの部屋は、工費も安く場所も取らないので家賃もその分安くなっている傾向があります。

部屋面積が狭いこともありますが、5,000円~8,000円くらいの差はあるようです。

まとめ

データを取ってもはっきりしていますが、一人暮らしのための入居物件を決める最大の要因は家賃にあります。

家賃を払うには先立つものが必要ですから、収入によって物件選びの対象範囲も変わることになります。

これはゆとりある一人暮らしのため、そして将来の人生設計にとても大切なことです。

家自体は同じような物件でも、駅からの距離や築年数等、その他の条件次第ではかなり安く手が届く物件もあるので、根気よく探してみましょう。

⇒東京23区の家賃相場ランキング!安い街と高い街



  • このエントリーをはてなブックマークに追加