粗大ゴミで捨てれない…家電リサイクル法の対象品とは?

粗大ゴミで捨てれない…家電リサイクル法の対象品とは?

テレビや冷蔵庫など、粗大ゴミで捨てようと思ったのに捨てれなくて困った経験ありませんか?

家電リサイクル法が2001年4月より施行され、それまでのように大型家電が簡単に捨てれなくなってしまったのです。

正式には、特定家庭用機器再商品化法といいます。

ここでは、家電リサイクル法の対象品目などを紹介しています。

スポンサーリンク

家電製品は大型の物も多く、ゴミとして埋め立てるだけでも大変な労力がかかるものでした。

市町村のゴミ処理場の処理能力にも限界があり、このような大型ゴミは減少させる必要に迫られていました。

また、その部品には貴重な金属資源もたくさん含まれています。

そこで、大型ゴミとして埋め立て処分するのではなく、有用な資源の再利用を促すためにも施行された法律なのです。

大型家電製品をリサイクルさせることにより、環境に優しい地球のためにも役立っています。

消費者、販売業者、製造業者の役割分担

消費者、販売業者、製造業者の役割分担

家電リサイクル法により、家電製品を取り扱う消費者、販売業者、製造業者にはそれぞれの義務が課せられるようになりました。

消費者

消費者としては、法律に定められた対象商品をゴミとして搬出する際に、収集運搬料金とリサイクル料金を支払います。

リサイクル料金はまだしも、収集運搬料金が意外に高くつくので、なんだか腑に落ちない気持ちになってしまいます。

例えばテレビや冷蔵庫を捨てるのに、運搬料金も合わせると5000円以上かかってしまったりするのです。

不用品を捨てるのに、新しいのが買えてしまうほどの料金が発生するのも馬鹿馬鹿しいですよね。

それなので、まだ使える状態でさえあれば、リサイクルショップにタダ同然だったとしても買い取ってもらった方が節約になります。

また、新しいテレビなどを購入する際に、家電量販店などで引き取ってもらうことができる場合がありますので賢く利用しましょう。

スポンサーリンク

販売者

販売業者は、消費者から商品の引き取りをして製造業者へ引き渡すことです。

製造業者

製造業者は、引き渡された家電製品をリサイクルに活用するといった義務が課せられています。

このうち最も厳しくなったのは、製造業者です。

実際にリサイクルするといっても、相応の値段で相応のリサイクルができる技術も求められるところです。

リサイクルには、リサイクル率という基準も設定されていて、これをクリアしなければなりません。

現状のリサイクル率は家電製品によって違いはありますが、概ね55%~82%の範囲になっています。

また、地球温暖化をもたらしているフロンについては、100%回収するようになっています。

フロンはエアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、乾燥機には付き物なのです。

法律の運用について

法律の運用について

実際のリサイクルでは、マニフェストといわれる管理票を使用するようになっています。

これにより、消費者が引き渡した家電製品が製造業者に引き渡されてリサイクルに至っているのか確認できる仕組みになっているのです。

まだ、新しい法律であるため各業者も対応に苦慮している段階といえます。

そのためか、不当なリサイクル料を請求している事例が見受けられたりもし、そのようなことがあった時のために罰則も用意されています。

また、リサイクルに関わるそれぞれの立場の有益な情報を広報で流したりもしています。

こうして、家電リサイクル法の現場での定着化を図っているところです。

スポンサーリンク

対象品目について

対象品目について

大型家電製品といっても、大きければ全ての物が対象ということではありません。

現在では、業務用以外のエアコン、テレビ、冷蔵庫冷凍庫、洗濯機の4品目が特定家庭用機器として対象になっています。

2004年4月より、冷凍庫が冷蔵庫に追加されました。

2009年4月より、液晶式テレビ及びプラズマ式テレビ、衣類乾燥機が追加されました。

同じ品目でも、家電リサイクル法に該当するものしないものとがあります。

電気製品の高機能化により、その分類も複雑化してきたところにもよります。

概略は、以下のようなものです。

また、品目にはあっても大きさによっても該当しない場合もあったりします。

処分の際に悩まないように、疑問があったら必ず確認をしておきましょう。

対象品目に該当するもの

  • エアコン:壁掛け型エアコン、マルチエアコン、床置き型エアコン
  • テレビ:ブラウン管式テレビ、液晶テレビ、プラズマテレビ
  • 冷蔵庫・冷凍庫:冷蔵庫、冷凍庫、保冷庫、冷室庫、ワイン庫
  • 洗濯機・乾燥機:全自動洗濯機、二槽式洗濯機、洗濯乾燥機、衣類乾燥機

対象品目に該当しないもの

  • エアコン:天井や壁に埋め込むタイプのもの、天井から吊り下げるタイプのもの、ウインドファン、除湿機、冷風機、パッケージエアコン
  • テレビ:ディスプレイ、携帯テレビ、プロジェクションテレビ、壁に埋め込むタイプ
  • 冷蔵庫冷凍庫:保冷米びつ
  • 洗濯機乾燥機:衣類乾燥機付きハンガー掛け、衣類乾燥機能付き布団乾燥機等の本来の用途と違う乾燥機

まとめ

家電リサイクルエアコン

ゴミ問題は、高度経済成長時代からの長くて重要な問題です。

さらに、昨今では地球温暖化の対策としても取り上げられています。

地球温暖化をもたらす炭酸ガスを廃棄して生産された家電製品を、廃棄物として埋め立ててしまえばまた材料の段階から生産することとなります。

これでは、工業活動に無駄が生じます。

地球に存在する資源にも限りがありますので、新たな資源を求めていればさらに無理な生産活動を強いられることになります。

今までそのことは問題にされていながらも、家電製品の一部でしかも回収しやすい高価な金属部分だけしかリサイクルされていませんでした。

残りに含まれている鉄、アルミ、ガラス等も再利用できるのですが、そのままスクラップにされて、埋め立てられていたのです。

さらに、その埋め立て処分場にも限界が見えてきているのです。

いかにしてリサイクルを促し廃棄物を減らすか、検討を重ねた結果、誕生した法律が家電リサイクル法なのです。

不用品を捨てるのにお金がかかるなんて馬鹿らしいですが、環境のために貢献すると思えば仕方のないことかもしれませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加