東京で治安の良い街・悪い街の調べ方は?

東京で治安の良い街・悪い街の調べ方は?

これから上京を予定している人、都内で引越しを考えている人は、東京で住む場所の治安はとても気になりますよね。

一人暮らしをする女性であればなおさらだと思います。

毎日のように凶悪犯罪がニュースで報道されているのをみると、とても他人事ではありません。

治安が悪い街や地域を避けて、安全な生活をしたいのはみんな同じですよね。

自分は人に迷惑をかけないように大人しく生活をしていても、いつどこで犯罪に巻き込まれるか分からない世の中になってしまいました。

平気で人に迷惑をかける人がいるのも事実。

人口全体で見れば犯罪比率はそれほど高くなくても、一部の人間が多くの人に迷惑をかけているのも否めません。

いずれにしても、自分が犯罪に巻き込まれるリスクは少ないながらも、全体でみれば一定数は必ずあるということです。

それはそれで世の常なのかもしれませんね。

ある意味で運みたいなものですが、そのリスクを減らすことはできます。

部屋探しの希望条件をチャットで相談できる賃貸物件情報
理想のお部屋が届きます!【家AGENT+】

東京の街の治安を調べるには?

東京の街の治安を調べるには?

まず、何をもって治安の良し悪しを言うのかは人それぞれだと思います。

例えば、見た目が怖そうな人や外国人が街を歩いているだけで治安が悪いと感じる人もいれば、お年寄りが多いというだけで治安が良いと感じる人もいます。

しかしフタをあけてみれば、見た目は怖そうだけど善良な人もいるし、平気で犯罪を犯すような老人もたくさんいます。

見た目通りの人もたくさんいますが…。

街全体の中でも特に治安が悪い傾向がある場所とは?

このように、人それぞれ感じ方は違うため、治安の良し悪しを街の印象だけで計ることはできません。

勝手なイメージだけで言えば、東京ではズバリ『足立区』でしょうね。

それでは根拠がないので、ここではその確かな数値として、街の犯罪件数を元に治安を見て行きたいと思います。

犯罪とひとことで言っても、空き巣や窃盗もあれば粗暴や万引きもあったりと様々です。

ここでは、警視庁が発表している全刑法犯を参考にしてみます。

出典:警視庁犯罪情報マップ

警視庁犯罪情報マップ

犯罪件数が多い東京23区ランキング(平成27年4月)

  1. 新宿区…2528件
  2. 世田谷区…2492件
  3. 足立区…2317件
  4. 江戸川区…2306件
  5. 大田区…2090件

犯罪件数が少ない東京23区ランキング(平成27年4月)

  1. 文京区…574件
  2. 荒川区…715件
  3. 目黒区…736件
  4. 中央区…804件
  5. 品川区…985件

このような結果になりましたが、どんな感想を抱きましたでしょうか?

僅差ではありますが、新宿が東京一治安が悪いということが分かります。

治安が悪い?乗降者数世界一の新宿の住みやすさは?

なお、東京都全体では46123件となりました。

これは4月末までのデータなので、年間の約3分の1の件数に過ぎません。

年間件数は、単純に3倍にしても14万件にも上ります。

話を戻しますが、実はこの件数、その3分の1以上は自転車の盗難なんです。

街や駅の利用者の人口が多ければ、犯罪件数も比例して多くなる。

そして、『街や駅の利用者の人口が多ければ、犯罪件数も比例して多くなる。』ということです。

実際に、新宿区は面積こそ狭いものの生活利用人口は多く、世田谷区、足立区、江戸川区、大田区に関しては区の面積が大きく人口も多いのです。

これは東京郊外にある八王子市などにも同じことが言えます。

逆に犯罪件数の少ない区は、そのどれも区の面積の小ささに比例して人口も少ない傾向にあるのです。

それに加え、その市区町村で発生した事件を起こしているのは、そこに来てる他県民や他区民だったりもしますので、あくまでその場所で事件があったという事実でしか判断できません。

それなので、どこの区民が犯罪を起こしやすいかどうかなんていうのも分からないのです。

新宿、渋谷、池袋など、各地から人が集まる場所の治安が悪くなるのは当然ですよね。

この犯罪情報マップは、細かな住所や犯罪形態別で絞り込むこともできるので、これから引越しをする地域が気になる場合は一度調べてみることをおすすめします。

周辺の治安が色分けされているので分かりやすいです。

スポンサーリンク

治安の良し悪しは、結果的にこんなことが言えます。

治安の良し悪しは、結果的にこんなことが言えます。

  • 人が行き交う繁華街は必然的に治安が悪くなる。
  • 人口の少ない郊外は治安が良い。

表面的なことだけ言えば、結果的には人口の多さが治安の悪さと比例することが分かります。

しかしもちろん、人口と犯罪件数の比率が高く治安が悪い街、または事件に巻き込まれやすい土地柄というものも少なからずあると思います。

たとえば県境とか、団地が多い地域とか、公園が多かったり。

事件にまではならなかったとしても、粗暴犯・恐喝・性犯罪・喧嘩や騒音が絶えないなんていうこともあります。

俗にイメージで治安の悪い都内外周区(足立区、葛飾区、荒川区、墨田区、江東区、江戸川区、大田区、板橋区、練馬区)は県境であり、団地も多く、公園も多い。

つまり、低所得者の比率が多い街と言えます。もちろん区の中でも地域の差はあります。

世田谷区や杉並区なんかはセレブが多く住む高級住宅街として全国的にも有名な地域ですが、その分空き巣に狙われやすい。

金持ちが狙われるのは、当然ですね。

東京でお金持ちが住んでいる高級住宅街と言えば?

地域でもっと細かくみていくと、駅前にパチンコ屋と風俗がたくさんあったり、外国人が多い街は治安が悪い傾向にあります。

やっぱりお金が絡んでいるので、事件や犯罪につながりやすかったりするのでしょうね。

まとめ

せっかく住むなら治安が良い街に住みたいのはみんな同じですが、事件や犯罪に巻き込まれるのは運としか言いようがありません。

治安が良いと言われている街に住んでも事件に巻き込まれる可能性はあるし、治安が悪いと言われている街に長年住んでいても平和に暮らせることもあるのです。

自転車の盗難にあうのも、凶悪犯罪に巻き込まれるのも、今後何があるのかは分かりませんよね。

「どこの街に住めば安心して生活ができる」とは言い切れないのが現状です。

治安が良い街に住みたい

都会に住むのは何かと便利ですが、その反面、治安が悪いというリスクがあることを肝に銘じて置きましょう。

住む街を選ぶ上で、実際に周辺で起きている犯罪について調べておけば、少なからず事件に巻き込まれる可能性を多少減らすことはできると思います。

治安の良い街・悪い街を調べるには、警視庁の犯罪情報マップをぜひ利用してみて下さい。

あとは実際に現地に足を運んでみて、自分でその街の空気を感じてみたり、昼間だけでなく夜の街の状態も確認しておくことが大切。

平和に生活するためには、事件が多い街・地域には近寄らないことがベストです。

残念ながら、真面目に大人しく生活している人が被害にあってしまうこともあります。

だからこそ、自ら身の回りの危険を回避する努力をするしかないのが現状です。

もしいま治安が悪くて危険を感じるような街に住んでいるなら、安心を買うという意味でも引越しも検討しましょう。

『治安が良い街』『家賃が安い物件』など、チャットで条件を伝えればすぐに探してくれます。【家AGENT+】

 

東京23区の治安ランキング!トップとワーストは果たして…

東京23区の家賃相場ランキング!安い街と高い街



  • このエントリーをはてなブックマークに追加