東京23区の治安ランキング!トップとワーストは果たして…

東京23区の治安ランキング!トップとワーストはどこ?

東京23区に住む予定の人、特に地方から上京して東京に一人暮らしするとなると、気になるのは家賃の高さや通勤通学による交通の便ですよね。

それともう一つ、治安が挙げられると思います。

東京23区内であれば、どこに住んでも通勤通学が可能な範囲にあるため、住む街は選び放題です。

しかし、毎日の暮らしを送る上で治安の良し悪しがどうなのかは大問題です。

ここでは治安だけをピックアップして、23区のうちではどの区の治安が良いのか、どの区は要注意なのかをリストアップしてみました。

引っ越したいけど時間がない。。そんなあなたに朗報→チャット不動産

この記事は、治安に関するいろいろな指標を基にランキングにしたものです。

ただ、あくまで警視庁の提供している犯罪発生データやネットの口コミを参考にしたものなので、実際に住んでみてどうとは言い難いのも実情です。

それに、同じ区の中でも、一部の地域だけの評判の良し悪しもありがちなので、区全体をひと括りに一概とはなりませんので注意して下さい。

上京したいけどお金も仕事もない…という方に
東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

ランキングのチェックポイント

ランキングのチェックポイント

今回、治安ランキングをするにあたって参考にしたポイントは以下です。

  • 犯罪の発生率(2013年の刑法犯認知件数と犯罪発生率、2014年の犯罪種類)
  • 街の衛生環境(ゴミの管理、落書き、放置自転車、公園緑地、都市開発等の状況)
  • 地域性(昼夜の人通り、商店街等の活気、住人同士の繋がり、コミュニティ活動の活発さ)
  • 住人の質(庶民性、職業、世帯所得の状況)
  • 街の施設(風俗店、パチンコ店、24H営業の店等の多さ)
  • 防犯対策(パトロールの状況、防犯カメラの設置状況)
  • 自治体の取り組み(総合的な防犯対策活動や助成制度の有無)

これらのことは、不動産会社ではあまり説明してくれませんよね。

もちろんそれは商売ですから、わざわざデメリットを紹介する業者はいないと思います。

せいぜい「治安は特に良いともいえませんが、通常の部屋の防犯対策さえしていれば気にするほどでもありません」くらいなものでしょうか。

不動産情報誌を読んでも、そのような不動産業者の不利益になることは掲載しないものです。

よくある不動産物件検索サイトでも、検索項目にはなく、良くも悪くも見えない部分です。

治安は生活において大事な部分であるため、本当は具体的な情報を知りたいという人も多いと思いますが、自分で調べるしかないのが実情です。

ですが、犯罪に巻き込まれるのはたとえ一度であっても取り返しのつかないこともあります。

事件に巻き込まれるのは確率の問題になってしまいますが、治安の良い街を選べばその確率を少しでも下げることはできると思います。

安全安心な東京生活を満喫するためにも、周到な下調べをしておきましょう。

スポンサーリンク

治安が良い街ランキング!

5位:港区

5位:港区

港区の住民は、芸能人を始め、高収入の人が特に多い傾向があります。

それもそのはず、地価がトップクラスに高く、白金、青山、広尾、六本木、麻布、赤坂等は都内有数の高級住宅街なのです。

残念ながら、平均的な収入の一般人はなかなか住むことが出来ないエリアですね。

各戸はセキュリティに対する認知度も高く、防犯設備もしっかり導入しています。犯罪者に狙われやすい高所得者が多く住んでいることもあり、区の防犯活動も積極的に行われています。

「六本木地区安全安心まちづくり推進会議」、「麻布地区みんなと安全安心コミュニティプロジェクト」等があります。

また、各国の大使館等の施設も多く、そういった意味でもパトロールが頻繁に行われています。

なお、六本木の繁華街は凶悪犯罪が多いエリアでもあるので、注意する必要があります。

4位:目黒区

4位:目黒区

お洒落な街でも有名な目黒区は、防犯意識の高い住人に支えられ、治安が維持されています。

世帯持ちが多いこともあって、地域ぐるみでの防犯活動は活発に行われており、活動はパトロール、勉強会、防犯設備の貸与等と手広いものです。

自転車置き場の確保に努めていたりもしていますので、自転車盗難の減少にも役立っています。

これも自分の街は自分と地域の人とが協力してこそ守られるという認識があってこそできることです。

それが、犯罪の抑止に繋がっているのでしょう。

また、大規模災害の時は、近所同士で助け合うという人情味ある関係も強いものがあるようですので、安心して住みやすいといえます。

目黒区は東京の中でも地盤が固いエリアで、災害には強い地域でもあります。

理由は治安の良さに?若い女性の人気1位の街『目黒区』

お洒落で大人な街として人気の目黒。その住みやすさとは?

3位:千代田区

3位:千代田区

千代田区の中心には永田町があり、日本の政治の中心地です。

近隣には首相官邸や皇居もあります。

ですから、周辺の警備は24時間体制で、そのセキュリティレベルは尋常ではありません。

また、大手町や丸の内は経済の中心にもなっていて、中央区と並んで昼間人口の多いところです。

千代田区のほとんどが政治関係やオフィス街、そして高級住宅地ばかりなので、一般人が住んでいるのは、御茶ノ水や秋葉原、神田などと割と狭い範囲に限られます。

庶民からすると、千代田区に住んでいるというだけでVIPや高所得者のイメージしかありません。

そのような土地柄や住人の防犯意識が高いこともあって、犯罪を未然に防いでいるという面もあります。

区には防犯カメラ等の防犯設備費用を一部負担する制度がありますが、区が指定している安全安心まちづくり推進地区内であれば、それが可能になっています。

なお、千代田区も目黒区と同じく災害に強いエリアです。

スポンサーリンク

2位:中央区

2位:中央区

中央区は、都会の象徴ともいえる銀座があり、とても華やかな区です。

毎年発表される地価ランキングでもトップを誇り、それに伴ってお金持ちが多く住んでいる街でもあります。

多くはオフィス街であることから昼間の仕事人口は多いのですが、それにしては犯罪がかなり少ないです。

休日や夜間はゴーストタウン化しがちですが、中央区が治安の良いのは、街ぐるみで取り組んでいる防犯対策の成果の表れといえます。

防犯アドバイザーという防犯設備士の資格を持っている人が、各家庭まで出向いて防犯の相談に応じる制度もあり、防犯に関するボランティア活動への支援もしています。

「安全安心メール」「子供110番」等の仕組みも実用に耐えられるくらいに馴染んできています。

老人、女性、子供からの目線で防犯のために役立つ取り組みをしているのです。

1位:文京区

1位:文京区

栄えある1位に輝いたのは文京区。

東京を知っている人なら激しく同意できるのではないでしょうか。

文京区は山手線内側にあり、全体的に23区では最も犯罪からかけ離れた安全な区と言えます。

繁華街も歓楽街もありませんが、その代わり多いのは東京大学を始めとする学校です。

学校の周りには緑もあり、アカデミックな雰囲気が漂っています。

いかにも学校があるのにふさわしく、勉学に集中できる環境が整備されているのが特徴です。

東京に住んでいる人から見ると、大人しい人が多いのだという印象があるようです。

そして防犯パトロールが毎日頻繁に行われているのも治安の良い理由とされています。

皇族の墓苑である「豊島が丘御陵」の周囲には、大塚署があり交番も墓苑の裏や護国寺駅の前等にいくつもあります。

挙動不審なだけですぐに職務質問されそうな雰囲気さえあるのが、良い意味で治安を護っている理由にもなっています。

東京23区で一番治安が良い『文京区』はどんな街?

治安が悪い街ランキング!

5位:台東区

5位:台東区

台東区において犯罪発生率が特に高いのは上野と浅草。

やはり国内外観光客の多さと、都内有数の繁華街があることが原因です。

それ以外に、台東区で目立つのが浮浪者の多さといわれています。

昔ながらの日雇い労働者が住んできたドヤ街『山谷』があったことも影響しているのでしょう。

台東区には簡易宿泊所が多いことにもよりますが、浮浪者がいるだけで街の治安が悪いと感じる住民も少なくないようです。

浮浪者と言えど、周りに迷惑をかけないように静かに生活している人もたくさんいます。

しかし残念ながらそういう人ばかりではなく、犯罪に手を染める浮浪者も多いのが現状です。

引越しがネット予約できるようになりました!
日にちを選んで料金を比較!
引越し侍の予約サービス

4位:渋谷区

4位:渋谷区

渋谷センター街等の繁華街では、粗暴犯(恐喝、傷害等)が集中的に発生しています。

都心に集まった若者が夜遊びをする街ですので、軽はずみなことで犯罪に巻き込まれている人が多いという一面があります。

「酒に酔った若者に因縁をつけられて怖い目にあった」という被害者が多いのが気になりますね。

やはり人が集まるところでは喧嘩や恐喝事件が多発します。

渋谷の治安の悪さに関しても、やはり新宿と池袋と同様の理由と言えるでしょう。

渋谷区全体としては高級住宅街も数多くあり、その辺りでは治安の良い地域にもなっています。

女性の住みたい街ランキング第1位『恵比寿』

3位:足立区

3位:足立区

2ちゃんねるでも話題に挙げられやすい足立区。

全国的にみても、西の西成区、東の足立区と言われています。

しかし、犯罪件数こそ多いものの、足立区の面積や人口から割り出される犯罪発生率は特に高いとまではいえません。

実際に発生している犯罪の中心は、自転車の盗難等の軽犯罪になっています。

過去に某凶悪犯罪があったためか、あるいは東京拘置所があるためか、足立区の治安イメージが良くないのが現状です。

なお、同じ足立区でも北千住は比較的治安が良い傾向にあります。

金八先生のイメージが強い?学生街化している足立区『北千住』

逆に、埼玉よりの竹ノ塚周辺の治安はあまり芳しくないようですね。

そういう意味では東京23区外周に位置する練馬区、板橋区、北区、荒川区、足立区、葛飾区、墨田区、江東区、江戸川区あたりは同じ傾向があるのかもしれません。

また、世田谷区に関しても高級住宅地を狙った空き巣被害が多いというデータもあります。

スポンサーリンク

2位:豊島区

2位:豊島区

順番が逆になりますが、池袋も新宿同様に繁華街や歓楽街がありますので、新宿に次ぐ治安の悪い地域となっています。

やはり共通点としては、大きな繁華街があり、人が集まるということ。

新宿区の陰に隠れているようですが、犯罪の数的には豊島区の方が多いともいわれています。

しかし、最近では住みたい街ランキングでも1位に入るほど人気となり、治安が改善されてきている傾向にあります。

現時点ではまだ治安が良いとは言い難い部分があります。

池袋が住みたい街ランキング1位に!移転した豊島区役所も凄い!

1位:新宿区

1位:新宿区

ワースト1位に輝いてしまったのは新宿区。

東京の副都心である新宿は、日本最大の歓楽街と言われている「歌舞伎町」があり、犯罪の多くがそこを起点としています。

実際に新宿に住んでいる住民というよりも、関東近県から遊びに来ている人や国内観光客、また外国人観光客が多いのが特徴です。

訪れた人が多い分だけ巨額の大金が飛び交う街ですので、当然犯罪も起こりがちです。

また、駅の利用者数が世界一と言われるほど人口密度の高い新宿駅ですが、駅周辺の人口の多さに対して交番が少なく、治安の人手不足は解消されていません。

治安が悪い?乗降者数世界一の新宿の住みやすさは?

新宿は、殺人を始め、強盗、強姦、暴行、恐喝、詐欺等、どれも23区内ワースト1というデータが出ています。

また、アジア系外国人の犯罪率が高いのも目立つところです。

人が集まる場所に犯罪は付き物なので、新宿がワースト1というのは当然かもしれませんね。

言い換えれば、それほど日本の中心地であるということなのでしょう。

新宿区における犯罪の多くが、実際に住んでいる住民によるものではないとも言えます。

理想の条件を気軽に相談できるチャット不動産

まとめ

まとめ

治安の良い街ランキングでは、そのほとんどが庶民にとっては住みにくい街でもあります。

はっきり言って、オフィス街だったり高所得者しか住めないようなところばかりですので、あまり参考にならない人も多いかと思います。

その中でも目黒区や文京区は比較的住みやすさもありますが、いずれにしても家賃相場はかなり高いです。

東京23区の家賃相場ランキング!安い街と高い街

治安の悪い街ランキングにおいては、いずれにしても人が多く集まる繁華街に犯罪が集中しています。

そこから分かることは、たとえ治安が良いと言われる区であっても、繁華街のある駅周辺は犯罪やトラブルが多発するとも言えます。

今回、治安の良い街1位に選ばれた文京区には大きな繁華街がありません。

そのため、「どこの区は治安が良くて安心で、どこの区は治安が悪い」と言うよりも、繁華街にあまり近寄らないようにするのが一番の治安対策なのではないでしょうか。

日本は世界的にみても安全な国なので、普通に生活する分にはどこに住んでもさほど変わらないように思えます。

実際に、人によって治安の良し悪しの賛否が分かれるのもそういうことなんだと思います。

街の治安はすぐに変わるもの

街の治安はすぐに変わるもの

また、東京の街の治安は、たった数年ですっかり様変わりすることも多いです。

現に自治体や警察が本気を出したら、あっという間に浄化された街もたくさんあります。その分、良くも悪くも人が集まらなくなって経済効果が悪くなってしまったという負の一面もあったりしますが…。

それなので、「住みやすい街」と勧められたとしても、その情報が数年前のものだったり、一部の特定な情報だけだったらほとんどあてになりません。

一口に治安が良いとか悪いとかいっても、人それぞれチェックポイントも違いますし、内容によって評価の仕方も違います。

なかには個人的な経験による偏見が混ざっていることもあります。

引越しする上で街の治安が気になるのであれば、自分で現地を訪れてみるのが一番手っ取り早いです。その場合、昼間と夜間で街の雰囲気が変わることも注意しましょう。

自分の生活スタイルと照らし合わせてみて、許容範囲と防犯対策のバランスを良く考えて住む街を選ぶことです。

最近では防犯対策としてホームセキュリティを導入する世帯が増えていますので、そういったものを検討してみるのも良いかもしれません。

その部屋のセキュリティ大丈夫?女性の一人暮らしの防犯ポイント4選!

最後に、治安が良いと言われる街は、やはりその分家賃相場や物価が高い傾向にあります。

生活費のことを考えると家賃や物価が安い街を選びたいものですが、安いことが必ずしもお得だとも言えません。

生活の安心安全を買うという意味でも、住む街選びや物件選びにはそれなりにお金をかけた方が良いかと思います。

物件の条件にこだわりたい方におすすめ!
引っ越したいけど時間がない。。そんなあなたに朗報→チャット不動産

上京したいけどお金も仕事もない…という方には
東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive



  • このエントリーをはてなブックマークに追加