【通信費の節約】自宅のネット回線を使って携帯代を抑えよう!

【通信費の節約】自宅のネット回線を使って携帯代を抑えよう!

一人暮らしは何かとお金がかかります。

限られた生活費から家賃や食費なんかを払っていくと、あっという間にお金がなくなってしまいますよね。

毎月の給料のうちの半分ぐらいは家賃や光熱費で消えてしまいます。

今回は、一人暮らしの生活費の見直しということで、携帯電話やインターネットなどの通信費の節約方法を考えていきたいと思います。

通信費の節約に!
最安値の自宅ネット回線
『YahooBB ADSL』

一人暮らしで通信費はいくら?

一人暮らしで通信費はいくら?

通信費と言えば、主に携帯電話代とネット回線です。

昔は各家庭に固定電話がありましたが、携帯電話が使えるようになってからは固定電話を引かない人も増えて来たのではないでしょうか。

特に一人暮らしとなれば、自宅に固定電話を引く理由がありません。

固定電話を引くのに電話加入権を取得しなければいけませんが、昔は7万円ぐらいかかりましたが最近はどうなんでしょうか。

いずれにしても一人暮らしに固定電話は必要ありませんね。

今の時代ならすべて携帯電話で済ませることができます。

そもそも家電に電話をしてくる人は何かのセールスぐらいしかありません。

それに使わない固定電話のために毎月基本料金を2,000円も通信費として払うのもバカらしいですよね。年間にすると24,000円もかかってしまいます。

もし通信費を節約したいのであれば、固定電話を契約していたらすぐに解約してしまいましょう。

携帯代は月々いくらぐらい?

携帯電話代

携帯代は人によって使用料が様々ですよね。

電話をまったくしない人で5,000円、かなり電話をする人でも20,000円ぐらいかと思います。

ちなみに私は月々平均して1万円ぐらいです。

私は当時、携帯電話が世の中に出始めたばかりの頃から一人暮らしを始めたので、固定電話を引かずに家電を携帯電話にしていました。

当時は初めての一人暮らしということもあって少しホームシックになってしまったりで友達や実家に長電話をしてしまい、電話代が3万円を超えてしまったりした苦い思い出があります。

当時は通常プランで通話1分につき40円とか普通だったので、1時間電話しただけで2400円とか恐ろしい金額でした。

今では電話し放題で月々3,000円程度のプランがあるので、そう考えると安いですよね。

初めての一人暮らしであればホームシックになってしまったり、何かと電話をする機会も多くなるため、通話し放題にしておいた方が無難です。

そのままのプランで長電話してしまうよりも最終的に安く済みますので、保険だと思って掛けておいた方がいいと思います。

ただしこれは通話料金に関しての話です。

携帯代を節約できるところはオプションとデータ通信料金。

携帯代を節約できるところはオプションとデータ通信料金。

携帯代で節約できるポイントはオプションとデータ通信料金です。

まずはオプション。

オプションと言えば、留守電サービスや割込通話、本体の保障など様々なものがありますよね。

私はオプションは全て契約を解除しました。これらのオプションを一回見直してもらいたいのですが『それってホントに必要?』っていうものが多いです。

ケータイショップに言われるがままに契約していると、何だかんだ余計なオプションを付けられたりしていることが多いので一度確認してみて下さい。

最近では、毎月の利用料金の内訳が記載されている明細が紙で発行されていないこともあります。

放っておくと必要以上に余計な料金を払い続けている可能性がありますので注意しましょう。

私が通信費を節約しようと思って削減できたのがオプションです。

私のスマホはソフトバンクなんですが、iPhoneに機種変更した時に何だかんだでオプションに強制加入させられてしまっていました。

『必要なければ解除して下さい。』という言葉と共に実質強制加入という始末。

携帯代を見直した時に確認したら、余計なオプションだけで月々3,000円ほどにもなっていたのです。

私のように気付かずに支払っている可能性がありますので、通信費を節約するなら一度見直してみて下さい。

回線工事不要!
電源を差すだけでインターネット
『SoftBank Air』

次に節約できるのはデータ通信料金。

最近はスマホでネットをしている人も多いと思いますが、それゆえにデータ通信料金が高く付きますよね。

携帯代の半分ぐらいはデータ通信料金です。ネットさえ使えればLINEで無料通話ができるので、電話をする人がほとんどいなくなりました。

みんなが通話しなくなって売上に困った各キャリア会社は、ここぞとばかりあの手この手で結果的にデータ通信料金を値上げしています。

例えばソフトバンクであれば、月5G制限のデータ定額料金が5,000円します。この5,000円をよく考えてみると、自宅のネット回線よりも高い金額です。

ということで、自宅のネット回線と比較しながら節約する方法を考えたいと思います。

自宅のネット回線を使って携帯代を節約しよう!

一人暮らしの通信費

自宅にネット回線を引くことによって、携帯代を大幅に節約することができます。

例えば自宅のネット回線が5,000円だとしたら、それに加えてスマホのデータ通信料金が5,000円。これだとデータ通信料金として月々10,000円も支払っていることになります。

でも実際には10,000円分ものデータ通信を使っているか?と言うと余程ヘビーユーザーでなければ使い切れていないと思います。

その使い切れていない分のデータ通信料金を削減することができます。

ごくごく当たり前の方法で恐縮ですが、『自宅のスマホのデータ通信はWi-Fiを利用して、スマホのデータ通信を一番安いプランに変更すること』です。

自宅のネット回線をWi-Fiで飛ばしてスマホのデータ通信として使えば、無制限でしかも無料で済みます。

もしスマホのデータ通信の一番安いプランが3,000円だとすれば、その方法で使えば月々2,000円も節約することができます。年間にすると24,000円は大きいですよね。

通勤や通学で使用するデータ通信はたかが知れているので、一番安いデータ通信のプランに変更しても十分足りると思います。

例えば通勤で1日1時間ネットを使っていたとしても、1カ月で1G~2G程度で済んでいるはずです。その程度のデータ通信に5Gとか7Gの料金プランを契約しているのはかなり損しています。

自宅でネット回線を契約しないと言う人は別ですが、一人暮らしであればネット回線やパソコンはあったほうが何かと便利です。

そして、自宅のネット回線のモデムにWi-Fi機能が標準搭載されているものもあるので、これを利用すれば自宅でネットもスマホも使い放題、そして外出中も制限内で賄えます。

また、通話し放題のプランにすれば、電話もネットもスマホもすべて込みで合計10,000円程度で済むことになります。

通信費の節約まとめ

まとめるとこうなります。

  • 標準的な携帯代月々1万円⇒月々5,000円~7,000円に抑える(通話し放題+データ通信小)
  • 自宅のネット回線⇒月々3,000円~5,000円(Wi-Fi搭載)

これはあくまで一例ですが、携帯代と自宅のネット回線を合わせて1万円以内に抑えることができれば良しとしましょう。

自宅のネット環境をWi-Fiとして上手く利用し、携帯代を大幅に削減しましょう。

自宅のネットを最安に抑えたい人はYahoo BB ADSL

自宅ネット料金最安!スマホの月額料金も割引
【Yahoo! BB ADSL】

ヘビーユーザーでコストパフォーマンス重視なら世界最速インターネットNURO

超快適なネットスピードとWi-Fi内蔵、そしてセキュリティ込み、最高のコストパフォーマンスならNURO!完全定額で月額約4,800円。

世界最速インターネットNURO

回線工事不要!コンセントに差せば使えるソフトバンクエアー

データ容量なし!【SoftBank Air】

 

YahooBBを解約してホワイトBB…ではなくSoftBank Airにした理由

『ソフトバンクエアー』は一人暮らしのインターネットに超便利!

通信費の節約になる?ソフトバンクエアーの評判と口コミ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加