沖縄の神聖なるパワースポット7選!

沖縄の神聖なるパワースポット7選!

沖縄と言えば、海とばかりにダイビングスポットを探すのも良いです。

しかし沖縄には、沖縄ならではのパワースポットと呼ばれる神聖な場所が数多くあります。

それはその昔から、地元民に大切にされてきた場所なのです。

以下のような自然に満ちたパワースポットがたくさんあるのです。

スポンサーリンク

久高島(くだかじま)

久高島(くだかじま)

那覇からフェリーで15分ほどにある名も知れぬ小島です。

琉球神話では、この地にアマミキヨという神が降り立ち国が始まったとされています。

神の島とも言われ、久高島はまさに歴史において聖地とされているのです。

代々の琉球国王も、久高島への参拝は欠かさなかったそうです。

地元島人もそれだけの認識があるので、島の自然を採取して持ち出しすることを許していません。

パワースポットして訪れるのは歓迎されますが、迂闊な行動は慎むようにしましょう。

また、パワースポットだといっても立ち入り禁止区域にされている場所もいくつもあります。

そこまでされているからこそ、沖縄を代表できるパワースポットなのでもあります。

沖縄の歴史文化発祥の地、久高島は、こうして未開発のままにされている地域がたくさんあるのです。

斎場御嶽(せーふぁうたき)

斎場御嶽(せーふぁうたき)

南城市にある史跡で世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」としても名高い場所です。

御嶽(うたき)とは、琉球王朝時代に行われた祭祀のための施設のことです。

斎場御嶽は、15世紀から16世紀頃のものとされています。

斎場(せーふぁ)とは、最高という意味です。

最深部の三庫理(さんぐーい)には、京のはなという拝所が最も崇高な場所があります。

岩に囲まれた聖地で祈りをすれば、神の声が届きそうな雰囲気が漂っています。

琉球王国創生の神であるアマミクが、クバの木を伝って降臨してくる場所ともされています。

さらにここからは、琉球王国の聖地である久高島を遠くに望めます。

スポンサーリンク

大石林山(だいせきりんざん)

大石林山(だいせきりんざん)

沖縄本島の最北端である辺戸岬の金剛石林山にあります。

カルスト台地に石灰岩が突き出ている風景は珍しいものです。

本島でもっとも人の足が寄りにくい場所でもあります。

ここは、アマミキヨという神が最初に作った沖縄の大地であるとされています。

辺戸岬にそそり立つ辺戸岳も最初に作られた山とされています。

ここにある樹齢約150年のガジュマルの木は神聖なものとされています。

首里城

首里城

首里城は琉球王朝の根城です。

首里城建築には、中国の風水思想が取り入れられています。

周りは、四神獣としての山々に囲まれたロケーションです。

良い運気が溜まるとされるパワースポットで、その運気を吸い込みましょう。

首里金城の大アカギ

首里金城の大アカギ

那覇市内首里金城町内金城嶽(うちかなぐすくたき)の境内にある大アカギの木も、神聖なものとされています。

50m×15mほどの広さに6本の大アカギがあります。

樹齢は全て200年から300年にもなります。

激しい戦火の中でも生き残った木として、崇められています。

首里城からも近く歩いて行けます。

石畳道から住宅地が近くなると、辺りはこんもりとした森になり、そこは古くからの信仰の場として霊気が漂っています。

ほどなく、大アカギの群落の中に立つことになります。

年季の入った風貌から、神が宿っている木と言われても納得がいきます。

触ってみれば、神の力が伝わってくるかのようです。

スポンサーリンク

垣花樋川(かきのはなひーじゃー)

垣花樋川(かきのはなひーじゃー)

南城市玉城の高台にあり、辺りは田園地帯で静かな場所です。

水と緑に囲まれながらも視線を伸ばせば大海も眺められるという、全国的にも珍しいスポットです。

日本名水百選にも登場しているほどの量と質の冷たい湧水が、緑の中をさらさらと流れています。

季節によっては、数々の花が彩りを与えてくれます。

時間や天候次第では、霧もかかったりして幻想的な雰囲気もあります。

何度行っても、違った自然を堪能できるようなところで、人気のスポットです。

ガンガラーの谷

ガンガラーの谷

南城市にある鍾乳洞と鍾乳洞の一部が崩れてできた谷です。

約1kmにも及ぶ広さがありますので、じっくり歩きながらその悠久なる時の流れと生命の神秘を感じられるスポットです。

周りは亜熱帯の森林に囲まれています。

約18,000年前にここで「港川人」が暮らしていたとの説もあり、発掘調査も実施中です。

女性の鍾乳洞とされているイナグ洞は、子宮のイメージで縁結びにご利益があるといわれてます。

男性の鍾乳洞とされているイキガ洞は、子宝に恵まれるといわれてます。

ここは単なるパワースポットというより、沖縄の貴重な遺産となっています。

谷の価値を良く知ってもらうため、また遺産の保存のためにも、ガイドツアーも行われています。

まとめ

いずれのパワースポットも目を閉じて静かに深呼吸をすれば、心が安らぎます。

ガイドブックに目を通すのも、ほどほどで十分です。

沖縄のパワースポットでは、ひたすら現地で身を預けてさえいれば良いのです。

その自然や遺跡群から、そこはかとない力をもらえることでしょう。

子連れでも楽しめる!沖縄のおすすめ観光スポット

沖縄南部を観光しよう!おすすめポイントをチェック!

沖縄北部の観光なら大自然を楽しむのがおすすめ!

行ってみたい!沖縄の離島おすすめ3選



  • このエントリーをはてなブックマークに追加