沖縄北部の観光なら大自然を楽しむのがおすすめ!

沖縄は、県庁所在地である那覇を中心とする南部に施設等が集中しています。

歴史遺産も南部が中心になります。

北部を観光するなら、手付かずの大自然、それを再現してくれる施設にポイントを置くことになります。

そこで、ここではあえて沖縄北部に絞って、新旧二つの観光施設と大自然を紹介します。

海洋博公園

海洋博公園

沖縄の青い海に浮かぶ伊江島の眺望が効く公園です。

1975年に開催された沖縄国際海洋博覧会を記念して、会場跡地にできました。

海洋博公園内は自由に立ち入りできます。

園内には、電気遊覧車も走っています。

ハイサイプラザに行けば、公園内の施設、イベントの紹介、それから付近の観光情報まで提供してくれます。

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館は、名の知れた水族館ですが、海洋博公園内にあるのです。

東シナ海と太平洋に四方を囲まれた沖縄ならではの、水族館です。

サンゴ礁の生物、浅海の生物、深海の生物と多彩な海が沖縄の海です。

現実に合わせて、階を下るごとによりテーマを「サンゴ礁への旅」、「黒潮への旅」、「深海への旅」とへと変化させています。

中でも、巨大な水槽「黒潮の海」の中を泳ぐ巨大なジンベイザメの雄姿は圧巻です。

その長さは8mを超えているのです。

眺めれば眺めるほど、人間がとても小さく感じられていきます。

深海にダイビングしているようなダイナミックな展示になっています。

ジンベエザメの餌を食べる姿も見せてくれます。

他にも、ナンヨウマンタは長期飼育記録世界一を誇っています。

「タッチプール・イノーの生き物たち」では、ナマコやヒトデ等に触ることもできます。

「サンゴの海」では、自然の太陽光と自然の海水を屋内に展開し、生きているサンゴを展示しています。

オキちゃん劇場

オキちゃんとは、イルカの名前です。

海洋博公園のアイドルとされています。

2010年の改装により、水深が2m深くなりました。

それにより、イルカのジャンプがより高くできるようになったのです。

さらに新しい試みとして、ダイバーショーを始めています。

ウミガメ館、マナティー館

沖縄近海のウミガメ5種類を展示しています。

水上からも水中からも見られるようにしています。

エメラルドビーチ

エメラルドビーチ

真っ白いコーラルサンドのビーチがエメラルドグリーンの海に美しく「海水浴場百選」に選ばれています。

またウミガメの産卵も確認されています。

熱帯ドリームセンター

6haの敷地に熱帯から亜熱帯の果実や花が咲き乱れています。

特にランは温室で2,000株を超える展示がされています。

海洋文化館

沖縄には、東南アジアや南太平洋地域の海洋民族から伝来した文化があります。

そのことがうかがえる生活道具、漁労用具等が展示されています。

新たな生活拠点を求めて大海原を越えてきた民族の歴史を紹介しています。

大型スクリーン映像での紹介や大型カヌーの展示等の貴重な資料が展示されています。

おきなわ郷土村

17~19世紀に繁栄した琉球王国時代の民家や庭園を再現しています。

「地頭代の家」では、三線に合わせた伝統的な踊り等も見られます。

古宇利島(こうりじま)

古宇利島(こうりじま)

古宇利島は、沖縄本島から橋で繋がっています。

周囲約8kmの小さな島です。

人気とともに近年、宿やカフェ等が増えています。

古宇利大橋

古宇利大橋

2005年、完成した古宇利島と沖縄本島側の屋我地島(やがじじま)を繋いでいる長さ、約2㎞の橋です。

橋の両サイドは沖縄のエメラルドグリーンの海ですから、その上を走っているような爽快なドライブコースになります。

これにより古宇利島は新たな沖縄北部の観光スポットになったのです。

古宇利オーシャンタワー

2013年、古宇利島の高台にできた新型の展望タワーです。

海を二つに分ける古宇利大橋から大海原まで眺望の効くスポットです。

そのまま食事もできます。

建物内には、滝の流れる庭園を自動カートで移動します。

また、世界の貝の生態展示も行われています。

クイナの森

クイナの森

2013年、ヤンバルクイナの生態展示学習施設「クイナの森」ができました。

ヤンバルクイナは、沖縄北部にしか生息していない天然記念物です。

これを間近に見ることができます。

辺戸岬

辺戸岬

沖縄本島最北端の岬である辺戸岬は、断崖絶壁に見ごたえがあります。

沖縄北部らしい海と島との融合地点ともいえます。

太平洋と東シナ海の交差点に位置していて、両側からの荒い波によって浸食されてできた地形です。

その波しぶきは、遠くからでも高く白く見えるほどです。

また、海に突き出ていますので朝日も夕日も眩しいスポットです。

天気が良ければ、遠くに鹿児島県与論島や沖永良部島も見えます。

復帰以前には、本土復帰を願っての「かがり火集会」が行われました。

その跡地には、復帰記念資料館や祖国復帰闘争記念碑があります。

まとめ

沖縄北部へ観光に行くには、意外に遠くて時間もかかります。

日程に余裕がなければ、南部の観光で終わらせてしまう人がほとんどでしょう。

しかし、魅力あるスポットも開発されつつあります。

今、これからの観光スポットとして注目を浴びているのです。

関連記事
沖縄南部を観光しよう!おすすめポイントをチェック!

子連れでも楽しめる!沖縄のおすすめ観光スポット

行ってみたい!沖縄の離島おすすめ3選


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

【ツアー旅行が満載!】

国内・海外・バスツアー・テーマ旅行なら『クラブツーリズム』

ツアーの種類が多いのが特徴で、定番ツアー、季節のツアー、出発地で選べる人気ツアーの検索も簡単。

公式サイトはこちら



【関連記事】