大都会の中に温泉が?お台場の大江戸温泉物語

大都会の中に温泉が?お台場の大江戸温泉物語

大江戸温泉物語は、東京お台場で2003年から営業しており、江戸幕府400年の記念事業の一環でもあります。

単なる入浴施設ではありません。

温泉をテーマにした新しいスタイルのテーマパークなのです。

今回は、お台場大江戸温泉物語がどんな温泉なのかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アクセス

お台場大江戸温泉

大江戸温泉物語は東京都港区台場にあり、最寄駅はゆりかもめ線のテレコムセンター駅。

りんかい線の東京テレポート駅からも行くことができます。

どちらからも無料シャトルバスが出ているので、交通アクセスはとても便利になっています。

周辺は、ダイバーシティ、テレコムセンター、東京みなと館、日本科学未来館等もあり賑やかな雰囲気に満ちています。

メインの温泉に入りましょう

メインの温泉に入りましょう

館内に入れば、江戸時代にタイムスリップしたかのようです。

館内では、まず浴衣に着替えることになっています。

呉服店「越後屋」に行って7種類の浴衣の中で好みの浴衣を着用します。

女性の浴衣には安心して着れるように、中紐が付いていてはだけづらくなっています。

大江戸温泉は、露天風呂はもちろん、砂風呂、岩塩風呂、足湯等と種類が豊富です。

女性用にミストサウナ、露天の桶風呂もあります。

源泉は、お台場の地下1,400mにあります。

泉質は肌に優しいものです。

上がった後のほっこり感がいつまでも続く温泉です。

砂風呂

温かい砂の圧力で体を押さえつけられる感じは、普通の風呂にはないものです。

さらに癒しを求める

岩塩風呂

約3億年前の天然ヒマラヤ岩塩を床に敷き詰めています。

ヒマラヤ岩塩は天然ミネラルの宝庫といわれてます。

低温の蒸気と反応して、体に良いマイナスイオンが大量に発するのです。

スポンサーリンク

足湯

浴衣を着たまま入られます。

700坪の日本庭園の中に50mもの湯の道があるのです。

道の底には足裏をほどよく刺激する丸石が敷き詰められています。

ゆっくり庭園を鑑賞しながら、歩くだけで日頃の疲れが自然と抜け落ちてしまいます。

唯一の混浴ともいえるスポットになります。

カップルでも家族でも一緒に楽しめる温泉は、ここだけです。

館内では、大浴場の次に大きな敷地を割いています。

庭園は、東海道五十三次をイメージしたものです。

東海道五十三次

スタート地点は日本橋で、小田原で一服して箱根の木立を通り抜けて大井川、そして琵琶湖へといった造りになっています。

夜になると、ライトアップされて庭園もより美しく映えます。

フォトスポットもたくさんありますので、カメラを片手に歩きましょう。

癒しの施設

フィッシュセラピー

フィッシュセラピー

フィッシュセラピーとは、皮膚の古い角質を餌にしている小さな魚に食べてもらう肌の改善療法です。

まだあまり知れ渡ってはいませんので、慣れないと抵抗もあるかもしれません。

しかしやってみれば、ちょうど気持ちいいくらいの肌触りなのです。

リラクゼーションエステ

エステメニューも豊富です。

クイックケア、足つぼマッサージの手軽なコースから、タイ式全身オイルマッサージのような本格的なコースまで充実しています。

癒し系だけでなく、フェイシャルトリートメント、あかすり等の美肌エステも人気があります。

遊びのスポットもある

遊びのスポットもある

売店

昔ながらの売店を覗くだけでも楽しいものです。

売店の「両国屋」には江戸風情の商品が売られています。

中でも、大江戸温泉オリジナルTシャツは人気です。

同じく大江戸温泉オリジナルの「合わせ焼」も人気です。

他にも、懐かしいきんつば、あん福餅、入浴剤、タオルセット等があります。

駄菓子屋の「大入り屋」でも、懐かしい駄菓子でいっぱいです。

ゲームコーナー

「当たり屋」には、太鼓の達人や各種クレーンゲーム等のゲームセンター定番のゲームが取り揃えてあります。

手裏剣ゲーム、吹き矢、ダーツ、スーパーボールすくい、人形すくい等の遊びも昔ながらのシンプルで楽しいものです。

千社札

大江戸温泉オリジナルの自分の名前のシールが作れます。

自分の名前が江戸風の書体になって、シールになるのです。

お土産を買うより、変った記念品になるかもしれません。

スポンサーリンク

プリクラ

大江戸温泉の10種類のオリジナルフレームを選んで、プリクラで写真が撮れます。
これも珍しい記念品になります。

占い

温泉でなぜ占いなのか、それはこうです。

温泉で温まった後の穏やかな心境で占ってもらえば、結果も前向きに受け止められるものだからです。

ここで悩みからも解放され、明るく生きられるきっかけとなれば、と思ってのことなのです。

休憩も宿泊もできる

休憩するなら大広間でもできますが、一台ずつテレビの付いているフルリクライニングチェアのあるレストルームをおすすめします。

女性には専用のレストルームもあります。

宿泊するなら「伊勢屋」がおすすめで、貸し切り露天風呂も付いているのです。

男性用に簡易宿泊施設「黒船キャビン」もあります。

部屋も露天風呂とミストサウナの付いた和室等いろいろと種類がありますので、予算と趣味に応じて選びましょう。

まとめ

東京の人気スポットお台場にある温泉施設ですので、老若男女誰もが好むスポットです。

温泉に浸かり浴衣で江戸町民気分で過ごすのも、優雅なものです。

江戸の町並みを再現したテーマパークですから、温泉だけでもありません。

食事も遊びも休憩も宿泊もできます。

「広小路」には、江戸らしいフォトスポットがたくさんあります。

浴衣にカメラというスタイルで館内を歩き回りましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加