『隣人がうるさい!』アパートやマンションの騒音対策

『隣人がうるさい!』アパートやマンションの騒音対策

アパートやマンションなどの集合住宅に住んでいる人であれば、必ず一度は悩まされたことがあるのが『隣人の騒音』

これはもうストレス以外の何者でもありません。

  • 『ドスドスと足音がうるさい』
  • 『夜中に歌い出す』
  • 『テレビの音量、楽器がうるさい』
  • 『連日のように友人を招き入れ、騒いでる』

  • 『子供の泣き声が…』
  • 『ペット不可の物件なのに、動物の鳴き声がする。』
  • 『夜中の掃除機・洗濯機がうるさい。非常識過ぎる。』
  • 『トイレの流す音が聞こえる…』

などなど、こんなことが実際にあります。

いくら注意して物件を探しても、引越し先の隣人がどんな人であるかは分からないし、生活音がどのくらい響くのかまでは分かりません。

一旦入居してしまえば、うるさいからと言って簡単に引越すことができないからこそ、賃貸物件は慎重に選ばなければなりません。

なかには、購入した分譲マンションの隣人トラブルで、泣く泣く手放して引越したなんていう人もいるそうです。

もちろん隣人が悪いのですが、こればっかりは運が悪かったとしか言えませんよね。

あまりにひどいようであれば訴えることもできますが、なかなかそこまでできないものです。

私もこれまでに6回引越しをしていますが、そのうちの半分で隣の騒音が気になりました。

安い木造アパートに住んでるからこそでもありますが、それでもかなりの確率ですよね。

今回は『隣人の騒音』についてまとめてみました。

理想のお部屋が届きます!【家AGENT+】

騒音を起こす人はどんな人?

騒音を起こす人はどんな人?

騒音を起こす人には、友人を家に招いた時だけ調子に乗って騒ぐ人もいれば、日常的な生活音がうるさい人、夜中に楽器を演奏し出す人など、色んなタイプの人がいます。

そういう人たちを大きく分けると、こんな感じに当てはまると思います。

本人に悪気はなく、無意識。

育った環境にもよりますが、「自分が騒音を出していることに気付いていない」「人に迷惑をかけていることに気付いていない」そんな人は意外にも多く存在します。

神経質な人もいれば大雑把な人もいるように、本人は普通に歩いているつもりでも、人からしたら足音がうるさいとか、窓を閉める音がうるさいなんてことがあります。

こういったタイプの人は悪気はないため、注意されればすぐに気を付けてくれる可能性が高いとも言えます。

ただ、他人に迷惑をかけていることにすら気付いていないのも、人として致命的ですけどね。

うるさい中国人はこのパターンが多いです。

中国人はうるさいのを騒音と思わず、「賑やかで良い」と感じているそうですが、これは文化の違いでしょうね。

もちろんモラルのない悪質なのも多いため、「価値観の違い」で許されることではありません。

わざと人に迷惑をかける人。(悪気しかない)

わざと人に迷惑をかける人。(悪気しかない)

憂さ晴らしか何か分かりませんが、わざと騒音を出す人がいます。

騒音オバサンなんていうのが昔いましたが、まさにそんな感じ。

人に迷惑をかけることで快感を得ている、質の悪いタイプ。

または、人に迷惑をかけていようが知ったこっちゃないタイプ。

これは悪気しかないので、この手のタイプの人間には何を言っても無駄。

絶対に直接関わってはいけません。

やり返しているパターン(売られたケンカは買う)

騒音がうるさいな~なんて思っていたら、もしかしたら自分が出している騒音に対して仕返しをしているなんてこともあります。

壁を殴って来たりする場合はそういうパターンですね。

何もないのにわざと壁を殴るような人はいません。

もしかしたら自分が騒音を出していて、それに対して『うるせーぞ』なんていうメッセージが込められているのかもしれません。

こういう時は、自分も騒音を出しているんじゃないか?と気を付けることも大切です。

自分では注意しているつもりでも、自分が気付いていない場合だってあるのです。

騒音が上下左右の部屋とは限らない。

振動や騒音は建物を伝わってくるので、必ずしも上下左右に隣接している部屋から発せられているとは限らないということです。

もしかしたら斜め下の部屋かもしれないし、隣の隣かもしれません。

耐えられなくなって何かしらクレームを付ける時は、騒音の出所をしっかりと確認してからの方がいいでしょう。

幹線道路沿い

これは隣人トラブルではありませんが、幹線道路沿いの騒音はひどい場合があるので注意しましょう。

片側二車線あるような幹線道路沿いのマンションは、4階ぐらいまではかなりの騒音が聴こえます。私の経験上、特にバスやトラックがうるさいです。

そういった物件を借りる場合には、低層階は特に注意しましょう。幹線道路沿いであっても高層階であれば、ほとんど気にならないそうです。

引っ越したいけど時間がない。。そんなあなたに朗報→チャット不動産

隣人の騒音に我慢できなくなった場合はどうすればいい?

隣人の騒音トラブル

もう我慢の限界・・・。

タダじゃおかね~!なんて気持ちになってしまいがちですが、実は一番やってはいけないのが『自分で解決しようとする』ことです。

こんな世の中なので、騒音の元になっている隣人がどんな人かも分かりません。

ひとつ言えるのは、『悪気は無いにしろ、わざとにしろ、人に迷惑をかけていることに気付かないような人』であることに変わりはないということ。

そのようなタイプの人に直接クレームを付けに行ったとしたら、どんな仕返しをされるかわかりません。

あなたが隣人の騒音に迷惑をかけられていた場合にすることはただひとつ。

『大家さんや管理会社に連絡して状況を伝える。』

これだけです。

迷惑をかけられているのはあなたですが、あなたがその隣人と直接関わってはいけません。

大家さんや管理会社を通して注意してもらい、それでも収まらないようであれば、退去勧告などの措置を出してくれる可能性もあります。

念のため大家さんや管理会社の人に、あなたがクレームをつけているということをくれぐれも当事者に伝えないようにしてもらう方がいいです。

普通は空気を読んでもらえると思いますが、口を滑らせてしまう残念な人もいますので。

自分に矛先が向けられたら、どんな報復をされるか分かったものじゃありません。

場合によっては、裁判沙汰になったり、騒音に耐えられなくなって自分が引越すことになってしまうかもしれません。

あらかじめ大家さんや管理会社に相談をしていたという事実があれば、何かしら有利に働くことになるため、そういった意味でも証拠を残しておきましょう。

その部屋のセキュリティ大丈夫?女性の一人暮らしの防犯ポイント4選!

物件選びをする際にチェックするポイント

木造アパートは絶対にやめる。

物件選びをする際にチェックするポイント

私の経験上、木造アパートの音の響き方はハンパありません。

物件にもよるのですが、一般的には鉄筋コンクリート造のマンション(RC)とは比較にならないほど。

どちらにも住んだことがありますが、隣人の騒音が不安な人は、壁の薄い木造アパートは絶対にやめておきましょう。

神経質な人であれば、間違いなく鉄筋コンクリート造のマンションを選ぶのが賢明です。

木造は家賃が安いですが、その分、騒音や隣人トラブルなどのリスクが大幅に高まるということを考慮する必要があります。

入居先の隣人によっては、家賃うんぬんの前にストレスで身が持たなくなります。何よりも、隣人は選べません。

だからこそ、しっかりとしたマンションにはそういう分の家賃も含まれていると考えるべきかもしれませんね。

借りるならどっち?アパートとマンションの違いとは?

鉄骨造にも注意。

鉄骨造にも注意。

鉄骨造というと何だか頑丈なイメージがありますが、柱にこそ鉄骨が使われていますが、壁自体は普通のボードだったりするので、防音効果は木造アパートと大して変わりません。

建築技術も進化しているので、木造であっても築年数が新しい物件であれば、防音効果が高いという場合もあります。

しかし、賃貸経営として建てられた物件は、築年数が新しくてもコスト削減されている可能性がありますので注意しましょう。

防音効果の違いは、壁がボードなのかコンクリートなのかによります。

一人暮らしは『街選び』そして『物件選び』で決まる!

部屋を内見した時に壁を軽く叩いてみる。

部屋を内見した時に壁を軽く叩いてみる。

気になる物件が見つかったら、内見の際には必ず壁を叩いて厚さを確認しましょう。

これは、音が響くか響かないかをチェックします。

木造の壁であれば、コンコンとかバンバンとか軽い音が響きます。

賃貸物件を契約する前に内見(下見)でチェックしたい7つのポイント

物件を契約する前に、管理会社に隣人のことを聴いておく。

これはテレビでもやっていたのですが、分譲マンションを購入する人は確認しておいた方がいいです。

以前に入居していた人がどんな理由で引越したのか、騒音トラブルの履歴があったかどうか、そのあたりはしっかりと聴いておきましょう。

個人情報やプライバシー的なことは教えてくれませんが、入居後に何かしらのトラブル(事故物件や隣人トラブル)につながる可能性があることは、事前に説明しなければならないというルールがあります。

過去に何かしらのトラブルがあった場合には、必ず記録が残っているはずですが、念のためこちらからも聴いておくに越したことはありません。

そのような重要伝達事項がなされていなかった場合には、管理会社に過失が発生します。

その件が理由で自分が引越すことになってしまったら、法的には費用を負担させることができる可能性があります。

アパートやマンションの騒音対策まとめ

アパートやマンションの騒音対策まとめ

隣人トラブルで一番多いのが騒音問題です。

たとえお互いに悪意はなかったとしても、ちょっとしたことで最悪の事態を招く可能性もあります。ニュースでも隣人トラブルの大事件があったりしますよね。

賃貸物件で生活している誰もが紙一重なのだということを肝に銘じておきましょう。

トラブルに巻き込まれないためにも、引越しの際には出来る限り事前に調べて対策し、自分の身は自分で守ることが大切です。

ちなみに私は、隣に引越してきた民度の低い中国人、階下の女性の生活音にひどく悩まされたことがあります。

管理会社にクレームを3度も入れてもらったのに改善されず、我慢の限界になったのですぐに引越しをしました。

私も最初は「泣き寝入りはやだ」とか「自分は悪くないんだから屈したくない」と考えたりもしました。

でも、注意されても改善しないような民度の低い人間なので、そんな奴とは関わってはいけません。逆恨みされないとも言えないし、そういう人間と生活を共にすると、何もかもが不幸になる気さえしました。

だから私は引越しを決意しました。

この時ばかりはお金が無駄にかかってしまいましたが、毎日悩まされているよりも、さっさと引越しして関わらないようにする方が賢明だと痛感しています。

繰り返しになりますが、もしいま隣人の騒音に悩まされているのでしたら、さっさと引越しの準備を始めた方がいいと思います。他人に気を使えないような奴に何を言っても無駄です。

最近では、隣人トラブルに限らず防犯対策として一般家庭でもホームセキュリティを導入している世帯が増えているので、簡単に引越し出来ない人や持ち家の方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

また、

  • 「もう騒音に耐えられない…すぐに引越したい!」
  • 「部屋探しでもう失敗したくない」

という人は、条件をチャットでリアルタイムで相談できる不動産サイトがあります。

引っ越したいけど時間がない。。そんなあなたに朗報→チャット不動産

 

失敗しない部屋探しのコツと注意点とは?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加