カフェやパン屋、そしてアンティークで有名な『西荻窪』

カフェやパン屋、そしてアンティークで有名な『西荻窪』

杉並区『西荻窪』は新宿から中央線で15分~20分ほどのところにあります。

ラーメンで有名な荻窪の一駅西、若者に人気の吉祥寺の一駅東に位置しています。

両隣りはどちらも有名で日々人混みの多い街ですが、その間に挟まれたこの西荻窪は全くそのようなことはありません。

スポンサーリンク

荻窪からも吉祥寺からも一歩下がって、地味ではありますが静かに過ごすにはうってつけの街なのです。

また、ただ控えめな街ということでもなく、昔からの個性ある店舗もたくさんあって西荻窪ならではの雰囲気もあります。

西荻窪の特徴

西荻窪の特徴

西荻窪は、新宿と立川のちょうど真ん中にありますので、どちら方面にも足を運びやすい立地にあります。

隣の荻窪は、丸の内線の始発駅になりますから、都心や東京駅方面であれば通勤は楽です。

同じく隣の吉祥寺は、京王井の頭線が通っていますので、渋谷方面にも通勤の便が良い所といえます。

なお、中央線沿線ではありますが、土日祝日には快速が止まりませんので、人の出入りは周囲に比べて少ない方の駅でしょう。

それでも中央線だけでなく総武線、東西線も使えますから、不便とはいえません。

駅を降り立って駅前の通りを一本外れてしまえば、それだけでたちまち閑静な住宅街が飛び込んでくるような静かな街です。

賑やかなのは駅の周辺だけというイメージですが、どちらかというと駅の南側よりは北側の方が賑やかでしょう。

トトロの樹と呼ばれるランドマーク的なものもあったり、不思議な雰囲気がある街です。

善福寺公園という大きな公園もありますが、休日には吉祥寺の井の頭公園まで自転車でも歩いてでも出かけられます。

スポンサーリンク

日常品の買い物が便利

日常品の買い物が便利

西荻窪駅を出るとすぐにスーパー西友があり、ここが24時間営業していますので、帰りが遅くなっても何の心配も要りません。

コンビニ、カフェ、居酒屋もこの付近に集中しています。

中にはコーヒー飲み放題などを売りにしているカフェもあり、気楽にくつろげると人気です。

西荻窪は吉祥寺の隣りでありながら、古本屋、喫茶店、飲食店、雑貨屋等がどことなく個性的なのが面白くもあります。

そんな店が路地裏に忽然とあったりするのです。

街並みは吉祥寺の影響を受けながらも、その店の展開の仕方が独特に感じられるのです。

アンティーク・インテリアで有名

アンティークで有名

特にアンティークについては、雑誌で取り上げられたこともあってか、わざわざ西荻窪を目指してやって来る人もいるといわれてます。

荻窪レトロなんていう風に呼ばれていて、骨董品、古書、古着等が好きな人は毎日退屈しないでしょう。

インテリアショップも多く立ち並び、静かな街の雰囲気も骨董品にはとても似合っています。

近くには東京女子大学がって学生も多いので、骨董品はともかく古書の好きな学生にはたまりませんね。

グルメ(カフェ、パン屋、ケーキ屋など)

グルメ(カフェ、パン屋、ケーキ屋など)

西荻窪にはグルメも多く、荻窪のラーメンに対抗している訳でもないのでしょうが、なぜかパン屋やケーキ屋が多いのです。

それも天然酵母ですとか、食パン専門店ですとかのパンにうるさい人向けのパン屋が多いのです。

試してみれば「さすがはこだわりの味」と何度も通うようになるかもしれません。

パンに釣られるかのように、なぜかケーキ屋もそこそこに多いです。

その他にも、惣菜屋、肉屋、八百屋、和菓子屋、定食屋、中華料理等の各種料理店も意外に多く食べ物屋には不自由しません。

これらの店は昔ながらの小さな個人店も多く、どの店も安くて美味しいのです。

スポンサーリンク

なんだかショッピングというより買い物という雰囲気が感じられ、店の人とも弾む会話ももまた面白いものです。

土地柄を感じながらの買い物は、チェーン店にはない楽しさもあります。

それが物足りなくなった時だけ、お洒落な吉祥寺に行けばそれでも十分吉祥寺は楽しめます。

決して華やかさのない地味で寂しい街ということではなく、吉祥寺の賑やかさは西荻窪まで届いてはいるのです。

最近は、若向けのいろいろなショップも開店が続いています。

いい感じで旧来の店と共存共栄しているのです。

決して買い物中にガンガン音楽がかかるような環境にはありませんので、落ち着いた生活が臨まれるでしょう。

家賃相場

隣りの吉祥寺と比べると、西荻窪の物件の安さが分かります。

吉祥寺では1DKは100,000円を超えますが、西荻窪になると85,000円、1Kで良ければ70,000円が相場になっています。

せっかく東京に来たんだからと吉祥寺の物件にこだわって探し続けるよりは、一歩下がって西荻窪にしておくのは良い選択です。

吉祥寺は遊びに行くのには良いですが、住むとなると話は別です。

住みやすさの上でも、西荻窪の方が落ち着いているし静かで良いという人が多いのが現状です。

同じ駅にある東京女子大学の学生も周辺に多く住んでおり、2月や3月のシーズンになると空き物件がすぐに埋まってしまいます。

治安

治安

西荻窪の住人は、昔から住んでいる年配の方、また付近の女子大に通っている女子学生も多いです。

そのせいもあってか、おっとりした雰囲気があります。

街の雰囲気からか若者もおとなしめに感じられますし、外国人もそれほど見かけられません。

昼間から飲める「えびす」などの居酒屋こそありますが、とても人情味があるお店なので、そこに来る客にも安心感が感じられます。

治安に不安を感じるという雰囲気はなく、夜でも女性が1人で歩けたりしています。

リアルに住みやすい街として、某掲示板などで密かにおすすめされたりしています。

まとめ

西荻窪は、一言で済ませるなら「モダンな街」といえます。

今まで知らなかった魅力が、ところどころに隠れ潜んでいる街でもあるのです。

この地で育まれてきた商店の人たちとの交流もその一つです。

意外に交通の便も良いですし、物の不自由しないどころか、西荻窪でしかない物もたくさん得られます。

特に初めての東京暮らしの方にとって、吉祥寺の隣に住めるというのはかなり魅力的なことでしょう。

それも吉祥寺と比べて格安に住居を提供してもらえるのです。

でも、西荻窪の一番良いのは毎日の食べ物が美味しいことかもしれませんね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加