東京なのに畑があると言われる『練馬区』実は漫画・アニメの発祥地だった!

東京なのに畑があると言われる『練馬区』実は漫画・アニメの発祥地だった!

練馬区は、東京23区の北西に位置してその北部は埼玉県和光市と隣接しています。

東には板橋区、南は中野区、杉並区、西は西東京市と接しています。

ほぼ全域が武蔵野台地にあって土地の起伏はあまりありません。

練馬大根で知られている通り、23区にあって唯一、農村の風景を残している区になっています。

したがって、東京らしいブランドは感じられにくい地域です。

残念ながら、若い女性の一人暮らしにはあまり人気がありませんが、個人的にはとてもおすすめできる住宅地です。

恵比寿や目黒などと言ったハイセンスな魅力こそないものの、生活に便利なスーパーや公園などが多く、静かに落ち着いて暮らしたい人、子育てに専念したいというファミリーには最適な街なのです。

元々は、板橋区の行政範囲であったのですが、範囲が広すぎることから分離して誕生した最も新しい区です。

スポンサーリンク

都心から最も遠く離れた区で、23区らしくないところにその魅力が詰まっています。

昔ながらの街並みや物価の安さもその一つです。

もう少し具体的に、練馬区の街の魅力について触れてみましょう。

交通の便

練馬区マップ

区内を走っている鉄道と停車駅は、以下の通りです。

西武鉄道

  • 池袋線(江古田駅、桜台駅、練馬駅、中村橋駅、富士見台駅、練馬高野台駅、石神井公園駅、大泉学園駅)
  • 西武有楽町線(小竹向原駅、新桜台駅、練馬駅)
  • 豊島線(練馬駅、豊島園駅)
  • 新宿線(上石神井駅、武蔵関駅)

東京地下鉄(東京メトロ)

  • 有楽町線(小竹向原駅、氷川台駅、平和台駅、地下鉄赤塚駅)
  • 副都心線(小竹向原駅、氷川台駅、平和台駅、地下鉄赤塚駅)

都営地下鉄

  • 大江戸線(新江古田駅、練馬駅、豊島園駅、練馬春日町駅、光が丘駅)

JR線は通っていませんが、意外に各社の路線が延びていて主に池袋に出てから都心各方面へも出かけやすくなっています。

大江戸線であれば、新宿までも直結しています。

通勤ラッシュも、他の区ほどではありません。

バス路線については、狭い道路を走っていたりと道路の整備状況に物足りない面があります。

スポンサーリンク

住宅街

練馬区役所

練馬区は23区内とは言っても、どこにでもこじんまりした公園が数多くあり緑地に溢れた閑静な住宅地が広がっています。

大規模な公園も石神井公園、光が丘公園、豊島園等があり、休日の散歩やジョギングをするのに適しています。

都心から離れすぎているのか、特に人気の住宅街というのはありませんが、練馬、小竹向原、江古田、光が丘、大泉学園等が注目される街です。

物価もそうですが、家賃も低く抑えられるのも魅力になっています。

土地も広く、1世帯当たりの平均居住面積も高くなっていますので、伸び伸びと暮らせる環境にあるといえます。

副都心線や大江戸線が開通してからは、住宅ニーズも高まっていてマンションの建設も目立つようになっています。

練馬区の近年の人口の伸びは目覚ましいものがあり、人口は2010年における調査では716,384人です。

これは面積が広いことも理由のひとつですが、23区の中でもトップクラスに入ります。

治安

治安

都心と違って郊外ですので治安は問題なしと思われがちですが、そうでもありません。

全体的には教育レベルが高くないとも言われていて、区内の一部には夜になるとヤンキーが徘徊する地域もあります。

公園やコンビニの周り等にも悪さをする若者がたむろしている光景が多いといわれています。

街全体の中でも特に治安が悪い傾向がある場所とは?

実際に起きているのは小さな事件ばかりですが、街の雰囲気には若干の影響があるものです。

ただ、犯罪件数からみても、足立区ほどの比率ではありません。

スポンサーリンク

漫画・アニメのまち

練馬区は、日本が世界に誇るアニメ文化の発祥した地とされています。

その歴史は、日本初のカラー長編劇場アニメ「白蛇伝」が制作されたところから始まります。

大泉学園にある東映東京撮影所に付随していた東映動画がこの地にあったのです。

1963年には、世界初の本格的テレビアニメシリーズ「鉄腕アトム」を制作しました。

1965年には、日本初の本格的フルカラーテレビアニメシリーズ「ジャングル大帝」を制作しました。

手塚治虫、藤子F不二雄、藤子A不二雄、赤塚不二夫をはじめとする多くの漫画家たちが、西武池袋線椎名町駅と東長崎駅付近の『ときわ荘』に居を構え、多くの素晴らしい作品を誕生させたことによります。

出版社の多い千代田区一ツ橋、神田神保町、文京区音羽等からの交通の便もほどほどに良いのも要因です。

大規模な繁華街も見当たらず、長時間にわたる作品の製作に集中できる環境もまた要因の一つでしょう。

今では、アニメ関連企業が練馬区に集中するようになりました。

「スタジオジブリ」や「新世紀エヴァンゲリオン」、「ポケットモンスター」等の制作に携わったアニメプロダクションもあります。

現在、アニメに関連している企業の数は100社前後にも及んでいます。

まとめ

練馬区は、自然に満ち溢れて物価も安い東京らしくない生活が居ながらにしてできるというのが魅力です。

アニメ作家のように繁華街を避けた東京生活をするにも、良い条件が揃っています。

一方、東京に住んでいるとは言えても、練馬区に住んでいるとは言いづらいという人が多いのも練馬区の特徴です。

練馬ナンバーの車を敬遠したがる傾向もあったりします。

近年は、交通網の発展と地価の安さに目を付けた住宅街の開発も手掛けられるようになっていますので、23区でこれから発展する余地の高い区であるといえます。

昔懐かしい雰囲気が残る学生街『江古田』

パークサイドに住んでみる?東京の公園の広さランキング!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加