最安料金で済ませたい!引越し費用の相場の目安を知っておこう!

最安料金で済ませたい!引越し費用の相場の目安を知っておこう!

引越しをする際に係る費用は、その条件により大きく違ってきますし、それぞれの業者の見積もりによっても違います。

いろいろなケースがありますが、それぞれにおいて大体の引越し費用の相場の目安さえ知っておけば、業者の比較がしやすいと思います。

ここでは、引越し費用の仕組みと具体的にどのような条件でどれだけ料金の差が出るのか、条件別に紹介したいと思います。

費用もそうですが、準備も計画的に進めましょう。

引越し料金の計算

一般的に引越しにかかる料金の計算式は、次のようになります。

これは内訳なので、実際の料金は業者からの見積もり次第となりますが、一応参考にしてみて下さい。

以下の項目によって料金が変わってきます。

引越し費用

  • 搬送距離と荷物量の組み合わせによる運賃費
  • 梱包資材の種類と量、スタッフの人数による実費
  • 不用品処分などの追加オプションサービス料

搬送距離と荷物量の組み合わせによる運賃費

運搬費は、国土交通省の標準引越運送約款などによって算出されることになっています。

そのため、業者によって極端な差はありません。

移動距離による設定をしている場合、100km(軽貨物業者については30km)の基礎料金を超える距離になると料金が追加されます。

移動時間による設定をしている場合、4時間または8時間の2種類の基礎時間を超える時間になると料金が発生追加されます。

荷物量では、トラックの大きさが変わると運賃に大きく影響してきます。

梱包資材の種類と量、スタッフの人数による実費

梱包資材の種類と量やスタッフの人数による実費

梱包資材とは、ダンボールや引越しユニット等になります。

これに加え、関わった作業スタッフの人件費が加わります。

一人暮らしであれば一人、多くても二人ぐらいですが、荷物の量によって人数が変わってきます。

概ねの目安として、搬出・搬入作業が1時間ぐらいで完了するように人数を追加するようです。

移動において高速道路などを使用すれば、その分も追加されます。

不用品処分などの追加オプションサービス料

引越しに関わり発生する業務で、各社で様々なオプションサービスが提供されています。

大型家電やベッド・ソファなどの不用品の処分、エアコンの取り外し取り付け、ピアノの運搬、インターネットの接続、役所手続きなどまで様々あります。

直接請け負っている場合と、提携業者がしてくれる場合とで料金が違ってきますので見積もりで比較しましょう。

引越しの荷造りのコツと自分でやる作業

シーズンによる料金の違い

シーズンによる料金の違い

引越し費用も需要と供給の関係で変化しますが、引越しの需要は極端に偏るものです。

引越し業者は年度の終わりと始めは引っ張りだことなりますので、そこは高い料金を設定します。

これはGWやお盆休み、年末年始などに旅行会社が設定するシーズン料金と同じですね。

3月~4月は繁忙期として特別料金のような扱いをされてしまいますが、だからといって進学や転勤の人は避けるに避けられない時期でもあります。

そのため、料金の安さを優先するよりも、無事引越しが完了する方を優先した方が賢明です。

引越し業者によって料金に差が出るとは言え、せいぜい2~3万ぐらいの範囲なので、料金を気にし過ぎて手間やリスクを負うよりは、スムーズに確実に引越しを終えることを優先しましょう。

また、シーズンの時期を避けて引越しが出来るのなら、思わぬほどの低料金で済ませられることもあります。

おすすめとしては、夏や秋口。

具体的には、5月~10月ぐらい。この時期は年間のうちでも一番安くなります。

なお、同じ時期でも月や曜日によっても波があるため、業者ごと個別に比較して、一番安いところを探してみると良いと思います。

こちらのサイトでは大手引越し業者の料金を一括で比較できます。

日にち・曜日を指定したり、そのまま予約も出来るので便利です。

大手引越業者のプランを徹底比較

引越し費用の相場

引越し費用の相場

繁忙期と通常期における引越し費用の相場を、以下の通り搬送距離、荷物量別に分けてみました。

これは目安程度のものですので、実際は引越し業者に見積もりをとってみるようにしてください。

引越しに費やす人数や時間、オプションサービスの注文次第で大きく追加されることもあります。

通常期(5月~2月)における距離・荷物量別の相場

  • ~20km:単身38,000円、2人46,000円
  • ~50km:単身43,500円、2人53,000円
  • ~200km:単身60,500円、2人63,000円
  • ~300km:単身74,000円、2人81,500円

繁忙期(3月~4月)における距離・荷物量別の相場

  • ~20km:単身49,000円、2人60,000円
  • ~50km:単身57,000円、2人68,500円
  • ~200km:単身79,000円、2人105,000円
  • ~300km:単身96,500円、2人147,500円

荷物量を人数でなく間取りにより分類すると以下の通りです。

距離・間取り別の相場

  • ~20km:1部屋26,500円、2部屋34,000円
  • ~40km:1部屋38,500円、2部屋46,000円
  • ~60km:1部屋51,000円、2部屋58,000円

長距離の場合は高くなりますが、日程調整次第で他の人と荷物を同じ便で搬送する方法が使えれば、かなり安くなったりもします。

通常期では、タイミング次第でもっと安くなることもありますので、日程調整ができる場合は最安にできる日程と料金で見積もりを出してもらいましょう。

繁忙期では、引越し業者も多くの引越しを請け負いますので、一件当たりの時間を短くさせるため、トラックや作業スタッフの人数を増やすこともあって、料金も割高になる傾向があります。

まとめ

引越しは無事に荷物を運搬してもらうだけですので、どの業者を選んでもさほど違いがありません。

しかし、実際の引越し料金は業者によって大きく変わりますので、出来るだけ安く抑えたい場合は、同時に何社も見積もりをとって比較をすることが大切です。

大体の相場さえ知っておけば、条件や料金の相談をする際の知識となるので役に立つと思います。

また、業者別に引越し料金を比較しているサイトもありますので、上手く利用すれば最安料金で引越しができます。

安いだけでなく自分の引越しに最適なサービスを提供している業者を探す事も大切です。

料金比較・スピード予約!引越しを最安に!
引越し侍の予約サービス



  • このエントリーをはてなブックマークに追加