京都の観光におすすめ!伏見周辺の散策コース

京都の観光におすすめ!伏見周辺の散策コース

最近めっきりと涼しくなり、ゆっくり歩きながらの散策が気持ちの良い季節になってきました。

京都には、軽いハイキングにもぴったりの観光スポットがたくさんあります。

今回はそんな中から、様々な角度で楽しめる伏見周辺の散策コースをご紹介します。

京都の観光にとてもおすすめですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

千本鳥居の伏見稲荷大社

千本鳥居の伏見稲荷大社

まずは、参道にずらりと並んだ鳥居が有名な伏見稲荷大社です。

「外国人に人気の日本観光スポット」の1位に選ばれたこともあるほどに独特の景観が楽しめます。

全国に3万社以上ある稲荷神社の総本山。

五穀豊穣、商売繁盛の御利益にもあずかれるかもしれません。

伏見稲荷大社の最寄り駅はJR「稲荷駅」ですが、京阪「伏見稲荷駅」も近くにあります。

この駅は、駅の柱が朱塗りになっていて面白いので、そちらから行くのもよし。

JR稲荷駅の場合は降りてすぐに一番鳥居がお出迎えしてくれます。

京阪伏見稲荷駅からは、直接途中の末社へ続く道がありますが、一番鳥居から入りたい人は、JR側にまわってください。

山はすべてが参道で道に迷う心配もなく、気軽に訪れることができます。

ただ、階段が多く、稲荷山を一周するには2時間ほどかかります。

ハイキングに適した服装や靴で行くのがおすすめです。

スポンサーリンク

一番鳥居~末社

伏見神社
一番鳥居~末社

最初の鳥居をくぐると楼門があり、対になったお狐様に出会えます。

そこから本殿に至るので、まずはお参りをしましょう。

本殿は1467年からおこった応仁の乱の最中に焼失しましたが、1499年に再建され、それが500年以上の時を超え現在まで続いたもの。

国の重要文化財に指定されている貴重な建物です。

圧巻の千本鳥居下をくぐり奥社奉拝所へ

圧巻の千本鳥居下をくぐり奥社奉拝所へ

奥宮を過ぎたら、いよいよ鳥居軍団がお待ちかねです。

右と左に道が分かれていますが、どちらも同じ奥社奉拝所に通じていますので、お好きな方を選んでください。

ひたすらに続く鳥居の群…不思議な非日常の世界に迷い込んだような気持になります。

その終点が奥社奉拝所。

足に自信のない人は、ここまでにしておくのもいいかもしれません。

ここの灯籠の前には「おもかる石」があり、願い事をしながら石を持ち上げて、叶う場合は軽く感じ、叶わない場合は重く感じるといういわれがあります。

興味があれば、一度お試しを。

まだまだ鳥居は続く…

まだまだ鳥居は続く…

奥社奉拝所を過ぎても鳥居は続きます。

だんだんと登りがきつくなり、脱落していく人もちらほら。

しかし、四つ辻に到着すると見事な羨望が楽しめます。

稲荷山からの眺望

茶店があるので、ゆっくりと休憩して、しばし鳥居から解放されましょう。

ここから引き返すも良し、さらに健脚な人は、稲荷山山頂まで登り、ぐるっと回って四つ辻に戻るコースもおすすめです。

坂本竜馬ゆかりの地と酒蔵の町を歩く

坂本竜馬ゆかりの地と酒蔵の町を歩く

さて、伏見といえば、伏見稲荷大社以外に「龍馬ゆかりの地」としても有名。

また、「ふしみ」は、もともと「伏し水=ふしみず」から来ていると言われています。

伏し水とは、地下を流れる伏流水を指していると思われ、古くから地下水に恵まれていた土地柄を表した言葉が縮まって「ふしみ」となり、漢字があてられたというのが定説になっています。

豊かな地下水を利用しての酒造りが古くから行われ、伏見は酒蔵の町としても有名。

日本酒好きな人には、伏見の酒蔵めぐりもおすすめです。

特に歴史やお酒には興味がなくても、白壁土蔵が連なる町並みを歩くのは風情があって、じゅうぶんに楽しむことができます。

スポンサーリンク

伏見大手筋商店街

伏見大手筋商店街

JR「桃山」近鉄「桃山御陵前」京阪「伏見桃山」からスタートすると、豊臣秀吉が築いた伏見城の大手門からのびる伏見大手筋商店街を歩くことができます。

そこを中心に様々な商店街が連を成し、龍馬にまつわる様々な旧跡や有名な寺田屋をめぐりながら、多彩な飲食店やお土産物屋を楽しめる散策コースになります。

途中には、日本酒でおなじみ月桂冠の運営する月桂冠大蔵記念館があり、日本酒の歴史や酒造りについてのあれこれを知る展示がされています。

見学の後はお試しのきき酒もできますので、日本酒好きにはたまらない、人気のスポットとなっています。

お酒のテーマパーク『キザクラカッパカントリー』

お酒のテーマパーク『キザクラカッパカントリー』

塩屋町にあるキザクラカッパカントリーは、色っぽいカッパのCMでおなじみ「黄桜」が運営するお酒のテーマパークともいえる施設。

敷地内には名水が湧き、中庭では春になると社名でもある「黄桜(鬱均桜)」の下での花見もでき、地元の人が気軽に訪れる場所となっている。

もちろん、秋の季節は紅葉が楽しめます。

中の商店には豊富なお土産用のお酒がズラリ。

レストランでは限定の日本酒や地ビールを味わうことができます。

京阪電車「中書駅」から徒歩5分とアクセスも良く、入場料は無料。

一人でも、カップルやグループでも気軽に訪れられるのでおすすめ。

伏見大社を歩いて疲れた身体、ここで癒してみるのはいかがですか?

ただし、月曜日は休館なので注意してください。

まとめ

京都で人気の高い観光スポット、伏見のおすすすめ散策コースをご紹介しました。

伏見稲荷で商売繁盛の御利益にあずかるも良し、ひたすら続く鳥居を数えて山を登るも良し。

歴史深い伏見の町で龍馬や薩摩藩主たちに思いをはせるも良し、日本酒を楽しむも良し。

様々な楽しみ方ができるのが魅力の観光地・伏見。

秋は気候もいいので散策にはぴったりの季節です。

ぜひ一度訪れてみてくださいね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加