京都嵐山を観光するならここがおすすめ!

京都嵐山を観光するならここがおすすめ!

京都観光のメインスポットの一つに郊外の嵐山があります。

修学旅行でも定番の観光スポットですね。

自然いっぱいの山の景色をバックにした由緒ある寺は環境にもマッチして、いい雰囲気を出しています。

スポンサーリンク

京都嵐山の紅葉は、街並みにフィットします。

訪ねてみるなら間違いなくこの季節でしょう。

JR嵐山駅に降り立つなり、紅葉が出迎えてくれます。

京都嵐山の紅葉

嵐山人力車

人力車を曳く若者も心地良さそうなものです。

そこから嵐山を一周しても1時間もかからないので、ちょうど散歩に出かける感じで出かけられます。

もちろん徒歩でもいいのですが、桂川に沿って自転車道も整備されていますので、レンタサイクルで散策する方法もおすすめです。

寺院・神社

鈴虫寺

鈴虫寺

鈴虫寺とは通称名で、正式名は妙徳山華厳寺です。

想像は付きますが、鈴虫の音色に囲まれている寺であることから、鈴虫寺になっているのです。

ここのお地蔵様は、草履を履いていますので、願いをかなえに来てくれるといわれてます。

その代わり、願い事は一つに絞らなければいけません。

苔寺

苔寺

苔寺も通称名で、正式名は西芳寺です。

聖徳太子が別荘にしていた土地に建てられたものです。

庭園の管理のできない時期もあってか、いつのまにか苔に覆われるようになってから、苔寺と呼ばれています。

一般開放は行っておらず、閲覧希望者は事前の予約が必要です。

天龍寺

臨済宗の禅寺で、かっては嵐山全体の総本山のような勢力のあった寺です。

法堂の天井に描かれた壮大な雲龍図は、一見の価値があります。

八方睨みの龍の眼光は迫力があり、見る者を威嚇してきます。

スポンサーリンク

野宮神社

嵐山の竹林の奥にあるこじんまりした神社です。

縁結びのパワースポットとして有名です。

清涼寺

嵯峨釈迦堂の名で有名な寺です。

国宝「釈迦如来立像」の他、その体内に納められていたという「五臓六腑」も見られます。

国宝「阿弥陀三尊像」等、文化財を拝観するには欠かせない寺です。

公園等

京都嵐山

中之島公園

JR嵐山駅から渡月橋を渡る途中に通ると良いです。

桂川沿いに広がる河川敷の公園です。

桜の季節には、日本さくら名所100選にも選ばれていますので、おすすめです。

中でも、しだれ桜は巨大で桜の季節には見事にライトアップされています。

渡月橋

渡月橋

テレビドラマでも度々登場する京都らしい風景を代表する橋です。

ここが嵐山の中心になります。

亀山公園

保津川下りの着船場から広がる公園です。

眺めの良い公園で、桜の季節や紅葉の季節には特に人気があります。

高台まで遊歩道が整備されていますので、ミニトレッキングにもなります。

保津川を眺めていれば、川下りの船も通ります。

山を眺めていれば、トロッコ列車も通ります。

竹林

竹林

竹林を見ないで嵐山は語れません。

何の抵抗もなかったかのように垂直に伸びあがった何百何千もの竹が、通路の周りを取り囲んで他には何も見えないのです。

この幻想的な世界は、テレビや雑誌では味わえません。

ライトアップされた竹林は、大変な人気になっています。

トロッコ列車と川下り

トロッコ列車と川下り

嵯峨野からトロッコ列車に乗って、雄大な保津川渓谷沿いの自然探訪をしながら約7km走り丹波亀岡までを繋いでいます。

帰りは、川下りをして川から見る渓谷を満喫しましょう。

春の桜、夏の緑、秋の紅葉、冬の雪と四季折々の眺めを提供しています。

ゆったりとしたひとときが味わえること間違いなしです。

トロッコ嵯峨駅の隣にある19世紀ホールも見所です。

列車の待合時間だけでも飽きずに過ごせます。

近代化が一気に進んだ19世紀を代表する科学技術の一端を垣間見ることができます。

蒸気機関車、ピアノ、オルガン等を展示しています。

19世紀風のインテリアに囲まれて見ると、その時代の人になったかのようでもあります。

スポンサーリンク

嵐山のグルメ

嵐山よしむら

嵐山のシンボル渡月橋を見ながらのお食事処です。

人気メニューは蕎麦です。

蕎麦に絡んだ団子やアイス等の甘味メニューも豊富に揃えてあります。

天ぷら「松」

高級天ぷらを提供しているのが、天ぷら「松」です。

その値段の高さ以上に人気が高い天ぷらです。

松籟庵(しょうらいあん)

京料理の代表的な湯豆腐の店です。

嵐山の奥にひっそりあるのも、人気になっています。

建物は、近衛文麿公の別邸であった由緒あるものです。

茶房「指月庵」

指月庵は、自分で抹茶を立てて味わえる茶房になっています。

お茶の基本の作法、茶道具の使い方等、丁寧に教えてくれますので安心です。

珍しい体験型の茶房になっています。

まとめ

嵐山といえば、竹林、トロッコ列車、川下り、紅葉狩りといった京都での自然散策をするスポットというイメージも強いです。

しかし、古くからの寺院や収蔵している文化財も数多くあるのです。

また、紅葉は素晴らしく寺院を包み込むほどの紅葉の中を参拝するのが、最も効率的な嵐山の鑑賞方法といえます。

京風グルメを味わうのも、その自然あふれる環境の中だからこそ美味しく感じられるスポットです。

年間を通じて観光客も多いので、特にシーズンには混雑を前提にして出かけましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加