京都といえば金閣寺。その歴史と放火について

京都といえば金閣寺。その歴史と放火について

日本の寺で最もきらびやかな寺が、京都の金閣寺です。

正式名称は、鹿苑寺(ろくおんじ)です。

1994年には、世界遺産にも登録されました。

その外観は、行ったことのない人でも写真として見たことのあるものだと思われます。

ですが、その建築のいきさつや奥深い見所等は知らないことも多いでしょう。

そんな金閣寺のことを紹介します。

スポンサーリンク

金閣寺の歴史

金閣寺の歴史

金閣寺のあった京都北山のその土地には、鎌倉時代の藤原一族の藤原公経(ふじわらのきんつね)が建立した西園寺がありました。

鎌倉幕府が倒れた後の1397年、室町幕府3代将軍であった足利義満が「北山殿」という一大政治拠点を造営したのです。

足利義満は、実際にここで政治を取り仕切っていたのです。

足利義満が没してから、遺言により北山殿は解体され、舎利殿だけが禅寺として残されました。

この禅寺を、足利義満の法名である鹿苑院殿から2文字を取って「鹿苑寺」と名付けられたのです。

1950年に放火により全焼しました。この時、 足利義満の木像、観音菩薩像、阿弥陀如来像、仏教経巻等の文化財も焼失しました。

1955年に再建したものが現在の金閣寺になります。

1986年には、年数経過とともに徐々に金箔が剥げ落ち、金閣寺らしくないと改修の要望が高まったことを受け、大改修が始められました。

1987年には、大改修も終わり金箔も塗り直され、その見事な景観を再現しています。

スポンサーリンク

舎利殿

舎利殿

写真になっている金閣寺は、この舎利殿の写真です。

3層になっていて、豪華な造りをしています。

1層目は漆塗りですが、2層目、3層目は、漆の上から金箔を貼り付けています。

各層ともに建築様式が違っている特殊な建築手法を使っています。

1層は、法水院(ほうすいいん)と呼ばれてます。寝殿造りです。

宝冠釈迦如来像そして建立者の足利義満像が安置されています。

2層は、潮音洞(ちょうおんどう)と呼ばれてます。武家造りです。

岩屋観音像と四天王像が安置されています。

3層は、究竟頂(くっきょうちょう)と呼ばれてます。禅宗仏殿造りです。

屋根は、柿葺(こけらぶき)で椹(さわら)の薄い板を積み重ねています。

先端にあるのは、鳳凰です。

夕佳亭(せっかてい)

夕佳亭(せっかてい)

夕佳亭(せっかてい)は、江戸時代になってから茶道家の金森宗和が建てた茶室です。

小高い丘の上にあるこの茶室から眺める金閣寺が夕日に映えることから、名付けられたものです。

夕佳亭では、「南天の床柱」が有名です。茶室に南天の柱が使われるのは珍しいのです。

夕佳亭のそばにある貴人榻(きじんとう)という椅子の形状をした石も見所になっています。

1868年、夕佳亭は焼失し、1874年に再建されました。

1997年には、解体修理をしました。

不動堂

不動堂

金閣寺境内に現存する建物では最も古いものです。

1225年に建立されましたが焼失したので、1580年代に宇喜多秀家により再建されたものです。

弘法大師が造った石不動明王が祀られています。

西園寺公経が造営した頃の北山殿の名残のある建物です。

庭園

金閣寺の庭園

金閣寺の境内は、約4万坪もあります。その大部分が庭園になっています。

庭園には、鏡湖池をはじめとして見所も多いのです。

衣笠山を借景にした庭園は、室町時代特有の池泉回遊式庭園です。

これは国の特別史跡、特別名勝の指定をされています。

鏡湖池

池の中には、葦原島、鶴島、亀島等の島が造られています。

足利義満の時代には、各地の大名が石を奉納したといわれてます。

その名残が石に付けられた名前です。

畠山石、赤松石、細川石等の石は、まさに大名の名前なのです。

スポンサーリンク

陸舟の松(りくしゅうのまつ)

船のように見えることから、名付けられています。

京都三松の一つにも数えられている名松で、足利義満が植えたといわれています。

銀河泉(ぎんがせん)

足利義満がお茶の水源にしていたとされる泉です。

現在もなお、水は湧き出ています。

厳下水(がんかすい)

足利義満が手洗いの水にしていたとされる泉です。

放火による火災消失

放火による火災消失

1950年の火災は、放火だったこともあり日本中を驚かせました。

放火犯は、金閣寺の修行僧で、放火直後に裏山に登り自殺を図るも救命されました。

犯人の母親は自殺しています。

この事件がきっかけになって、京都の寺社仏閣には消火器等の消化設備が整備され始めたのです。

文学界にも事件を題材とする動きが出ました。

三島由紀夫の「金閣寺」、水上勉の「金閣炎上」等の事実をモチーフにした有名作品があります。

まとめ

日本の寺院で最も見栄えのするのが、金閣寺であることに誰も異論を唱える方はいません。

その金閣寺の歴史には、かっては政治の拠点であったり再建したり、またセンセーショナルな放火事件もあったりと学ぶことも多いのです。

そのような知識を踏まえて出かけると、また一味趣きの違う金閣寺を参拝できることでしょう。

見栄えだけでなく、そこには奥の深い歴史が秘められているのです。

京都駅から約30分程度と交通アクセスも良いので、ぜひ観光してみて下さい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加