お惣菜が美味しい!東京都北区の『十条銀座商店街』

お惣菜が美味しい!東京都北区の『十条銀座商店街』

街の商店街は、どこもさびれがちな傾向になって久しいものです。

全国各地の駅前商店街はシャッター街と呼ばれ、閉店した後シャッターが閉まったままの状態で店舗が並んでいます。

昔ながらの商店街の再開発等の計画も各地で行われているようです。

その中で、東京都北区にある十条銀座商店街は、活気ある商店街として地域に根差したままその歴史を更新しています。

スポンサーリンク

十条銀座商店街の歴史と地理

十条銀座商店街の歴史と地理

十条銀座商店街は、1世紀を超える歴史のある商店街です。

1900年頃から、軍事施設に関連して店が並び始めました。

1978年には、アーケードも完成し舗装もカラー化したところです。

1994年には、スタンプ事業を始めています。

1998年には、アーケードを改修する等の環境整備を行いました。

現在では、200店舗が軒を連ねる東京都北区を代表する商店街になりました。

東京の三大銀座商店街の一つにも数えられています。

JR埼京線『十条駅』を降りたら、十条銀座商店街はすぐにそれと分かるように、アーチ型の入り口が目に飛び込んでくるのです。

埼京線十条駅

全天候型アーケード大型商店街

この先、メインストリートは、本通り1区、本通り2区、本通り3区と区画ごとに分かれています。

最後まで歩いてみれば、それだけの全長があるのが分かります。

さらに枝分かれしている通りもあります。

それが、本通り1区と2区の間から延びる西通りと東通り、本通り2区と3区の間から延びるフジサンロードです。

スポンサーリンク

JR十条駅からは、プリロードを通って東通りに入るルートもあります。

本通り3区のアーケードが終わると、その先も引き続き富士見銀座商店街へと繋がっています。

富士見銀座商店街

これも併せると、全長1㎞にも及んでいるのではないでしょうか。

西通りの先も、引き続き十条仲通り商店街へと繋がっています。

いわゆる商店街地帯と言っても良いでしょう。

全天候型アーケード大型商店街

全天候型アーケード大型商店街

十条銀座商店街のアーケードの長さは、特筆すべきです。

アーケードがあるだけで、雨の日でも客の入り具合に大きな変化は見られません。

日射しの強烈な日にしても、優しく遮ってくれます。

天候変化の激しい最近は、特にその存在意義が感じられるようになりました。

おかげで両サイドともに店は歯抜けもなく、びっしり並んでいます。

アーケードのある商店街は、普通に歩行者専用です。

しかし、良く考えてみれば店にとっては不便この上ないことです。

車で表から搬入搬出ができないのですから。

なお、東京一のアーケード商店街はこちらです。

⇒パルム商店街が便利で住みやすい街!品川区『武蔵小山』

とにかくお惣菜が凄い

とにかくお惣菜が凄い

十条銀座商店街には、大きな特徴があります。

歩いてみればすぐに分かることですが、八百屋が多いことです。

そして、なぜか八百屋なのにお惣菜を売っているのです。

惣菜が文化であるかのように、ごく当たり前にあちこちで売られています。

それを食べ歩きしている人も違和感なく沢山います。

これだけ売られていれば、その種類も豊富です。

コロッケ、フライ、餃子、シューマイ、天ぷら、野菜入りハンバーグ等です。

スポンサーリンク

休日には屋台もどこからか登場します。

餃子やラーメンといった定番のものですが、頼めばいろいろとこまめに応じてくれます。

美味しそうな餃子を見かけても、パックが10個入りとちょっと多めだったりします。

それではと、シューマイのパックを見てもやっぱり10個入りで売っていたりします。

そんな時は、それをあえて言ってみることがおすすめ。

そしたら、パックに餃子を5個、シューマイも5個入れてくれたりもしてくれるものです。

十条の餃子

味付けの注文にも応じますし、持ち帰り用のたれや薬味等をくれたりもしてくれます。

たわいのないことではありますが、町の人との一体感が感じられます。

種類の多さだけがポイントではありません。

それよりも値段の安さが凄いのです。

気が付くのは、やたらとコロッケが売られていることです。

十条のコロッケ

その値段が、なんと1個30円なのです。それも税込みです。

これ以上安いコロッケに出会うことは、この先ないでしょう。

他の惣菜も追随するかのような値段です。

チキンボールが1個10円だったり、数十年前の値段にタイムスリップしたのかと思ってしまいます。

値段も中身も味も懐かしい、まさに昔ながらのポテトコロッケなのです。

少々、小ぶりにしてありますが、これがまた手に持って歩きながら食べるのにちょうど良いのです。

見ていれば、ついつい買ってしまいそうになります。

からし焼きにチャレンジ

十条名物からし焼き

十条銀座商店街ならではのメニューが、からし焼きです。

地域特産メニューがあるのも嬉しいです。

「からし焼き定食」は850円と値段はそこそこしますが、珍しいので納得しましょう。

甘酸っぱいスープに辛みで味付けしたような感じのスープは、確かに珍しい味です。

キャベツ、白ネギ、きゅうりを千切りにしてあります。

その下を見ると豆腐、その下には豚ロースに丸ごとニンニクと贅沢に食材を使っています。

ご飯が美味しくいただける一品です。

一人暮らしをするにもおすすめの街

十条は、東京23区の中では家賃も安く、治安も良い。

それでいて生活に便利な十条銀座商店街があって、とても一人暮らしに便利な街です。

交通の便もかなり良く、新宿や池袋方面も乗り換えなしで1本。

上野・東京駅方面へはJR京浜東北線の東十条駅も利用できるのです。

なお、十条には東京家政大学、東京成徳大学、帝京大学医学部などがあります。

⇒一人暮らしの家賃の目安はどれぐらい?

まとめ

ぜひ十条銀座商店街に散歩に行ってみて下さい。

余談ですが、本通り2区のちょうど商店街全体の中ほどに商店街事務所があります。

ここにトイレがあるのが、嬉しいです。

何せ歩き回っていれば、店が多くてあっという間に時が流れてしまいますから。

昔ながらの活気ある十条銀座商店街は、観光スポットとしてもおすすめです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加