アパートやマンションの賃貸契約はフリーターや無職だと入居審査が通らない?

アパートやマンションの賃貸契約はフリーターや無職だと入居審査が通らない?
  • 「引越ししたいんだけど、無職でも家って借りられるの?」
  • 「とりあえず上京してから仕事やバイトを探す予定」
  • 「引越し先の地で就職活動や転職活動を始めたい」

という人もいると思います。

そこで心配になってくるのが賃貸契約の入居審査。

賃貸物件を借りるためには入居審査をパスしなければなりません。

初期費用0円で上京できる!
東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

入居審査とは?

入居審査は主に「安定した収入があるかどうか」という点と「マナーやモラルの面で風紀を乱さないかどうか」「信用に値する人かどうか」について審査されます。

大家さんとしても賃貸をビジネスとして行っているため、毎月家賃を滞りなく入金してもらえるという確証のない人とは契約したくないというのが本音です。

それに、一度賃貸契約を締結してしまうと、借主に居住権が発生するので、簡単に強制退去させるというわけにはいかなくなります。

もちろん家賃滞納は退去させる正当事由になりえますが、そのようなトラブルはできるだけ避けたいリスクです。

そのため、住宅ローンやクレジットカード審査などと同じように、賃貸のための入居審査をします。

具体的な審査項目は、主に、

  • 住所、氏名、連絡先などの基本情報
  • 入居希望者の職業、勤務先、収入

といったものになります。

フリーターや無職は入居審査が通らない?

フリーターや無職は入居審査が通らない?

これでは、フリーターや無職ではとても審査にパスしそうにはありませんよね。

しかし、必ずしもそうでもないのが実情です。

フリーターや無職がNGとなると、引越し先でこれから就職活動や転職活動をするなんてことが出来なくなってしまいますし、現にそんなことはありえませんよね。

それに、不動産業界の最近の傾向として賃貸物件の空室率が高くなっているということもあり、無職であってもとりあえず入居してもらうことが優先されつつあります。

審査をやたら厳しくしても、それゆえに入居者がいなくなってしまっては賃貸経営としては本末転倒になります。

今の不動産業界は競争が激しいため、とにかく入居率を高めることに必死で、ビジネスとして背に腹は代えられないといったところでしょうか。

現に、従来なら断っていた中国人を簡単に入居させたり民泊させるケースも増えており、それゆえに近隣や隣人トラブルも問題となっています。

また、フリーターや無職だからといって、「=貯金や財産がない」ということにはなりません。

フリーターは少なからず収入はありますし、無職であっても貯金があったり、親から仕送りを受けているなどで支払い能力がある人もいます。

労働者の4割が非正規雇用の時代に、正社員じゃなければ賃貸契約できないなんてことはありません。

では、フリーターや無職でも審査を通過できるケースを以下で紹介します。

保証人を立てる

保証人を立てる

学生が収入も無いのに当たり前のように賃貸物件に住めるのは、家族を保証人として立てるからです。

フリーターや無職の人でも立場は同じようなもので、信用をもらうためには、支払いできなくなった時に保証人に請求できるという場合に限られます。

まずは保証人を立てるということが一番の対応となります。

親、兄弟姉妹、親戚の中で安定収入のある人に声をかけて保証人になってもらえばまず大丈夫です。

保証会社を利用する

また、最近では保証人を立てずとも保証会社を利用するというのもあります。

  • 連帯保証人になる人が全くいない場合。
  • 親族が定年退職などで無職だったり、支払い能力がなくて連帯保証人になれない場合。

ただ、勘違いしがちなのがこの保証会社です。

保証会社は、保証人が見つからない人の為にあるのではなく、貸主の保険のためにあるようなものです。

それなので、保証会社の利用を前提としている物件が増えている傾向にあります。

当然、契約料金がかかり、概ね家賃一カ月分の40~100%ぐらいになっています。

保証人が立てれるのにも関わらず、強制的に保証会社を利用させられ、その分の料金を取られるというのも何だか納得しがたいですよね…

保証人ビジネスとでも言いましょうか。

「借りたければ保証会社を利用しろ、嫌なら貸さない。」といったシステムです。

保証会社にはこのような役割があります。

  • 借主が家賃を滞納した際に、その分を立て替えて貸主に支払う。
  • 貸主に代わって借主が滞納した家賃を徴収する。

以上からも、家賃の滞納リスクが少ない入居者を選ぶ必要があるため、保証会社独自の審査があります。

  • 過去に家賃滞納の履歴があるかどうか
  • 消費者金融などで借金があるかどうか
  • 現住所、職業、勤務先、年収など

保証会社によって審査基準は様々なので、上記が審査項目の全てとは限りません。

厳しい会社は全部クリアーしてなければダメでしょうし、緩い会社ならどれか一つでもクリアーしていればOKとなったり。

フリーターや無職の場合、職業や年収などは評価されないので、保証会社の審査に落ちてしまうことがあります。

でも、過去に家賃滞納がないことが分かれば、それだけで審査に通ることもあったりします。

無職を理由に保証会社の審査で落ちてしまうと、入居審査を通るための保証会社なのに、その保証会社自体に通らないというおかしなことになってしまいますが、まだ諦める必要はありません。

本来なら保証会社に加入することが前提の契約であっても、保証人さえ付けられればそれでもOKというオーナーもいます。

クレジットカードで支払い

これは特殊なケースですが、クレジットカード会社を保証人代わりにする方法もあるようです。

指定のクレジットカードで家賃の支払いをすることで保証人を不要とすることもありますが、やはりそのクレジットカード会社の審査が別途あります。

フリーターや無職でその審査に通るかは分かりませんが、上限金額を低くしてキャッシング枠を0にするなど、緩い審査で通る場合もあります。

無収入の学生でもクレジットカードを作れることもありますので、これもフリーターや無職が審査に落ちるとは言い切れません。

保証人も保証会社も不要の物件、審査の緩い大家さんを探す

保証人も保証会社も不要の物件、審査の緩い大家さんを探す

保証人も保証会社も不要にする代わりに、割高の家賃や契約手数料を支払うことで入居を許可される物件もあります。

また、家賃回収に厳しい大家さんは審査もそれなりに厳しくしていますが、どこの大家さんもそうとは限りません。

多少リスクがあっても入居してもらうのを優先にしているケースもあるし、細かいことは抜きにしてくれる大家さんもいます。

事情を話して自分の誠実な人柄を認めてもらえれば、それだけで通してくれる可能性も十分にあるのです。

人対人の信用とはそういうものです。

無職で保証人も保証会社もNGとなると門前払いも多いですが、それは絶対ではなく、審査の緩い大家さんもいます。

入居の手段がなかなか見つからなかったら、不動産屋に相談してみましょう。

ちなみに、審査の緩い大家さんは不動産の管理全般に渡ってルーズな面がみられる傾向にあり、施設が老朽化したままだったり、共用施設の掃除が行き届いていなかったりも覚悟しておきましょう。

それでも入居出来るだけマシといった感じでしょうか。

収入見込み、支払い能力をアピール

収入見込み、支払い能力をアピール

現在はフリーターや無職でも、就職する予定がはっきりしていることが認められれば、審査も通りやすくなります。

しっかりと求職活動をしていたり、就職に有利な資格を持っているとか、入社の内定を得ているとかの具体的な話があれば効果的です。

また、無職・無収入であっても通帳にまとまった預金があればそれで審査に通ることもあります。

保証人不要のUR賃貸の場合は、無収入であっても家賃数カ月分以上の一定の預金さえあれば入居できます。

中には、あらかじめ半年分ぐらいの家賃を信用代として前払いすればOKという場合もあります。

まとめ

不動産は、条件に合った物件を探し出すだけでも大変です。

フリーターや無職であるがために入居審査で落ちてしまえば、全て徒労になってしまいます。

通常、フリーターや無職では審査は通らないことがありますが、大家さんの信用さえ得られれば賃貸契約も可能になります。

入居できないのは当たり前と思い込んで、安易に諦めることもありません。

要するに、フリーターや無職は社会的な信用がないため、家賃の支払い能力をアピールできるようにしておかなければなりません。

やはり第一には信用できる保証人を立てることに尽きますが、たとえ保証人がいなくても不可能ではありません。

不動産業界の傾向としても、今は空き室を埋めることに力を入れています。

結局は賃貸経営ですから、空き室にしたままと比べれば、無職の人に貸すよりも損していることになります。

ですから、何度か審査が通らなくてもダメだと思わず、通る物件を探し続ける価値はあります。

物件の掲載量の多いサイトや地元の情報に詳しい不動産屋を中心にあたって、しっかりと事情を説明して理解を得ましょう。

入居審査の結果は、全てはオーナーや不動産会社次第ということになります。

もし入居審査が心配な人は、来店しなくてもネットで相談できる不動産会社もありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

フリーターや無職でも入居できる可能性のある物件に絞って探してくれるので便利です。

部屋探しの入居審査も相談できる!賃貸物件情報
理想のお部屋が届きます!【家AGENT+】

上京したいけど資金がないなら
東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

 

賃貸契約する際の『連帯保証人』や『保証会社』とは?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加