出雲大社の縁結び効果は日本一?お守りにもご利益が!

出雲大社の縁結び効果は日本一?お守りにもご利益が!

縁結びで日本一のご利益を期待するなら、出雲大社に参拝することです。

島根県というアクセスの悪い土地にあるからこそ、またそのご利益に信ぴょう性が感じられます。

失恋で挫折中の彼女も、再出発に向けて参拝に出かけるのもおすすめです。

その前に出雲大社へのアクセスの方法から参拝方法、その他お守りやご利益などのミニ知識等を知っておいた方が良いです。

ここでその概略をまとめてみましたので、出雲大社へ参拝する気になる人がいれば幸いです。

スポンサーリンク

出雲大社へのアクセス

出雲大社へのアクセス

出雲大社は、島根県松江市から一畑電車で宍道湖を眺めながら西へ進み、終点出雲大社前駅で降り、そこから歩いて数分で着きます。

JR出雲駅からですと、出雲大社方面のバスに乗り「正門前」で下車します。

分かりにくいですが次の「出雲大社」で下車すると、最初の大鳥居や表参道を通り越してしまいます。

なお、無料駐車場も300台分あります。

出雲大社の神様

出雲大社の神様

出雲大社に祀られているのは、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)」です。

優しさと癒しの神様といわれ、そのおおらかさは大社の造りにも表れています。

本殿の大屋根にかけられている千木、大国主大神の銅像、大しめ縄、神殿もそうです。

かっては高さが48mもあったというのは、疑問視さえされていたほどです。

出雲大社は、本来、国造り、農業、商業、医療といったことにご利益が期待されていました。

そのベースにあったのが、全てのもの結びつけることにあったのです。

元々は男女の縁だけでなく、仕事やお金等の縁も大切にしてくれる神様が祀られているのです。

中でも縁結びのご利益だけが有名になったのは、祭神となっていた大国主命がいろいろな女神と結ばれていたという説があります。

スポンサーリンク

参拝への道

参拝への道

出雲大社を参拝するためには、4つの鳥居をくぐり抜けることになります。

1の鳥居は石造り、2の鳥居は木造り、3の鳥居は鉄造り、4の鳥居は青銅造りです。

鳥居の先は霊験新たな空間になりますので、一礼してからくぐり抜けます。

身を清めて出雲大社の敷地内に入るという意味もあります。

2の鳥居をくぐり抜けると、参道は下り坂になり、その途中で右側に「祓社(はらえのやしろ)」があります。

まず、ここで自身の汚れを落としておくのです。

出雲大社での参拝方法は、「ニ拝四拍手一拝」で行います。

それから手水舎でお清めしてから、御仮殿(拝殿)、そして本殿へと参拝を進めます。

時間があれば、出雲大社と併せて島根県美保関の「美保神社」に参拝すると、縁結びのさらなるご利益が期待できるいわれています。

出雲大社の見所

出雲大社の見所

神殿跡

遷宮期間中の出雲大社の御仮殿(拝殿)には、地面に3つのピンクの丸い跡が見られます。

これはかっての出雲大社に存在していた高さ48mもの神殿の痕跡なのです。

素鵞社(そがのやしろ)

本殿の裏にあって、大国主大神様の親神「スサノオノミコト」が祀られています。

素鵞社の砂は、家の四隅に置くだけで、災いを遠ざけてくれるといわれています。

八雲山

素鵞社の裏の山で、出雲大社のパワースポットといわれています。

山全体がご神体とされているのです。

じっと山を見上げれば、霊気が全身に降りてくるかもしれません。

大しめ縄

大しめ縄

神楽殿にある大しめ縄は、出雲大社の名物です。

その太さは、2mはあるでしょうか。これだけの物を作るのには、相当な手間が感じられます。

神楽殿の書

神楽殿の奥に掲げている書は、墨で書かれてはいません。

近くで見ると分かりますが、刺繍で書かれているのです。

神社らしからぬステンドグラスも置かれています。

雲の絵のデザインが施されている逸品です。

スポンサーリンク

出雲大社のお守り

出雲大社のお守り

出雲大社は、「平成の大遷宮」といわれている60年に一度の遷宮が行われています。

併せて屋根の葺き替えが行われました。

この時、出された屋根の材料であったヒノキの皮がお守りの包み紙に使われています。

60年間も出雲大社に使われてきたヒノキの皮を遷宮の記念品にしているのです。

これを持っていると、縁結びのご利益も一際でしょう。

ただし、平成28年の遷宮が完了するまでの期間限定品です。

それまでに出雲大社を訪れて、このお守りを持っていたいものです。

時間もお金もかかるし遠くには行けない人も、心配無用です。

なんと、頼めば、配達の受付もしてくれるんだとか。

東京分祠

あまり知られてはいませんが、出雲大社の分祀が実は東京の六本木にあるのです。

分祠とは、遠くにあって容易に参拝できない神社の神霊を分けた分霊を祀ってあるところをいいます。

ですから、基本的に出雲大社と同じご利益があるものとされています。

それにしても、まさかそんな都心にあるなんて意外ですよね。

たまにテレビでも見掛けたりしますが、実はハワイにも分祀があります。

まとめ

出雲大社は、縁結びの神様が祀られています。

男女の縁結びは有名ですが、それだけでなくあらゆる人間関係の縁も結んでくれる神様なのです。

それはあらゆるご利益に通じるものです。

大国主大神の開放的なオーラを全身に浴びて帰れば、良いご縁が待ちかまえていることでしょう。

なお、おみくじ以外にも宝くじ売り場もあるので、ご利益を纏ったその綺麗な身体で購入してみると良いかもしれませんね。

関連記事

東京大神宮のご利益とお守りの効果とは?

世界遺産『熊野古道』のおすすめコースと見所は?

宝くじを当てたい!金運アップのパワースポット5選



  • このエントリーをはてなブックマークに追加