暖房の電気代を賢く節約するには?

暖房の電気代を賢く節約するには?

地球温暖化といわれるようになってから、夏場の冷房は我慢しないように注意喚起されています。

熱中症で倒れる人をみていると、そこは我慢せずに使うべき電気代であることと考えた方が賢明かもしれません。

ところで、温暖化にともなって暖房はその分不要になったかというと、そんなこともありませんよね。

スポンサーリンク

結局は、温暖化によって気温の上下が激しくなっただけです。

季節の変わり目など急に冷え込んだりします。

体調管理のためにもエアコンは使うべき時に使いましょう。

しかし、エアコンの電気代は特別高いので、それでは電気代がかさみ過ぎることもあります。

今回は、エアコンを中心に、簡単にできる暖房費の節約方法を紹介します。

暖房器具を賢く利用する

暖房器具を賢く利用する

設定温度を調整する

冷房の場合でも同じですが、温度設定で無駄に電気を消耗している場合があります。

エアコンは、1℃につき電気代が10%違うものです。

冬は20~22℃くらいにしておけば、十分寒さはしのげるでしょう。

送風も自動にしておくと、部屋が暖まったら微風に切り替えてくれます。

エアコンのフィルターを掃除する

エアコンは、空気を循環させる機械です。

その循環の障壁となるのがフィルターのほこりです。

これを除いていれば、エアコンにかかる負担は小さくなるのです。

最低でも月に1度くらいは、フィルターの掃除をすることです。

これをしないと、電気代が約5%も余計にかかるようです。

同様に空気の循環の妨げになる物が送風口た室外機の周辺にあれば、取り除いておきます。

⇒エアコンを使う前に!フィルターと内部の掃除のやり方

暖房器具はエアコンだけじゃない!

暖房器具はエアコンだけじゃない!

エアコンよりもコタツやホットカーペットでしたら、部分的になるとはいえ、体に直接的に熱が伝わって暖かいです。

エアコンは空間全体を暖めるために必要なものですが、その分多くのエネルギーを必要とします。

節約を優先して考えるなら、エアコンで部屋全体を暖かくせずに、自分がいる部分だけの暖房にしましょう。

スポンサーリンク

最近ではハロゲンヒーターやカーボンヒーターなど、エアコンやセラミックヒーターよりも省エネ効果が高く暖かさも申し分ないものが発売されているのでおすすめです。

コタツは保温力も高いので、出る度に電源を切るようにすればかなり省エネになります。

この他に、加湿器で湿気を増すだけでも暖かく感じられます。

これらを併せて使えば、より設定温度を低くできるものです。

湯たんぽを使う

湯たんぽを使う

昔ながらの暖房器具といったら、湯たんぽです。

今、見直されていて材質やデザインを工夫した新製品も登場しています。

寝る時に布団の中に入れておけば、体の芯から温めてくれます。

膝から足首の周辺に置いておくと、血流も良くなり全身に熱が回ります。

寝ている間に体が温まりますので、寒さに強い体作りにもなります。

あまり馴染みのない方には、注意する点もあります。

低温やけどを防ぐため、必ず肌触りの良い布製の入れ物に入れて使います。

レンジで温める湯たんぽもありますが、加熱し過ぎないようにします。

加熱の際にはキャップを閉めたままにせず、使用の際にはキャップを必ず閉めておきます。

着衣を上手く利用する

着衣を上手く利用する

暖房を入れずとも、厚着をすればある程度は寒さに対応できます。

保温効果の高い衣類もいろいろ出てきていますので、上手く利用しましょう。

熱を逃がさない下着等は、着衣を一枚減らせるほどです。

個人的におすすめなのはタイツ。

ユニクロのヒートテックタイツが有名ですが、パジャマの下に着るとそれだけでかなり暖かいです。

最初は面倒ですが、重ね着すると十分の暖かさが得られ、着衣の間の空気の層が熱を閉じ込めてくれます。

冷えは首筋の辺りから入って来ますので、ネックウォーマーやマフラーを首に巻いておくとかなり暖かく感じます。

足元も冷えるところですので、厚手のソックスも効果的です。

スポンサーリンク

暖房効果の高い部屋にする

暖房効果の高い部屋にする

カーテンは、厚手で保温効果の高い生地のものにします。

なるべく床まで届くくらいの長さがあるものが良いです。

床も厚手のカーペットを敷き、断熱シートを床にも窓にもセットすれば完璧です。

隙間があれば、隙間テープ等で隙間を埋めます。

ストレッチをする

寒いからと縮こまっていては、ますます運動不足になります。

すると血流が抑えられ、体に熱も行き渡らなくなります。

そこで、ストレッチで体をほぐすのがおすすめ。

すると血流が良くなり、寒くても寒く感じない体になります。

ポイントになる部位は、首筋、手首、足首の首周り。

首筋は、頭に手をやり前後左右に伸ばします。

手首は、手のひらを逆に伸ばします。

足首は、指を動かしながら足首を回します。

食で温まる

食で温まる

冬の定番料理である鍋は、体を温めます。

鍋は、部屋をも暖めています。しかも、その蒸気で湿度も高めてくれています。

鍋の具材も血流を促進させる白菜、ネギが豊富です。

生姜、唐辛子、コショウ等の薬味成分は、体をホカホカさせてくれます。

その他、人参、山芋、大根等も基本的にエネルギーのある野菜なのです。

まとめ

実は冷房よりも暖房の方が手軽に節約することができます。

冷房での節電対策は割と知られつつありますが、暖房代の節約方法はまだそれほどでもありません。

春先や秋口にも、不意の寒波はやってきます。

そんな時でも、無駄に暖房費をつぎ込まずに済むようにしたいものです。

さほどお金のかかる方法でもありませんので、できるところから暖房費の節約を始めましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加