プロパンガスの賃貸物件に引越すのは要注意!

プロパンガスの賃貸物件に引越すのは要注意!

アパートやマンションなどの集合住宅で、周囲に都市ガスが配備されているにも関わらず、なぜかプロパンガスの設備になっている賃貸物件があります。

悪いことは言いません。そんな物件は、要注意!

ここには、入居者から最後の一滴までお金を搾り取ろうとする罠が仕掛けられているのです。

プロパンガス抱き合わせ賃貸経営とは?

プロパンガス抱き合わせ賃貸経営とは?

ガスには、都市ガスとプロパンガスがあります。

都市ガスは、生活のためのインフラとして供給されているものです。

ほとんどの国民が都市ガスを利用しているため、ガスの使用料金は適正に保たれています。

現時点では、1㎥あたり150円程度。

何かやけに高くない?ガス代を節約するためのポイント

それに対し、プロパンガスの料金(単価)は、LPガス会社が自由に設定できます。

これを匠に利用したのが、プロパンガス抱き合わせ賃貸経営ビジネスモデル。

まず、オーナーが賃貸経営をするためにアパートやマンションを建てますが、全てはここから始まります。

プロパンガス業者が賃貸物件のオーナーに『ガスの配管設備を無料で提供しますよ』と持ちかけます。

そうすると、オーナーとしては通常であれば300万円ぐらいかかるようなガスの配管設備が無料になるという大きなメリットが生まれます。

プロパンガス業者としても、都市ガスではなくプロパンガスを契約してもらえるということで、win-winの関係を築くことができます。

プロパンガス会社はガスの配管設備に膨大な費用がかかっているわけなので、その分の費用+利益を回収しようとします。

その費用を誰から回収するのか?

もう答えは出ていますよね。

そうです、弱者(入居者)からです。

入居者の立場が弱いというところにつけ込む。

プロパンガス業者は、そのアパートにおいてプロパンガスの単価を吊り上げて入居者に請求します。

目安として、都市ガスの料金の2~3倍。

冬になれば、一人暮らしであっても月に1~2万円なんて余裕で越えられる料金です。

単価でみると、1㎥あたり700円~900円

都市ガスであれば、冬でも月に4,000~5,000円程度で済みます。

都市ガスとプロパンガスを同じ燃焼効率で比較すると、都市ガスの単価は約300円程度なのです。

入居者から『ガス代が高過ぎる』というクレームがあろうが構いません。

オーナーとはあらかじめそういう契約をしています。

オーナーや管理会社にクレームを入れても、『それなら、退去してもらうしかありませんね。』の一言で終了です。

プロパンガスは単価が高い

入居者からしたら、生活の上でガスを使わないわけにはいきません。

だからといって、都市ガスや他のプロパンガス業者に変更することもできない。

ましてや、すぐに引越しすることもできません。

このように、立場が弱い入居者につけ込むという悪質なビジネスモデルなのです。

こんな賃貸物件を借りてしまうと、結果的に家賃が1万円近く高いのと同じことになってしまいます。

それだったら、最初から家賃が1万円高い物件を契約した方がいいですよね。

部屋のクオリティも良くなるし、ガス代を気にするストレスもない。

プロパンガスの賃貸物件を借りることはおすすめできません。

ガス料金見直し【みんなのプロパン相談広場】

賃貸物件を探す時にプロパンガスの物件を選ばなければ大丈夫?

賃貸物件を探す時にプロパンガスの物件を選ばなければいいの?

賃貸物件を探す際に、プロパンガスではなく都市ガスの物件を選べばいいのではないかと思いますよね。

実は、ここにも気を付けるべきポイントがあるのです。

悪質な賃貸経営をしているようなオーナーや管理会社は、質が悪い人間であるということも忘れてはいけません。

そのような人間が、契約書に正直に『設備:プロパンガス』と記すとは限らないということです。

不動産の賃貸契約書には『重要事項説明書』という、賃貸物件の間取りや設備などの説明を記載する必要があります。

そこに記載された内容が、正式な契約内容になるという大事な部分です。

プロパンガスであるにも関わらず、『都市ガス』と嘘を記載されていたことがありました。

単純な記載ミスだとは思えません。

その時の一連のやり取りをまとめるとこのようになります。

  1. プロパンガスが高いのを知っていたため、都市ガスの物件を探した。
  2. 気に入った物件が見つかって、契約締結。
  3. 実際に引越しをしたら、実はプロパンガスだった。
  4. 管理会社に連絡したところ、『こちらの記載ミスでした』と。
  5. 『都市ガスだったから入居したのに、それでは困ります。』と伝えたところ、
  6. 『では、退去してもらうしかありませんね。』と言われる。
  7. 『そちらの過失なら引越しの費用は負担してもらえますよね?』と伝えたら、
  8. 『それはできません。』

このやりとりがエンドレスで続き、最後は私の泣き寝入り

これ以上続けるのであれば、裁判を起こすしか他ありません。

しかし私のような社会的弱者は、裁判費用や労力を考えると、裁判なんて起こせません。

簡易裁判など、他にも方法はありましたが…。

これって、典型的な泣き寝入りパターンですよね。

自分が無力だったとしかいいようがありません。

結果的に、この悪質な賃貸経営物件に長年住んでしまっているため、ガス代だけでも都市ガスよりも数十万円も余計に支払ってしまっています。

引越しをするまでは、今後も搾取され続けてしまうという結果に。

お金のこともそうですが、それ以上にボッタくられているというストレスが辛い。

電気代にしてもガス代にしても、自分が使った分を払うのは当然です。

しかし、必要以上の料金を搾取されているというストレスはたまりません。

ガス代を節約したい!プロパンガスの料金がやたら高い理由

まとめ

プロパンガスの賃貸物件は要注意

以上のように、プロパンガスの賃貸物件は結果的に家賃が高くついてしまう危険性があります。

これから引越しを考えている人は、十分に注意して下さい。

もちろん、プロパンガス物件の全てにこのような罠が仕掛けられているわけではありません。

都市ガスが引けない地域で、やむなくプロパンガスにしている物件もあります。

プロパンガスでも都市ガス並みに適正な単価に設定している物件もあります。

決して全てのプロパンガスが高いわけではないし、プロパンガス業者が悪質なわけでもありません。

引越しする上で、私たち入居者には分からないことがたくさんあります。

本来ならばそこを管理会社や仲介不動産に頼りたいところですが、相手もまたビジネスなのです。

だからこそ自分で自分の身を守らなければなりません。

プロパンガス業者が生き残るために仕掛ける手口。

周辺の住宅が都市ガスなのに、その物件だけがプロパンガスだったりしたら特に注意しましょう。

部屋探しの希望条件をチャットで相談できる賃貸物件情報
理想のお部屋が届きます!【家AGENT+】

 

効果抜群!電気代を節約できるポイントとは?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加