福岡市を観光するならおすすめはここ!8選

福岡市を観光するならおすすめはここ!8選

福岡市は、九州一の人口を抱えている商業都市です。

その都市機能にマッチした観光地も次々と誕生してきました。

ここでは、そんな福岡市にある人気の観光地をテーマにして紹介したいと思います。

これから福岡を観光する人は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

天神地下街

天神地下街

最近の福岡市の新たな発展にスイッチを入れたのが、「てんちか」と呼ばれている天神地下街です。

九州一の福岡市の中心街の地下に造られていますので、主なビジネスビルには全て直結しています。

天神では、雨の日でなくても地上を歩いている人より地下を歩いている人の方が多いのです。

天神地下街

提供:福岡市

石畳の通路で異国の通りのような感覚を取り入れています。

天井も高いので圧迫感もありません。

店舗数も150を超えるくらいになっていますので、欲しい物はどこかにあるでしょう。

全長約600mの通りを探して歩き回っていれば、発見する物もあるかもしれません。

シーサイドももちウォーターフロント

シーサイドももちウォーターフロント

福岡タワー

福岡タワー

福岡タワーは高さ234mで、福岡市内がシーサイドから一望できるスポットです。

昼間に行って眺望を楽しむのも良いですが、夜景も優れています。

海浜に直立不動の姿勢でそびえているその姿は、遠目に見ても美しいものです。

内装も上品な造りになっていて、若者にも人気があります。

特に夜のライトアップは、シーズンに応じて工夫を凝らしてあり地元でも評判の高いものになっています。

イルミネーションが楽しみでやって来る客も後を絶ちません。

レストラン、ラウンジ、ショップ等もあります。

スポンサーリンク

マリゾン

マリゾン

マリゾンは、福岡タワーの目の前にあります。

白い砂浜の上に浮かぶ複合型商業施設で、レストラン、カフェ、ショップ等があります。

博多湾と福岡タワーに挟まれた位置にあります。

デッキの上でのんびりしている人、散歩している人も時の流れが止まったような空気です。

福岡市内にいながら異国のリゾート地にいるようにも感じられます。

夜は、福岡タワーのイルミネーションを見るスポットにもなっています。

ヤフオク!ドーム

ヤフオク!ドーム

ヤフオク!ドームは、日本初の開閉式屋根付きドームです。

ソフトバンクホークスの本拠地というだけではありません。

野球ファンでなくても、普通に観光地としての機能を果たしています。

野球のない日も、コンサート、展示会等スケジュールは詰まっています。

何もない日でも、ヤフオク!ドームツアーはやってます。

このツアーに参加すれば、ヤフオク!ドームの裏側を見ることができます。

プロ野球選手、関係者以外立ち入れないフィールにも入って選手目線でドームが見られるのです。

これで野球の試合を見る目も変わって来るでしょう。

マリノアシティ福岡

マリノアシティ福岡

福岡市西区にある大型商業施設です。

レストラン、専門店、アウトレット、アミューズメント施設もあり、海辺のリゾート施設としての意味合いが強くなっています。

中でも、高さ60mの大観覧車がシンボルになっています。

どの店舗もゆったりしたスペースと高い天井を確保していますので、気分もゆったりできます。

週末はアウトレットを中心に混雑しています。

施設のデザインは、海辺のロケーションを意識して港の倉庫をイメージしています。

夜の観覧車からは、福岡市内の夜景が楽しめます。

朝から夜まで一日たっぷり見て回っても足りないくらい飽きない空間になっています。

キャナルシティ博多

キャナルシティ博多

キャナルシティ博多は、商業都市福岡の粋を集めたような商業施設です。

名前の通り、運河をイメージした設計になっています。

その中ほどのステージでは、ライブやショーが見られます。

定時に行われている噴水のショーも見応えがあります。

スポンサーリンク

赤い外装も鮮やかで、新しい博多の街のシンボルにもなっています。

天神と博多駅の中間に位置して、中洲からは歩いて数分で行けるアクセスの良い所でもあります。

施設内には、専門店、映画館、ホテル等があります。

中でも福岡シティ劇場では、有名なミュージカルや歌舞伎等が行われていて人気があります。

博多駅

博多駅

博多駅は、今や観光地になりました。

博多に到着するなり、いきなり観光地なのです。

これぞ商業都市福岡と納得させる充実ぶり。

クリスマスのイルミネーションも凄いです。

博多のクリスマスイルミネーション

忙しくて福岡市内にまで観光に行けないという方でも、この駅内でひととおりの観光気分は味わえます。

JR博多シティには、200も超えるくらいの店舗が軒を連ねています。

屋上には「つばめの杜ひろば」という庭園があり、普通の公園のように草花が植えられ自然を楽しめます。

ミニSL、鉄道神社、ドックラン等もあります。

マリンワールド海の中道

マリンワールド海の中道

博多湾の沖合に浮かぶ志賀島までの海の中道にあります。

沖合の対馬暖流で生きる生物を中心に、世界の魚も展示しています。

施設のデザインも優れていて、海をバックにすると映えます。

シースルーエレベーターで水槽の中を昇降すると、海の中にいるようです。

夜間営業の落ち着いた雰囲気も人気です。

サメが大群で見られたり、シロワニという珍しい動物もいます。

まとめ

発展してきた福岡市を代表する観光地の数々は、どれも一日あっても見足りないくらいのものばかりです。

それなりの日程に余裕を持って、観光されることを望みます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加