福岡でお勧めの観光スポットを趣向別に厳選!

福岡でお勧めの観光スポットを趣向別に厳選!

九州に出かけるなら、まずは福岡県に行ってみたいものです。

なぜなら、あらゆるグルメも味わいながら以下のような観光スポットも盛りだくさんだからです。

福岡でお勧めの観光スポットを趣向別にまとめてみましたので、旅のお供に参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

福岡の歴史文化を探訪してみよう!

太宰府天満宮(太宰府市)

太宰府天満宮(太宰府市)

学問の神様、菅原道真公を祀っている神社です。

受験シーズンになると、受験生の参拝者で賑やかになることで有名です。

その数、毎年200万人にも及んでいるそうです。

九州国立博物館(太宰府市)

日本で4番目に設立された国立の博物館です。

斬新な建築物であり、歴史ある太宰府天満宮とはエスカレーターで繋がっています。

アジアの歴史における日本の文化の歴史を保存することをその目的とし、旧石器時代からの歴史が見て取れます。

光明禅寺

こちらは、太宰府天満宮のすぐ近くにあります。

地元では、苔寺として馴染まれています。

有名な一滴海庭は、苔が陸を白砂で海を表しているという庭でいかにも枯山水という感じです。

特に紅葉の季節がお勧めです。

櫛田神社(福岡市 )

櫛田神社

博多の神社をまとめていたのが、櫛田神社です。

博多の復興のために、秀吉により建てられました。

博多祇園山笠の追い山の出発地点にもなっています。

意外に、夜に訪れてみるとその荘厳さが感じられるようです。

スポンサーリンク

博多祇園山笠

博多祇園山笠

博多祇園山笠は、7月15日早朝の追い山が有名で、その勇壮な走りっぷりはニュースでも見かけたこともあるでしょう。

7月1日から飾り山が街のいたる所に飾られています。

この期間中は街の空気が祭り一色になります。

その歴史は700年以上といわれ、国指定重要無形民俗文化財にも指定されています。

福岡城(福岡市)

福岡城

舞鶴城ともいわれ、黒田官兵衛の築いた最後の城として有名です。

ここにある福岡城むかし探訪館には、展示物、古地図等によって当時の様子を伺うことができます。

ミニツアー「鴻臚館・福岡城よくばりコース 」では、先端技術を駆使して当時の城を再現してくれます。

アミューズメントで楽しむならここがおすすめ!

スペースワールド(北九州市)

宇宙の世界をモチーフにしたテーマパークです。

絶叫マシンは、地球上のものとは思えないくらいのアトラクションになっています。

中でも、アドベンチャークルーズは頭から水しぶきを被ります。

夏になると大人気です。

その他にも、隣接されたカピバランドには、動物園でも珍しいカピバラがいます。

スパースワールドは、オールシーズンいつ行っても人で溢れかえっています。

福岡タワー(福岡市)

福岡タワー(福岡市)

海浜にスタイリッシュにそびえ立つのが福岡タワーです。

高さ234mは、海浜タワーでは日本一です。

タワー内にあるレストラン、ラウンジ等の気品も高いものになっています。

夜のライトアップを外から見るだけでも一見の価値があります。

内からも市内の夜景を見るのも眩いばかりです。

マリンワールド海の中道(福岡市)

福岡の沖を流れる対馬暖流に乗った海の生物を展示しています。

その他、世界各地の350種類もの魚が待っています。

ヤフオクドーム(福岡ドーム)

ヤフオクドーム(福岡ドーム)

福岡タワーからも近い海浜地にあり、福岡ソフトバンクホークスの本拠地でもあります。

キャナルシティ博多(福岡市)

商業都市福岡を代表する商業施設です。

外観の赤いデザインも優れたものがあります。

博多のランドマークともいわれてます。

福岡ポートタワー(福岡市)

博多港を見下ろすシンボルタワーとして長年、君臨しています。

高さは100mありますので、見晴らしも良いです。

たもとには、ベイサイドプレイス博多もあって賑やかなスポットの一角をなしています。

スポンサーリンク

自然を堪能・満喫するなら…

福岡市動植物園

市内のどこからでもアクセスの良い場所にあります。

同時に動物園と植物園を楽しむことができます。

旭山動物園の生態展示方式を取り入れています。

動物も植物もひととおり揃えてあります。

大濠公園(福岡市)

大濠公園(福岡市)

福岡城のそばにあり、その広さは一周2㎞もあります。

そのほとんどが池になっていることから、街のオアシスとなっています。

大濠公園周辺は、福岡の住みたい街ランキングの上位にもランクインする人気の街です。

能古島(福岡市)

市内からフェリーで10分で行ける博多湾内の島です。

高台に立てば、市内から博多湾の隅々まで一望できます。

夏に、のこのしまアイランドパークに行けば、一面ひまわり畑状態になっています。

サンセットロード(糸島半島)

福岡市内からは、車で1時間弱で行けます。

二見ヶ浦から前原泉川河口付近までの約30kmに渡っています。

夕方、西に向かって車を走らせば、沈む夕日と伴にドライブができます。

二見ヶ浦の夫婦岩の真ん中に沈んでいく夕日の眺めは、日本の夕日百選にも選ばれています。

まとめ

福岡にはまだまだ他にも沢山の観光スポットがありますが、こうしてみるだけでも知らないロケーションもあったのではないでしょうか。

福岡に行くならグルメだけで目的が達成したというのはもったいない話というのも、お分かりになったでしょう。

どのスポットも、奥が深いものがあります。

仲良く家族で行くも良し、賑やかな仲間同士でも良し、気ままな1人旅も良しです。

それぞれの趣味に合わせて福岡を観光してみましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加