一人暮らしにおすすめな間取りはワンルーム?それとも1K?

一人暮らしにおすすめな間取りはワンルーム?それとも1K?

一人暮らしでも部屋を探す時は、間取りをどうするか考えてしまいますよね。

一人なのですから、一部屋で良さそうなものですが、それにしてもキッチンのタイプ等によっても種類があります。

たったそれだけで日々の暮らしぶりも変わりますし、もちろん家賃も変わります。

いろいろなタイプの部屋を紹介しますので、どのタイプの部屋が自分にマッチするのか考えてみてください。

スポンサーリンク

一人暮らしの部屋の間取り

一人暮らしのほとんどの方は、1R・1K・1DK・1LDKのいずれかの部屋の間取りに住んでいます。

これを超える部屋数になると、家賃も格段に高くなりますし、そもそも使いこなせずに無駄な家賃の出費ともなりかねません。

もちろんその人のライフスタイルによって、それぞれ必要な間取りは違ってきますので一概には言えませんが。

ここでは、それぞれの部屋の特徴を紹介したいと思います。

1R(ワンルーム)

1R(ワンルーム)

文字通りワンルームしかなく、居室の中にキッチンがあるというタイプです。

その代わり、部屋はやや広めになっていることが多く、12畳ほどある部屋までありますが、なかには4.5畳などのワンルームもありますので、一概には言えません。

しかし、来客時の見た目的には良くなく、料理によっては匂いがこもってしまうというデメリットもあります。

そうでなくても、キッチンは分かれていた方が良いという人も多いようです。

外食がほとんどであまり料理はしない、コンビニで弁当を買って温めるだけというような方はキッチンはほとんど使いません。

自分がどれくらい料理をするつもりなのかをしっかりわきまえておかないと、後悔することもあります。

料理の匂いなどが気にならなければ、1Kと比べてキッチンも広く使えるし、全体的な広さの割に一番安い物件になりますのでおすすめできます。

部屋が広いとレイアウトもしやすく、ひとりでは伸び伸びできますので、狙い目ともいえます。

スポンサーリンク

1K(ワンケー)

1K(ワンケー)

一人暮らしとしては最も標準的な間取りで、居室とキッチンを仕切った間取りになっています。

6畳であれば20㎡がひとつの目安となります。

部屋とは別にキッチンとしてのスペースがありますから、冷蔵庫や食器棚等を置くのにも余裕があります。

やはりキッチンはキッチンとして独立するというのが、収まり具合も使い勝手も良いと感じられるようですね。

現代人が求める清潔さ快適さを備えています。

料理の匂いも居室には入ってきませんが、強いて言えば1Rよりも狭くなりがちです。

そして、キッチンに関連する水周り設備は故障しがちな部分でもありますが、独立した間取りですと、なにかとしっかりした物件であるものが多いので、安心感もあります。

なお、キッチンのなかにはカウンターキッチンなどもありますが、その構造上、通常の1Kの部屋でカウンターキッチンになっていることはありません。

存在しないとは思いますが、あるとしたら1Rの部屋の中になります。

1DK

1DK

DKとはダイニングキッチンのことで、1Kのキッチンが4.5帖以上になったものです。

つまり、食事が出来る広さがあるキッチンですが、これは不動産公正取引協議会連合会で定められています。

間取りの取り方によっては、居室との仕切りを解放すればより有効に使える物件もあります。

1LDKは借りられないけどスペースにゆとりを持ちたいという方には、おすすめのタイプです。

スポンサーリンク

1LDK

1LDK

ダイニングキッチンがさらに広くなって8帖以上にあると、リビングダイニングキッチンと呼ばれます。

これくらいになると、実質2DKと同じぐらいの広さになるため、一人だけで使いこなせません。

休日に友達を呼んだりしてパーティをするとかの目的があれば、おすすめできます。

大きな収納物の多い方や趣味をするのにある程度のスペースが欲しい方にもおすすめです。

ただ、広さからみても1LDKから家賃が急に上がり始めますので、要注意です。

家賃が高くなることが問題なければ、一人暮らしのスペース的には一番理想的なサイズです。

部屋の広さ

部屋の広さ

部屋は広いのに越したことはないと思います。

しかし、ある程度狭くても機能的に使えそうであればそれでも良いものです。

逆に、無駄に広すぎても落ち着かないこともあるので注意しましょう。

テレビ、オーディオ、テーブル等の自分の持ち物をどう配置するのかイメージアップして、上手く当てはまる部屋を選ぶことです。

まれに同じ8帖間となっていても、微妙に広さが違うこともありますので、数字の上でも平米数を確認しておきましょう。

部屋の設備

例えば同じ1Kでも、設備の大きさや位置によっては、別の1DKの物件にするべき場合もあります。

それぞれの間取りをチェックした上で、決める必要があるので、具体的にポイントを紹介します。

キッチン、冷蔵庫

キッチン、冷蔵庫

キッチンは物件によって形状が違うことが多く、それによっても家賃が変わったりもします。

コンロの数やキッチン用品の収納スペースもチェックしておきましょう。

また、ガスコンロだけでなくIH等の電熱タイプだったりすることもあります。

ガスよりも火力が弱いこともあったり、備え付けだったりすることもあるのでそこも注意しましょう。

なかにはキッチンの下に小型冷蔵庫が備え付けられている物件もあります。

毎日料理をする人からすれば冷蔵庫のサイズがとても足りませんので、備え付けられていない物件を選ぶ方が賢明です。

クローゼット等の収納

クローゼット等の収納

洋服はどれくらい収められるかによって、洋服以外の物の収納にも多くスペースを使えたりします。

これによって実質使える部屋のスペースが広くなることもあるので、この辺りも数字でチェックしておきましょう。

なかにはウォークインクローゼットという個室タイプで広いクローゼットもありますが、グレードの高い物件でしか見掛けません。

バス、トイレ

3点ユニットバス

バスとトイレが別になっているタイプ、または洗面台も合わせて一体型になっている3点ユニットバスもあります。

一体型の場合、狭い分だけ家賃は安くなりますが、トイレットペーパーが湿気たり、脱衣スペースが無いなどの欠点があります。

トイレに関しては、ウォシュレット機能の有り・無しなど、クオリティによっても家賃が大きく変ります。

築20年以上の物件になると、ほぼウォシュレットはついていません。

築30年以上前の物件になると和式だったりすることもあります。

洗濯機スペース

洗濯機スペース

室内に洗濯機を置くスペースがなく、屋外に置くようにしているタイプの部屋があります。

その分、キッチンが広くなったりもしますが、使い勝手はかなり悪くなります。

寒い日は億劫になりますし、カバーなどをしておかないと雨ざらしになってしまうこともありますので、おすすめできません。

まとめ

単純に間取りの型式だけでなく、部屋によっても環境がかなり違ってくるものです。

型式はあくまでも基本的な参考に留めておいて、それぞれの部屋をチェックして自分にぴったりの部屋を探しましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加