災害は突然起こる…すぐに地震に備えよう!

災害は突然起こる…すぐに地震に備えよう!

最近は、自然災害も多くなりました。

台風を始め、大雨・洪水、突風・竜巻、そして雷などであれば、ある程度の予測もされています。

しかし地震は、いつ襲って来るか分かりません。

緊急地震速報に気付いたとしても、できることは身の安全確保だけです。

それだけですむ地震も多くはありますが、そうでもない大地震だったら後が大変です。

「備えあれば憂いなし」の言葉通り、準備さえしていれば一安心できるのは間違いありません。

ここでは、今考えられる準備を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

家具の固定

家具の固定

地震の揺れ自体はそれほどでなくても、倒れた家具の下敷きになることがあります。

家具が直接頭にでも当たれば命に関わります。

実際、阪神大震災や東日本大震災などの大地震では、倒れた家具の下敷きになってしまい、身動きが取れなくなって火災の被害に遭った人もいます。

家具が倒れないようにさえしておけば、何事もない地震もまた多いものです。

人がいる場所になるべく家具を置かないこと。

まず第一に、そもそも人がいるような場所に大きな家具を置かないことが挙げられます。

倒れたら下敷きになる様な場所で寝ないようにすることも大切です。

特に子ども部屋の家具には、背の高い家具を設置しないように注意しましょう。

そして、家具が倒れることを前提にして、設置することがポイントです。

もしも倒れても、それによってドアが開かなくなったりしてはいけませんので、そうならないように工夫しましょう。

家具が倒れないようにする措置は簡単。

大きな家具やテレビを設置したとしても、L字金具やワイヤー等を使って壁と結合をさせておけば安心です。

床側にはシリコンなどのストッパー等もしておけばなお有効です。

本棚

本棚も家具と同じようなものなので、重たい本はなるべく下の段に配置すれば重心が低くなって安定します。

食器棚

食器棚も同様に、高いところに重たい食器類や割れやすいものをたくさん置かないようにしましょう。

開き戸であれば、開いて中の物が飛び出して落下する恐れもありますので、これをストッパー方式にするグッズを利用しましょう。

冷蔵庫

冷蔵庫もかなり重たい物ですから、これもワイヤー等による壁との固定をしておきましょう。

窓ガラスなどの割れる物

そして、窓ガラスや陶器等の割れ物、壁にかけた時計や飾り物等にも注意が必要です。

下敷きとまではいかなくても、割れた破片で怪我をして動けなくなったりすることは十分考えられます。

窓ガラスには、飛散防止フィルムというのも市販されています。

その他

置物は転倒しにくくなるように、粘着マットを敷くのも効果的です。

その他、あらゆる家財道具に応じた転倒対策がありますので、それぞれの物に応じた対策を研究してみましょう。

スポンサーリンク

非常持ち出し袋の準備

非常持ち出し袋の準備

非常時持ち出し袋は、自然災害全般に渡る準備としてとても有益なものです。

実際には使用する可能性は低いものではありますが、しかしそういう保険は日常生活を安心に過ごせる要因にもなってくるのです。

近い将来必ず起こると言われている地震もありますから、必ず用意しておきましょう。

大地震では、電気、水道、ガスといったライフラインは止まるものとして考えます。

緊急時にすぐに持ち出す必要があるものをリュックにまとめておきましょう。

生活用品

  • 衣類(下着)
  • 携帯電話、電池式の充電器
  • トイレットペーパー、ティッシュペーパー
  • 懐中電灯、ライター
  • 乾電池
  • タオル、洗面セット
  • 現金

などなど、他にもあるかもしれませんので一度見直してみましょう。

救急セット

消毒液や常備薬も入れた救急セットも必要です。

特に高齢者、持病がある人、病人、小さな子供がいれば必需品です。

もし乳児がいれば、ミルク、哺乳瓶、紙おむつも必要になります。

これらはリュックに入れて、すぐに持ち出せるように出入り口近くに置いておきましょう。

緊急性を要しない物は、別の場所にまとめて備蓄しておきましょう。

備蓄しておくもの

生活用品

とりあえずは水と食料がメインとなります。

大体の目安ですが、家族の人数の3日分の備蓄を用意しておけば良いでしょう。

備蓄はあればあるほど良いに越したことはありませんが、あくまでも非常用分あれば大丈夫です。

あれもこれも備蓄しておくと管理が大変になってしまい、逆に身動きが取りづらくなるので注意しましょう。

最近では、災害用の備蓄セットなども販売されているので、上手く利用しましょう。

水に関しては、1人1日3Lとして計算しておきます。

そうすると、家族3人であれば3日分で27Lもの容量になってしまいます。

さすがにこの量を持ち出しバッグに入れておくことは不可能なので、非常時用のポリタンクに入れて別の場所に保管しておきます。

食料

食料は常温で保存の効くチョコ、ビスケット等のカロリーの高いものにします。

今は缶詰でも味も栄養バランスも良い物ができていますので上手く利用しましょう。

カップ麺やインスタント食品はお湯がないと食べれませんが、持ち出し用とは別にして家に備蓄しておく分には良いと思います。

貴重品

そして忘れてはならないのが、貴重品です。

キャッシュカード、預金通帳、印鑑、ある程度の現金、身分証等です。

ですが、これらは日常生活で使用するものなので、いつも非常持ち出し袋に入れておくわけにもいかないものばかりです。

ですから、いざという時にすぐにまとめてリュックに入れて避難できるように工夫しておきましょう。

スポンサーリンク

枕元には懐中電灯、ホイッスル(笛)

地震は時間を選んではくれません。

睡眠時の夜中に起こるかもしれませんから、懐中電灯は枕元の手の届くところに置いておきましょう。

あまり使わないと置き場所も忘れがちになりますから、普段から目に付くようにしておきます。

あわせてホイッスルも置いておくと、万が一動きが取れなくなった時に救助を呼べます。

使う可能性は低いですが、命に関わることですので準備しておくのに越したことはありません。

スリッパも履くのと履かないのとでは、動きようも違います。

特に屋外に避難する際に靴が履けるとは限りません。

非常持ち出し袋に入れておいても良い物です。

連絡方法の確保

連絡方法の確保

災害になると、携帯電話の電波が繋がりにくくなるのはもうご存知かと思います。

この場合に備えて、災害用伝言ダイヤルというものがあります。

「171」に電話をかけると伝言の録音ができます。

伝言を録音した電話番号が分かっていれば、伝言を確実に拾えますので覚えておきましょう。

まとめ

災害からの避難生活の様子はテレビで観るばかりで、他人事だと思う人が多いかもしれません。

しかし、そこで避難生活をしている人もまた、そのように思っていたことでもあったのです。

いつ自分の身に災害が降りかかるか分かりません。

ましてや、最近では地震に関しては日本にいる限りどこにいても起こる危険性があります。

身の安全確保と安心できる避難生活のために、できる対策は今の内にやっておきましょう。用意周到あるのみですね。

東京の地震に備えて地盤が弱い地域をハザードマップで確認!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加