東京の下町ってどこ?そして山の手は?

東京の下町ってどこ?そして山の手は?

下町に対して山の手という言葉があります。

その定義をしっかり説明できる人はあまりいないでしょう。

一義的には、地形で区別されているのが下町です。

街の海沿い川沿いの低い土地で、丘陵地域が山の手になるのです。

スポンサーリンク

元々は、低い土地に広がる街を下町、それに比べて高台にある街を山の手と呼んでいたとされています。

大雑把ではありますが、ここまでは誰しも異論のないところでしょう。

ですが、町は生き物です。

時の流れとともに、栄華衰退を繰り返し変化していくものです。

現実は、地形で一括りにされるほど簡単ではないのです。

東京の下町の歴史

東京の下町の歴史

徳川家康は、江戸の街を造る際、まず高台に大名や上級武士の屋敷を建てました。

一面に広がる低湿地帯は埋め立てして、商工業に携わる人々を住ませました。

堀や水路で街を区切って、それぞれに特徴ある街を発展させ、江戸全体を発展させていったのです。

こうして下町には、下町それぞれの個性があったものなのです。

当初の下町は、神田周辺の庶民が住むことにされた限られた地域でした。

山の手は丘陵地に武家地寺社地が多くあったことから、下町の人々に山の手と呼ばれ始めたのです。

明治になってから、浅草等も幅広く下町と呼ばれるようになったのです。

時代の変化とともに、浅草のような郊外にも商工業従事者の庶民が住み着くようになったのです。

こうして本来の下町から下町は拡大していったのです。

スポンサーリンク

東京で呼ばれている下町

東京で呼ばれている下町

東京において下町と呼ばれている地域に、日本橋、京橋、神田、下谷、浅草、本所、向島、深川等があります。

さらに秋葉原から新橋、芝まで、外堀通りから隅田川まで、中央区、港区、千代田区、台東区、墨田区、江東区と広がっています。

葛飾区柴又、大田区、品川区の周辺も下町と呼ばれています。

こういったところは東京の郊外になりますが、広域に解釈しているものです。

さらに、地形的には山の手と思われそうな文京区、新宿区のような地域でも、下町と呼ばれる地域もあります。

街並みが古くて歴史があれば、下町に該当させていることもあるのです。

こうなってきますと、街並みが古いか新しいかなどはっきりと区別できるはずもありません。

イメージで呼ばれている下町

イメージで呼ばれている下町

下町情緒ある街並みのイメージから、下町と呼ばれている地域もあります。

街の風景等で下町にしてしまう場合もあるのです。

下町といえば、あらゆるワードがイメージされます。

たとえば、こんな感じ。

人情、おせっかい、寅さん、祭り、縁日、神社、路地、打ち水、長屋、建て込んだ住宅、こじんまりした商店街等。

むしろ、このようなところでなければ、いくら土地が低くても下町と呼ぶにはふさわしくないと感じます。

イメージなどは一般に共通している部分も多いですが、人それぞれの感じ方によって違う部分も多いものです。

それぞれの人のその町でのたまたま出会った人にもよります。

ちょっとした体験等でもイメージは植えつけられるのです。

それはテレビの影響もあります。

テレビ映像から植えつけられた下町の情報が揃っていれば、それが下町として認識されるようになったのです。

情緒ある古き良き日本といったところになります。

では、開発されずに取り残されたら下町になるのかというとそれも違うでしょう。

街が古臭ければ、下町と呼ぶのも乱暴な話ではあります。

実際は、山の手に属していると思えない土地、あるいは下町でも山の手でもない郊外の土地までも下町が広がっています。

こうしてイメージだけでむやみに下町が広がってしまっているというのは否めません。

スポンサーリンク

住んでいる人で呼ばれている下町

住んでいる人で呼ばれている下町

昔から低い土地には商工業者が多く住んでいたことから、逆に商工業者の多い地域を下町と呼ばれる場合もあるのです。

それも比較的水運に都合の良い川沿いには大商人が住んでいました。

低地でも、より河川沿いから離れた地域に商工業者が多かったのです。

それに対し、大名、上級武士、寺院等は高台に住んでいました。

中級下級の武士はこの周囲を取り囲んで住んでいたのです。

これらは軍事上の理由でもあります。

このように住んでいる土地によって住んでいる人は、はっきりと区分されていたのです。
商人でも裕福な大商人は下町には似合いません。

より庶民的な業種の人々が住んでいる地域が、下町であったのです。

まとめ

町名には、寺町とか魚町とかそれだけで住んでいる人の職業が分かることもあったものです。

今では、どんな町名でもその名残もなくなっている町もまた多くなっています。

下町か山の手かの区別さえも、現代ではしづらくなっています。

それは、時代の要求している流れに乗っているだけのことです。

現代では、ここは下町だ山の手だとかいう区別する認識自体に意味が薄れつつあります。

地名も古くからの地名に小分けしている理由もなくなりつつあります。

こうして新しく区画整理された地名に、統合再編する動きもあります。

下町でもあり山の手でもある地名が、登場していくのも時代の流れなのです。

東京23区の治安ランキング!トップとワーストは果たして…



  • このエントリーをはてなブックマークに追加