敷金礼金とは?賃貸物件の初期費用はどれぐらい?

敷金礼金とは?賃貸物件の初期費用はどれぐらい?

賃貸アパート等に入居する時には、敷金と礼金が必要になります。

敷金や礼金は家賃何カ月分という計算になるため決して安い金額ではなく、入居時にまとまった資金を用意しなければなりません。

ただ、必要になるお金であることに違いありませんが、求められたからといってそのまま払うのはよくありません。

部屋探しの希望条件をチャットで相談できる賃貸物件情報
理想のお部屋が届きます!【家AGENT+】

賃貸物件を取り扱う不動産業界では、日頃から敷金や礼金のトラブルが耐えないということを頭の片隅に入れておいた方がいいかもしれません。

敷金や礼金の知識を知らずに賃貸物件を借りてしまうと、入居時や退去時にトラブルになりがちです。

敷金と礼金とはどう違うのか、それぞれの意味を知った上で払うのが賢明なのです。

また、仲介する不動産会社によって敷金礼金の設定が違う場合がよくあることも注意点です。

まったく同じ物件なのに、敷金1カ月・礼金1カ月だったり、敷金2カ月・礼金0カ月なんてこともあるのです。

この場合は、後者を選んだ方が賢明なのは言うまでもありませんよね。

敷金はどういう場合に使われ、最終的にどれだけのお金が戻ってくるのかを知っておけば、払うのも気が楽になるものです。

敷金とは?

敷金とは?

一般には敷金といわれてますが、関西地方等では保証金とも呼ばれています。

敷金とは担保みたいなもの

基本的に退去する時に返還されるものですが、ただし入居期間中に何もなかった場合です。

家賃の滞納や部屋の修理が発生しなければ、基本的に全額戻ってくるものです。

現実的には退去時に部屋をチェックされて、修繕代や清掃代として差し引かれることが多いです。

なかには、退去時にあれもこれも請求され、敷金を返金しないどころか追加で払わされる悪質な不動産もあるため注意しましょう。

原状回復って?賃貸アパート・マンションの退去費用

敷金のようなお金は、本来であれば必要があればその都度請求し、経費として徴収すれば良いことです。

家賃の滞納の心配などしてもきりがありませんが、それでも大家さんにしてみれば、いわば安心料としての価値があるのです。

何かしらの事情で家賃の支払いが遅れてしまうと、貸主である大家さんに本来であれば入ってくるはずの家賃収入が入らないことになってしまいます。

当然ながら、家賃収入で生計を立てている大家さんもいますので、そうなると困ってしまうわけです。

例えば、突然借主に夜逃げされてしまった場合、敷金があれば1カ月~2カ月分の家賃収入は確保でき、次の入居者の募集もできるということですね。

借主が家賃を滞納しなければ問題のないことですが、家賃を滞納してしまう可能性は0ではありません。

借りている私たちも、突然明日仕事を失って無収入になる可能性が無いとは言い切れないのです。

そんな時の保証としてストックしておくのが敷金です。

また、まとまった額を敷金として払えるということは、その後の家賃の支払いもある程度の見込みが立ちます。

修繕費が発生しても同様ですし、敷金として前払いしておくことによって修理の発生を予防する効果もあるのだそうです。

大家さんにしてみれば、見ず知らずの人が長期間住むのですから、何が起こるとも限らないという不安が大きいのです。

敷金によってそのような一定の不安が解消されるということですね。

引っ越したいけど時間がない。。そんなあなたに朗報→チャット不動産

敷金は家賃の0~2カ月ぐらいが標準的

賃貸物件には、敷金が0円のものもあれば1カ月や2カ月のものもあります。

なぜ同じ敷金なのにこれだけの幅があるのかというと、それは基本的に大家さんが決めるからです。

新築だったりグレードの高い物件ほど敷金が高くなる傾向があります。

逆に、家賃が安い物件や古い物件の敷金が安くなるのは、借主の入居時の負担を減らして入居してもらいやすくするためという理由が多いそうです。

なお、事務所利用などによっては、敷金が6ヶ月分にもなったりするそうです。

礼金とは?

礼金とは?

礼金は、敷金と違って戻ってこないお金です。

大家さんに感謝の気持ちを込めて支払うお金。

驚くことに「これから長らくお世話になりますので、よろしくお願いします」というお礼の気持ちを表すだけのものなのです。

外国でいうチップと同じ。これは古くからの日本の部屋貸しの習慣が今もなお続いていることによるものです。

戦後の日本は、焼け野原の中で部屋を貸してくれた人には、感謝の意を表していたその名残なのです。つまり、言い換えれば現代のビジネスにおいて全く必要のないお金とも言えます。

まさに悪しき風習。

何かを購入したりサービスを受けるために発生した代金ならともかく、ただ感謝の気持ちのために大金を支払う。

今時そんなビジネスありますか?

大家さんがボランティアで学生に下宿アパートやマンションを貸しているならともかく、ビジネスとして賃貸経営をしているわけです。

借主は毎月『家賃』を支払うことで対等に成り立っているビジネスであるにも関わらず、さらに礼金を払うなんて意味がわかりません。

スポンサーリンク

本来なら「貸してくれてありがとう」「借りてくれてありがとう」と、お互い様です。すべての対価は、家賃に含まれているはずです。

通常のビジネスにおいて、お世話になっている顧客に対して謝礼をすることはありますが、その逆はありませんよね。商品やサービスを購入してくれればそれでいいのです。

むしろ大家さんが礼金を払ってでも客に部屋を借りてもらいたいはずなのですが…。

それなのに、借りた方が支払いを強要されるという理不尽な金銭、それが礼金なのです。

最近では入居者の奪い合いの影響もあってか、礼金が0円のところも少なくありませんので、引越しの初期費用を抑えたい人は礼金が0円の物件を探しましょう。

ただ、残念ながら礼金が高いほど良い物件が多い傾向にあるのは言うまでもありませんね。そういった条件面をチャットで相談出来る不動産サイトも人気です。

失敗しない部屋探しのコツと注意点とは?

礼金の相場は?

礼金は、法律で家賃の1ヶ月分以内と定められており、その範囲で様々な金額があります。

1カ月が一番多いケースで、まれに0.5カ月という設定もあります。

中には礼金を不要にしている代わりに、敷金を高めにしている大家さんもいます。

それでも入居者にとっては、敷金は戻ってくるものなのでその方が助かりますね。

また、ある程度築年数の古い物件になりますと、交渉次第で減額してもらえる可能性もあります。

古い物件では、礼金を取っていないケースも多くなっており、言うだけ言ってみれば得をするかもしれませんのでおすすめです。

なお、不動産屋に払う費用は仲介手数料といって、オーナーに払う礼金とは違いますので注意しましょう。

賃貸の更新料って必要?東京ルールについて

敷金礼金が不要の物件

敷金礼金が不要の物件

敷金も礼金も貸す側の都合で徴収しているようなイメージもありますよね。

そこで「敷金0円礼金0円の部屋」という広告を目にすることがあります。

まとまった初期費用を用意する必要がないのですから、気軽に引越しをしたい人にとっては興味深い物件ですよね。

その分を引っ越し代に使っても、十分にお釣りがくるほどです。

ところがこれは、客の釣り上げ用のシステムになっています。

敷金は不要になっていても別途に保証金が必要になっていたりすれば、全く同じことです。

賃貸契約する際の『連帯保証人』や『保証会社』とは?

このように言葉のあやだったり、さらにもっと別の名称を使って分かりにくくしていることもあります。

例えば、入居時に会員になることが条件で、入会費として5万円かかるなど。

また、最初から初期費用分を含めた家賃設定にしている場合も見受けられます。

例えば、礼金が通常では5万円だったとしても、仮に2年間で割れば月あたり2000円ちょっとを家賃や共益費に上乗せすればいいだけです。

礼金0という謳い文句をセールスポイントとして利用しているケース。こうなるとほとんど詐欺ではないでしょうか。

入居する時には初期費用を取っていなくても、退去する時に費用がかかる場合もあります。

つまり、修理や清掃の有無に関わらず、退去費用として家賃相当分の支払いが別途必要になったりするシステムを取っているのです。

たとえば償却費用に1カ月と記載されていれば、退去する時に家賃1カ月分を支払わなければなりません。

それでも、この場合の方がとりあえず初期費用はかかりませんので、悪いとも言い切れない部分があります。

ただ、契約書の隅々までチェックしないと分からないようにされている悪質なケースもありますので注意が必要です。

いずれにしてもそんなに美味い話はないというのは、どこの世界も同じということなのです。

なかには汚い手口を使って稼ごうとするオーナーや不動産会社もあるのが事実なので、軽々しく乗せられないようにしましょう。

騙されるな!不動産屋のおとり広告・おとり物件の実態とは?

賃貸物件の初期費用

賃貸住宅に入居の際は、このような敷金や礼金はもちろん、他にも不動産会社に支払う仲介手数料や、火災保険、前家賃などの費用がかかります。

敷金や礼金にもよりますが、おおまかに家賃の4~5カ月分になるのが相場です。

さらに引越し費用や、新たに購入する家財道具や小物にもお金がかさみます。

そうなると、一人暮らしでも入居までの初期費用として30万~50万円ぐらいかかってきますので、あらかじめしっかりとトータルの予算を確認しておきましょう。

なお、契約のための初期費用はクレジットカードで分割払いにすることもできたりします。

敷金や礼金についての認識不足によるトラブルも多く起こっていますので、事前に契約書類に目を通し、説明もしっかりと聞いた上での確認を疎かにしないようにしましょう。

「賃貸契約の初期費用を抑えたい」など、部屋探しの希望条件をチャットで相談できる賃貸物件情報
理想のお部屋が届きます!【家AGENT+】

 

初めての一人暮らし!初期費用はどれだけかかる?

急げ!引越しする前の物件探しの方法と注意点とは?

賃貸物件を契約する前に内見(下見)でチェックしたい7つのポイント



  • このエントリーをはてなブックマークに追加