収納もタダじゃない!断捨離のコツは服を処分することから

収納もタダじゃない!断捨離のコツは服を処分することから

一人暮らしをしていると、いつの間にか不用品が溜まってしまいますよね。

片付けや整理整頓ができないと、すぐにゴミ屋敷になってしまう可能性があります。

でも、『なかなか物が捨てられない』という人は多いのではないでしょうか?

  • 『もしかしたら使うかも…』
  • 『いつか使うからとっておこう…』

このように、物を捨てるのがもったいないと思うことは決して悪いことではないし、物を大切にする気持ちも忘れてはいけません。

しかしずっとこのように思っていると、いつの間にか部屋は使わない物で溢れ、リラックスするどころか窮屈でストレスを感じるようになります。

スポンサーリンク

まず、一人暮らしの部屋ってそんなに広くないですよね。

都会に住んでいる人であれば、ワンルームとか1Kで6畳しかないということが多いかと思います。

決して収納スペースも多くありません。

そのように考えると、不用品で占領されている収納スペースにも家賃が発生していて、その分を無駄にしてしまっているのと同じことになります。

今回は、部屋の片付けに必要不可欠なスキル『断捨離』のコツについて紹介したいと思います。

もしあなたが思い切って断捨離をしたいと考えているようであれば、背中を押してあげられたらと思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

余談ですが、最近では限界まで断捨離をする『ミニマリスト』なんて呼ばれる人まで出てきました。

最小限の生活必需品以外はまったく物を持たないそうですね。

まぁそこまで極端な追求をする必要はないと思いますが、ほどほどに断捨離をしてスッキリしちゃいましょう!

断捨離

断捨離とは?

断捨離がブームとなっていますが、これは部屋の片付けや整理整頓が出来るようになるだけではありません。

断捨離が人気の理由の一つとして、運気が上がると言われているからです。

部屋に最低限必要な物だけを置くので、自分が好きな物・本当に大事な物のみを置くことになります。

その結果、ストレスや毎日の余計な掃除から開放されることにより、より良い生活を送ることが出来るのです。

要するに断捨離は、身の周りの不用品を処分することにより部屋が綺麗になることはもちろん、精神的にもリフレッシュすることができるというものです。

人生に疲れたら断捨離を。その意味と効果とは?

断捨離のコツは、服を処分することから始める。

断捨離のコツは、服を処分することから始める。

断捨離を始めたいと考えているなら、まず最初におすすめするのが服の断捨離です。

服は、なかなか捨てられない代表的な物ではないでしょうか。

服を処分するという行為は、とても難易度が高く、勇気が要ることなのです。

衣類は消耗品ですが、もう着れないぐらいボロボロになってから捨てている人はほとんどいないのではないかと思います。

なぜなら、服は流行りやデザインによって、まだ着れるにも関わらず着なくなってしまうものだからです。

毎年流行は変わり、次々と服を購入しているのに、着なくなった服を処分できていないということが多く、どんどん溜まってしまう一方なのです。

『もう着れないかというとまだ着れるし、だからといってまた着るかと思っても一向に着ない。』

スポンサーリンク

まだ着れるからこそ、思い切って捨てるにも迷いが生じます。

これは至って正常な判断で、そこには『もったいない』という感情が芽生えるからです。

そこは冒頭でもお伝えしたように、収納スペースもタダではないということを考慮して処分することが大切なのです。

では、どれぐらい処分すれば良いのかということですが、クローゼットやタンスの収納スペースに入り切れれば良いというわけではありません。

必要のないものを全部処分するのが断捨離のコツです。

処分する時にまとめて処分しないと、不用品は溜まって行く一方。

それなので、意識して一気に捨ててしまいましょう。

必要のないものを全部処分するのが断捨離のコツです。

ここ1年で全く着ていない服を処分。

振り返ってみれば1年も着ていないような服は、もう着ることはほぼないと思います。

念のためと思って残しておいても、タンスの肥やしになるだけなので処分しちゃいましょう。

サイズの合っていない服も処分。

太ってしまったり痩せてしまったりして、着ることが出来なくなった服も沢山あるかと思います。

しかしこれらの服は、これから先実際に着る可能性は非常に低いのです。

『痩せたら着よう』と考えてとっておいた服を、その後実際に痩せた後に着用する可能性はほとんどないと言っても良いかもしれません。

似たような服を減らす。

服は、デザインで選びますよね。

だからこそ、同じようなデザインの服を無意識に何度も買ってしまうものです。

気が付けば、タンスの中が似たようなデザインの服ばかりになっているなんてことも。

色やデザインが同じような服がいくつもあっても結局着ないので、数着残してあとは処分しましょう。

必要なハンガーの数や収納スペースをあらかじめ決める。

あらかじめ必要なハンガーの本数を決めたり、どこに何を置くのか場所を決めておきましょう。

それ以外のものは全て処分。

最小限のスペースにしておくと、余計な服を処分しやすくなります。

スポンサーリンク

服を捨てるのに罪悪感がある?

『やっぱ、もったいない…』と、捨てるのにどうしても躊躇してしまったり罪悪感があるという人は、友人にあげたりリサイクルショップに持っていけば無駄にせずに処分することができます。

『着ていないものを、そのまま置いておく方がもったいない』と考えるのが服を捨てるコツです。

そして今後は、『不要なものを購入する事こそがもったいない』と考えることができるようになれば、不要なものも増えなくなります。

必要以上に捨て過ぎないことも大切

必要以上に捨て過ぎないことも大切

断捨離を意識して服をサクサク処分できるようになってくると、それがどんどん気持ち良くなってきて、行き過ぎると必要なものまでも処分してしまうことがあります。

例えばパーティーの衣装や礼服などといった非日常的なものは、今の段階で必要性を感じないため処分したくなりがちです。

しかし必要になる時がやってくるので、こういったものは処分する対象としてカウントしないように別枠で収納しておきましょう。

断捨離だからと言って、ただ物を捨てれば良いというわけではありません。

まとめ

今まで部屋を片付けられなかった人が、いきなり断捨離をできるようになるのは難しいかもしれません。

しかし、意識してこの作業を繰り返すと必ずできるようになります。

そして服を新しく購入する際にも、本当に必要なものなのかどうか見極めれるようになります。

断捨離によって身の周りの不用品が少なくなれば、どこに何があるのか把握しやすくなるため、探す手間やそのストレスも大幅に減らすことができます。

これは服に限ったことではなく、あらゆる断捨離を成功させるコツでもあります。

片付けや整理整頓が出来ないという人には、まずは無駄に場所を取る服の断捨離をおすすめします。

まだ着れるような綺麗な服は捨てるのももったいないので、ここはまとめて売ってしまいましょう。

それなりのお金にもなるし、ゴミに出す手間も省けるので一石二鳥です。

服以外の物も併せて買い取りしてくれます。

洋服買取専門/スピード買取.jp

ワンルームで狭い?一人暮らしの収納のコツ

物を持たないミニマリストこそ究極の断捨離なの?

部屋を片付けられない人急増中!片付けのコツとは?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加