東京23区で一番治安が良い『文京区』はどんな街?

東京23区で一番治安が良い『文京区』はどんな街?

文京区は、東京23区の中心にある皇居の北側に位置します。

北から時計回りに北区、荒川区、台東区、千代田区、新宿区、豊島区に囲まれています。

神田川等が流れる平地に、5つの台地(関口台、小日向台、小石川台、白山台、本郷台)が波打って起伏の目立つ地域です。

文の京(ふみのみやこ)と言うだけあって、明治以来、知られた文人が多く住んでいた地域です。

現代では、東京大学、大学病院等の医療機関も多く、その名の通りアカデミックな街が広がっています。

その代わり、賑やかな繁華街はありません。

大部分は、住宅地が占めています。

区の南部の千代田区、新宿区との隣接地域には商業地域も見受けられます。

文京区は落ち着いて住むのには適していますが、メディアで話題にあがるような人気のある街というのは特にありません。

強いて言えば、椿山荘や後楽園ぐらいでしょうか。

しかしながら、23区での住みやすい街としての人気はトップクラスに高く、その理由をもう少し具体的に、以下のような点について触れてみましょう。

スポンサーリンク

治安

治安

文京区で特筆すべきことは、その治安の良さにあります。

都心にありながら犯罪発生件数の少なさは、23区内では長年に渡ってトップクラスです。

これが地味に人気が高い理由になっています。

東京大学を始め、ハイレベルな教育機関、医療機関の多さも間接的な要因になっていると思われます。

住民の平均所得も全国トップレベルにあるのも影響しているでしょう。

また、東京23区で文京区とよく比較されるのは、目黒区です。

理由は治安の良さに?若い女性の人気1位の街『目黒区

人口

2010年における調査では、206,692人です。

昼間人口は夜間人口のおよそ1.8倍になっています。

これは大学や医療機関の多さも影響しています。

交通の便

区内を走っている鉄道と停車駅は、以下の通りです。

東京地下鉄(東京メトロ)

  • 丸ノ内線(新大塚駅、茗荷谷駅、後楽園駅、本郷三丁目駅、御茶ノ水駅)
  • 南北線(駒込駅、本駒込駅、東大前駅、後楽園駅)
  • 有楽町線(護国寺駅、江戸川橋駅)
  • 千代田線(千駄木駅、根津駅、湯島駅)

東京都交通局(都営地下鉄)

  • 都営三田線(千石駅、白山駅、春日駅、水道橋駅)
  • 都営大江戸線(上野御徒町駅、本郷三丁目駅、春日駅、飯田橋駅)

区のほぼ全域が山手線内にありますので、JRは通っていません。

しかし、御茶ノ水駅、水道橋駅、飯田橋駅、大塚駅、巣鴨駅、駒込駅、西日暮里駅は歩いて行ける距離でもあります。

実際に利用している人も多く、都心の各所への交通に不便はありません。

バス路線も充実していて、文京区コミュニティバス「Bーぐる」は20分間隔で区内全域を循環しています。

スポンサーリンク

住宅街

住宅街

文京区の住宅地としての歴史は古いものがあります。

江戸城の北側に隣接するこの地に、大名たちの屋敷が立ち並んでいたとされています。

その影響から、当時造成された広大な庭園にも見るべきものがあります。

水戸光圀公が改修したといわれる小石川後楽園はその代表です。

他にも六義園、椿山荘、音羽の森等の自然に触れられる箇所が点在しています。

現代の閑静な住宅街は西片、大和郷、本郷、小石川、小日向、本駒込、目白台等に広がっています。

千駄木、新大塚も地味ながら人気があるようです。

教育環境

教育環境

文京区と言うだけあって、教育熱心な家庭が多いのも特徴です。

東京大学本郷キャンパスだけでなく、私立の高等学校、中学校の数も23区内トップレベルにあります。

面積も人口も少ない区ですので、この密度はかなり高くなっています。

森鴎外、夏目漱石、樋口一葉等の文豪も暮らしていたことから、教育環境は明治時代から引き継いでいます。

子育てにはこれ以上ない環境に恵まれていますので、教育に関心の高い親には魅力ある区になっています。

そんな親の期待に応えるかのように、行政も子育て事業に力を入れています。

最近では、子どもを一時預かりしてくれる保育所「キッズルームかごまち」開設しました。

ママ友やパパ友間の繋がりを深めて情報の交換ができる「子育てひろば江戸川橋」等のサービスも始めています。

このような子育て世帯に向けての斬新な取り組みから、子育て事業を展開しているところです。

スポンサーリンク

街づくり

街づくり

文京区でも都心に近い春日駅や後楽園駅周辺は、街の再開発も行われています。

読売巨人軍のホームである東京ドームを始め、文京区役所のシビックセンターもここにあります。

商業ビルだけでなく、マンション、オフィスビル等をいくつか建設する予定になっています。

その中には、文京区らしく保育所や医療機関も揃えたビルも含まれています。

新しく設置される広場には、自然環境も兼ね備えるように計画されています。

教育だけでなく、生活にも役立つ空間が構築されようとしているところなのです。

まとめ

文京区は派手さこそありませんが、教育環境や治安の良さから住むのに地味に人気があります。

今ではもはや伝統にもなっている充実した教育環境を背景にした街づくりが進められています。

質的にも量的にもハイレベルな教育施設を十分活かせるような環境づくりも注目されています。

また、時代のニーズに応じた生活に密着した新たな街づくりも手掛けています。

文京区ならではの個性を損なうことなく、いかなる街に進歩していくのかが期待されているのです。

東京23区の治安ランキング!トップとワーストは果たして…

何区がお金持ち?東京23区の平均所得ランキングの結果は…



  • このエントリーをはてなブックマークに追加