東京から日帰りで行く!熱海温泉おすすめ7選

東京から日帰りで行く!熱海温泉おすすめ7選

東京に住んでいて温泉に行こうと思えば、熱海温泉は第一候補に挙げられると思います。

温泉なら西の別府、東の熱海といわれてきたように日本を代表する温泉でもあります。

その昔は、徳川家康も訪れているという歴史もあるほど。

スポンサーリンク

今では夏と冬の年2回、観光客向けに花火大会も行われています。

熱海温泉は、東京から日帰りで行けるその距離に一番の魅力があるのですが、日帰りではせっかくの温泉もちょっと慌ただしいですよね。

理想的には泊まりで何度も入浴したいものですが、それにはお金も時間も必要です。

仕事が忙しい人も多く、気軽に泊まれる人ばかりではありませんが、ゆとりのない日帰り温泉ではせめて貸切風呂に入りたいものですね。

源泉かけ流しや露天風呂等も含めて、ここでは貸切風呂で人気のある温泉旅館をいくつか紹介してみます。

ニューさがみや

ニューさがみや

JR熱海駅からバスで3分の「伊豆山中央」から歩いて5分で着きます。

壮大な相模湾が一望できます。

平日には、ランチ付き屋上貸切露天風呂のプランがあります。

それも懐石料理で、風呂上りの休憩も個室が取れます。

日帰りでもしっかり休憩ができます。

  • 利用料金:昼食湯膳大人9,600円、小学生3,150円
  • 利用時間:12:00~16:30

磯料理海辺の湯の宿:平鶴

磯料理海辺の湯の宿:平鶴

JR網代駅から歩いて5分とアクセスしやすいです。

露天風呂は大浴場に付いているものと貸切のものとがあります。

大浴場の露天風呂からは、相模湾が一望でき「海に浮かぶ露天風呂」として知られています。

潮の香りと潮の風を浴びながらの大展望露天風呂となっています。

貸切の露天風呂の方は「空に浮かぶ露天風呂」として知られています。

熱海の温泉街を一望しながらの静かな時の流れを感じられます。

  • 利用料金:大人1,050円、小学生525円
  • 利用時間:11:00~16:00、18:00~20:00
  • 貸切風呂:45分3,675円

スポンサーリンク

ロイヤルウイング

ロイヤルウイング

JR熱海駅からホテルまで無料の送迎バスが往復しています。

お洒落なリゾートホテルで、女性に人気です。

展望貸切露天風呂は、2種類あります。

「月」は和風の風呂で、月の満ち欠けをイメージしているもので、ハイセンスでロマンティックです。

「宙」はアジア風の風呂で、シーサイドリゾートをイメージしているもので、落ち着いた空間になっています。

  • 利用料金:45分4,200円
  • 利用時間:6:00~13:00、15:00~25:00

月の栖熱海聚楽ホテル

月の栖熱海聚楽ホテル

JR熱海駅から歩いて3分と好アクセスです。

露天風呂からは、庭園が楽しめます。

PHの高いお湯になっていますので、美肌効果で人気があります。

  • 利用料金:大人2,000円、子供1,000円
  • 利用時間:15:00~25:00、5:30~9:30
  • 貸切風呂:40分無料
  • 貸切利用時間:15:00~22:00、7:00~9:00

偕楽園

偕楽園

JR熱海駅から歩いて20分または、バスで「逢初橋(あいぞめばし)」を降りたら歩いて5分で着きます。

お洒落とはいえませんが、熱海の歴史を感じさせる雰囲気のある旅館です。

入浴後は、そんな旅館の一室で休憩できます。

源泉が以下の2つがあって、どちらでも相模湾を一望できます。

「走り湯」は日本三大古泉の一つです。

「逢初の湯」は自家源泉になっています。

  • 利用料金:800円
  • 利用時間:13:00~20:00
  • 貸切家族温泉:45分1,050円
  • 客室:1時間3,150円

スポンサーリンク

湯宿一番地

湯宿一番地

JR熱海駅から歩いてすぐ、3分で着きます。

レトロな雰囲気の露天風呂が人気になっています。

源泉かけ流しの自家源泉で、塩分が濃いので湯冷めしにくいと評判です。

弱アルカリ性で美肌にも良いとされています。

入浴後に休憩できる湯上り処もあります。

  • 利用料金:大人1,200円、小人600円
  • 貸切風呂:50分4,200円

湯之宿 おお川

湯之宿 おお川

JR熱海駅からタクシーで7分ほどですが、JR熱海駅から伊東線に乗り換えて「来宮」で下車すれば歩いて3分で着きます。

部屋数がわずか7部屋ですので、とても静かです。

貸切露天風呂からは、川のせせらぎも聞こえ竹林も眺められます。

自然の一部に溶け込んだようで、心を落ち着かせてくれます。

また、ヒノキの風呂ですので香りも良く美肌にも効果があります。

  • 利用料金:大人1,200円、子ども600円
  • 利用時間:15:00~23:00
  • 貸切露天:45分1,500円

まとめ

東京から日帰りできる熱海温泉は、どこもアクセスは一定の良さがあります。

普段の喧騒から解放されるには、太平洋の大海原を目の前にした露天風呂がおすすめです。

一方で、山奥に入ったかのような露天風呂もありますので、これもまた変化が楽しめます。

何度も訪れれば、違った温泉の風情にも気が付くことでしょう。

利用料金も手頃で、東京からであれば交通費もそれほどかかりません。

日帰りであれば、時間ももちろんですが宿泊費もかからないので気軽に行けるというメリットがあります。

ぜひ熱海温泉を気軽に利用して、都会で疲れた身体を癒してみて下さい。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加