中央線の穴場!大人な街で住みやすい『阿佐ヶ谷』

中央線の穴場!大人な街で住みやすい『阿佐ヶ谷』

阿佐ヶ谷の街は、一言で言うと大人な街といえます。

新宿や東京駅・丸の内方面の都心に働きに出ている人々が、この辺りの郊外の住宅地にたくさん住んでいます。

杉並区という土地柄からか、全体な街並みにゆとりが感じられ、雑居ビル群のような街並みとは一味違った雰囲気を醸し出しています。

スポンサーリンク

夜になると若者が騒いでいるような街でもなく、そこそこの年代の方々が落ち着ける雰囲気のある街なのです。

阿佐ヶ谷に住むのはどのようなメリットがあるのか、街の特徴を紹介してみます。

阿佐ヶ谷の特徴

阿佐ヶ谷の特徴

阿佐ヶ谷は、東京の副都心『新宿』から中央本線に乗って約10分。

位置的には東京の中心付近にあり、都心に出るのも西側の郊外に行くにも便利で、交通の便は非常に良い場所といえます。

特に新宿に出かけるのが簡単ですから、そこからさらに東京や関東全域どこにでも足を延ばしやすいです。

また、東京の人気スポット吉祥寺にも10分で行ける場所になります。

この東京の中でも特に人気の2つの街が好きな人には、絶好のロケーションでもあります。

新宿寄りの一つ隣の駅「高円寺」も賑やかな街で、20代の若者を中心に人気のある街として知られています。

⇒一人暮らしの若者に人気!昔ながらの人情味がある『高円寺』

高円寺のような派手な街並みからも遠からず、そこから一歩だけ距離を置いて落ち着いた日常を過ごしたい人には格好の場所ともいえます。

街のメインストリートである中杉通りの並木道がとても綺麗なことでも有名です。

道幅にも十分な広さがあって坂も特にないため、窮屈感や圧迫感を感じない街並みです。

阿佐ヶ谷にはほどほどの活気もあり、30代辺りには特に居心地が良いと評判です。

なお、阿佐ヶ谷はサブカルの街としても有名で、ジャズなどの音楽やアートの街とも言われています。

スポンサーリンク

商店街

阿佐ヶ谷北口

阿佐ヶ谷駅の周辺にはいくつかの商店街があり、その中でも大型スーパーは「イトーヨーカドー」と「西友」の2店があります。

駅の北口を出ると、すぐ目の前に西友とイトーヨーカドーが向かいあって存在しており、いかに日常生活が便利なのかが垣間見える瞬間でもあります。

駅前だからこそ仕事帰りの買い物もしやすいです。

そして付近には、仕事帰りにちょっと一杯風の居酒屋も多いです。

さほど若者向けでもなく、チェーン店などの安売り店が立ち並ぶわけでもありません。

落ち着いた感じの飲食店のため、単価も少々高めではありますが、決して高級感を醸し出しているわけでもありません。

パールセンター

阿佐ヶ谷パールセンター

駅の南口を出るとある「パールセンター」という商店街も、仕事帰りに便利な飲食店が並んでいます。

全長約700mのアーケード商店街で、店舗数も約240店と、いろいろなジャンルのお店が充実しています。

ここには比較的値段の安い商品もたくさんあり、生活にとても便利です。

スーパーにはスーパーの良さがあり、商店街は商店街の良さがありますので、 その日の気分に応じて使い分けもできます。

本屋や古書店も多く、本好きの人が静かに読書にいそしむのも似合う街です。

なお、毎年夏には阿佐ヶ谷七夕祭りが盛大に行われることでも有名です。

ハリボテや出し物など、商店街が夏祭りならではの良い雰囲気に変わります。

アニメストリート

阿佐ヶ谷ならではの名物ストリートもあり、それは高架下に連なっているアニメストリートです。

アニメグッズの店、コスプレの店が集中していますので、マニアの方には必見です。

別に関心はなくても、このようなストリートを散策するのも刺激になるものです。

治安

中杉通り

治安を脅かすような事件も少なく、生活するには安心感があります。

ただ、中央本線沿いの犯罪発生件数は住宅街と比較してやや高めですので、できれば駅周辺よりも住宅街に住みたいものです。

ただ、杉並区全体として防犯パトロールにも力を入れているそうです。

自治体としても街を整備しようとしているせいか、街全体に小奇麗な印象があります。

それは街灯一つを取ってみても、単に街灯がたくさんあるだけでなく、その明るさにも配慮がされているそうです。

そのおかげで、夜でも安心して暮らせるようにしてくれているようですね。

外国人の多い地域は、犯罪ではなくてもどうしても習慣の違いがありますので何かと騒々しい事が起こりがちです。

阿佐ヶ谷は他の地域に比べて外国人が多くも少なくもないようです。

スポンサーリンク

医療

日常生活において、やはり病気になった時の心配は尽きません。

自宅近くに医療の中核となる総合病院がある街というのはとても魅力的に映ります。

阿佐ヶ谷には河北総合病院が駅の近くにあり、救急にも対応していますので安心です。

医師も看護師も、説明が丁寧で分かりやすい言葉を使ってくれると評判の良い病院です。

大病院だからといって設備が充実しているだけでなく、きめの細かい心配りも見られるようですね。

たとえ入院することになっても、この病院であれば不足はないでしょう。

家賃相場

阿佐ヶ谷近隣で特に人気のある街「高円寺」や「中野」と比べると、一駅違うだけなのに安くなっています。

高円寺では1DKは100,000円を超えますが、阿佐ヶ谷になると90,000円。

1Kで良ければ75,000円が相場になっています。

できたら高円寺に住みたいという人も、家賃の節約のため阿佐ヶ谷まで足を延ばして住んでいる人もいるものです。

住宅街は駅の北側と南側に広がっていますが、南側の方が生活環境的にはより便利で良い面が多いという口コミがあります。

⇒東京23区の家賃相場ランキング!安い街と高い街

まとめ

東京の人でも「阿佐ヶ谷に住んでます」と言われてもピンと来ない人も多いのではないかと思われます。

高円寺や吉祥寺の陰に隠れた街阿佐ヶ谷は、落ち着いて住むのには穴場的な存在ではないでしょうか。

その家賃の安さ、治安の良さ、医療環境の充実さ、日常生活の買い物、交通も便利な街です。

東京で初めての一人暮らしとしても、阿佐ヶ谷はおすすめの場所といえるでしょう。

子育てしやすく緑豊かな『杉並区』の住環境とは?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加