借りるならどっち?アパートとマンションの違いとは?

借りるならどっち?アパートとマンションの違いとは?

アパートにしてもマンションにしても、聞けば大体そのイメージがみんなそれぞれ頭の中で映像化されると思います。

しかし、厳密にその違いを言葉で説明するには難しいものですよね。

賃貸物件として、その線引きはどこでしているのでしょうか?

部屋数なのか建物の大きさや構造なのか、はたまた価格なのか、あるいは運営形態の違い等によるのか、はっきりとは説明できないものです。

今回は、そんな何気ない疑問である『アパートとマンションの違い』について、調べてみました。

これから引越しで物件を探す人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

アパートとマンションの語源

アパートとマンションの語源

アパートとマンションの元々の意味を確認してみます。

アパートは、英語のan-apartment(アパートメント)から来た和製英語です。

建物の内部に区切りを入れて、各部屋毎に分割して個人が住み込めるようにしている賃貸の集合住宅のことです。

マンションも英語のマンションから来ていますが、本来は大邸宅という意味になります。

それでは全然意味が違ってきますが、それをグレードの高い大型のアパートのこととして、日本ではマンションと呼んでいるのです。

日本でのマンションを正しく英訳すると、やはりan-apartment(アパートメント)になるようです。

つまり、どちらも同じものなのです。

アパートとマンションの定義とは?

アパートとマンションの定義とは?

アパートの定義、マンションの定義というようなものは、法律にもどこにも記載はありません。

どちらも法律上の区分は、共同住宅や集合住宅になります。

一般的にこういうものはアパート、こういうものはマンションになるといった類のものでしかないのです。

それによるとマンションとは、主に鉄骨(S)、鉄筋コンクリート(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造の建物とされています。

アパートとは、主に木造、プレハブ造、軽量鉄骨造の建物(通常2階建て)とされています。

もっと簡単に言えば、3階建以上の物件をマンション、2階建以下の物件をアパートと読んでいます。

不動産屋も、主にこの構造上の違いで分けています。

なお、コーポとかハイツとかいうのは、アパートをお洒落な呼び方にしたもので、単なる客引きのためのものです。

中には「これはどう見てもアパートでしょう」というような物件でも、マンションとしていることもなくはないのです。

それでも、決まり事があるわけではありませんので、何のお咎めもないのです。

建物の構造と家賃の関係

建物の構造と家賃の関係

世間では一般的に、マンションはアパートに比べて高価であると思っている人が多いのではないでしょうか?

ですから不動産屋にしてみれば、なるべくマンションとして売り出せば高めの家賃を設定できると考えます。

「ここはマンションなんだから、高くてもここに住みたい」というのは、誤った知識であることになります。

では、物件の違いをチェックするにはどうすれば良いのでしょうか?

外観は見て分かりますから、チェックするべきはその構造にあるといえます。

一般的にマンションのような頑丈な構造であれば、家賃が高いものです。

築年数に違いがなければ、アパートよりも概ね10,000円くらいは高くなります。

しかし、ある程度築年数が経過すると、構造が違うからといって家賃に違いもなくなります。

地震の耐震性から見る

地震の耐震性から見る

一般的に、アパートよりもマンションの方が地震の耐震性は高いとされています。

それは建物の造りを見れば明らかで、

  • アパートは木造や軽量鉄骨造が多い。
  • マンションは鉄骨造や鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造が多い。

…となっています。

建築基準法によれば、耐震基準において1981年以降に建てられた物件に関しては震度6強まで耐えられる、それ以前の物件は震度5までとなっています。

それなので、最近の建物であれば木造アパートであろうと鉄筋コンクリート造のマンションであろうと、最低限の耐震性は保たれています。

しかし、震度7やそれ以上の地震や災害になった時に耐震性が高いのは明らかにマンションとなります。

それは地震によるマンションの揺れ具合の大きさにも関与します。

  • 耐震構造…地震の揺れに耐えうる構造(揺れる)
  • 制振構造…地震の揺れのエネルギーをダンパーで吸収する構造(少し揺れる)
  • 免震構造…建物自体の揺れを軽減させる構造(あまり揺れない)

地震の安全性を優先したいのであれば、鉄筋コンクリート造(RC)で耐震構造以上の物件を選びましょう。

間違っても築年数35年以上の木造アパートは選ばないことです。

東京の地震に備えて地盤が弱い地域をハザードマップで確認!

災害は突然起こる…すぐに地震に備えよう!

騒音的に構造を見る

騒音的に構造を見る

建物の構造によっては、騒音に悩まされることもあります。

隣の部屋の人や上の住人の物音が響いては、生活する上でとてもストレスになります。

その場合は、自分の物音にも注意する必要があります。

⇒ 『隣人がうるさい!』アパートやマンションの騒音対策

一般的に、木造、プレハブ造、軽量鉄骨造とされているアパートでは、防音性は低くなります。

ですが、同じ構造でも造りによっては、そう気にならないアパートもあります。

隣人トラブルにならないように、防音対策がされている物件もあるのです。

また、階段付近の部屋では住人の足音やエレベーターの騒音もしやすくなりますので注意が必要です。

一方、角部屋ですと片方からの影響しかありませんのでおすすめです。

その点で言えば、やはり防音性の高いマンションではどの部屋でも安心感があります。

ただ、なかには鉄筋コンクリート造マンションとは言えど、経費削減で壁が薄く設計されていたりする場合もありますので、念のためにチェックしておくべきです。

マンションは、大通り沿いに建築されている物件も多いため、防音性を上回る騒音の発生地域であれば、その意味も半減しますので注意しましょう。

気密性で構造を見る

気密性で構造を見る

建物の構造によっては、気密性に違いが現れます。

気密性が問題になるのは、空調を入れた時です。

エアコンの効きの良さに顕著に現れます。

マンションですと、その構造上、空気が逃げる隙間も少ないものです。

その代わり湿気も溜まりやすいので、カビ対策という問題も出てきます。

その点、アパートですと、ほどほどに隙間があるので換気が良いといえます。

アパートのそれも木造になると、エアコンの効きの悪さはしっかり感じられます。

こうしてみると、アパートにする場合、取り付けられているエアコンの性能は問題になります。

エアコンの年式、パワーのチェックをしておきましょう。

特に木造で部屋が広い場合は、要注意です。

まとめ

アパートかマンションかに関わらず、家賃の高い物件は高いだけのメリットがあるものです。

結果的に、アパートの方が高いこともあります。

世の中には相場というものがあるため、高かろう良かろうと思っていれば、大きなはずれは引きません。

アパートなのかマンションとして売り出されているのかは、二の次です。

どんな部屋を探しているのか、それにマッチしているのか、探す条件はそれに加えて値段だけなのです。

不動産屋の営業マンから誘われる『マンション』という甘い言葉に惑わされてはいけません。

自分のニーズは何なのか、それを見失わないようにして決めましょう。

深夜0時まで不動産のプロに無料で相談ができる「家AGENT+」

原状回復って?賃貸アパート・マンションの退去費用

一人暮らしの家賃の目安はどれぐらい?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加